FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊 VS 寿喜 2015

皆さま、こんにちわ。

雨がつづいていましたね。 おかげで3日間も天然パーマネントがうごめいていた局長です。
湿気は天パの天敵です。 中世の音楽家のような感じになっていまいた。



――― さて、一昨日の日曜日、昼間のお話。


20150310_真熊VS寿喜1

ソファの上で、真熊と寿喜がくつろいでいた。

土曜日から雨がつづき、散歩も満足にできないためテンションが不完全燃焼気味の真熊。
顔は笑っているが、鬱憤がたまっていることだろう。



20150310_真熊VS寿喜2

そんな消化しきれないストレスが起因したのだろうか。

真熊の中で、心の接点が何かに通電したらしい。
カチャッという、スイッチが入る音がなった。



20150310_真熊VS寿喜3

スイッチがONになると同時に、テンションも勢いよく垂直立ち上げでMaxへ。
瞬間湯沸し器レベルだ。



最近はぐんと機会も減っていた真熊による一方的な猫への攻撃。


20150310_真熊VS寿喜4

てっきり真熊も精神が大人になったので、ああいった理不尽な行動がなくなったのかと思っていたが、そんな思いを打ち消すくらいの勢いで、実に2年ぶりくらいの攻撃が始まった。



これでもかというほど歯を剥き出して寿喜に襲い掛かる真熊。


20150310_真熊VS寿喜5

しかし、寿喜はまったく動じない。
それどころか、何かタイミングを見計らっている感じだ。



次の瞬間 ―――


20150310_真熊VS寿喜6

確実にピンポイントで左ストレートの猫パンチを真熊にヒットさせる寿喜。

噛むふりで威嚇しているだけだったのに、逆に猫パンチをモロに食らった真熊。
当然、逆上する。



20150310_真熊VS寿喜7

寿喜は寝そべったままの体勢で、左手一本で応戦しつづける。
過去に散々同じようなケースに遭っているせいか、実に落ち着いた対応だ。

こんな応酬が5分程度つづくのであった。



20150310_真熊VS寿喜8

5分後。

何事もなかったかのように、攻撃と迎撃が終わる2匹。
寿喜のクール過ぎる対応に、逆に虚しくなってしまったらしい真熊。



20150310_真熊VS寿喜9

せっかくなので、過去の戦いの歴史も紹介しておこう。

●その一 2009.09.08
●その二 2009.09.09
●その三 2009.11.01
●その四 2010.07.08
●その五 2012.07.27




街中で熊や野生のポメラニアンに襲われることがあっても、冷静に対処しましょう―――




基本はジャブで距離を測りながらのストレートらしいです。



人気ブログランキング

2匹にとっては、これもコミュニケーションの一つなのだろうか・・・・



【今日の一言】

今日の首都圏は強風だとか。 スギ花粉が荒れ狂うってことっすかね・・・・
 

| 日常 | 07:35 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |