熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

病院からの寄り道

皆さま、こんにちわ。

いよいよ今日で3月も終わり。 決算月で右往左往している人も多いでしょう。
神奈川県でも桜もほぼ満開です。 スギ花粉も全開です。 局長です。



――― さて、なんとなく先週からのつづきを。


20150331_体育館1

尿路結石予備軍」 の再検査で動物病院へ行ったその足で、俺は自身が局長を務める 「とある組織」 の活動へと向かった。

成り行きで真熊も同伴となった。



20150331_体育館2

あまり好きではない動物病院で頑張ったので、せめて人好きゆえに、人が大勢集まる場所へ連れて行ってやろうという俺の計らいだ。

実情は、一旦真熊だけ家に連れ帰る時間がなかっただけなのだが。



20150331_体育館3

真熊がここへ来るのも、1月中旬以来、実に2ヶ月半ぶりである。

行き交う人たちを無言で物色する。
目のサイズから、眠くはないようだ。



20150331_体育館4

但し、とある組織のメンバーたちも、それぞれ活動中のため、真熊のもとへ遊びに来てくれる人がなかなか現れない。

人は多いのに、誰にも遊んでもらえないジレンマが真熊を襲っていた。



20150331_体育館5

過去、このメンバーたちとも幾多のイベントで顔を合わせているだけに、真熊にとっても知っている顔が多い。



20150331_体育館6

にも関わらず、誰にも構ってもらえない。



20150331_体育館7

その後、ようやく顔見知りの女性が真熊のもとへ。

相手に目線を近づけて、最大限の歓迎をする真熊。
いわゆる “タッチ” であるが・・・・・



20150331_体育館8

メンバーのジュニアたちとも交流する。

まだ犬との交流経験がほとんどない彼らに対し、「扱いやすい犬」 の代表としてコミュニケーション訓練を実施してあげた真熊。



20150331_体育館9

時間と共に、徐々に活動を切り上げて帰る準備をするメンバーが増えてくる。
そのたびに、また少し構ってもらう。



20150331_体育館10

そして、全体の活動が終わった後は、待ってましたとばかりに一人を捕まえて遊んでもらおうと試みる。

過去、一緒に伊豆に行ったりしているメンバーだ。



20150331_体育館11

灰皿でテキーラを飲ませようとする某歌舞伎役者に似ていると言われる男、通称 “坊主” 。

ちなみに、俺が局長を務めるとある組織には、この手の頭をした男が3体いるが、彼が老舗ということで 「坊主」 の称号を得ている。



20150331_体育館13

そういえば、彼によく似た歌舞伎役者が、今朝の情報番組に出ていたな。
宮本亜門が演出の舞台をやるとかで。

それと、今週末は満月らしく、昨夜もずいぶん月が丸くなっていたな。
どうしてそんなことを思い出したんだろう・・・・・




病院ではちょっと怖い思いをしだけど、その後でたくさん遊んでもらえた真熊 ―――




これでプラスマイナスゼロかな?



人気ブログランキング

あそんでくれたメンバー、ありがとう!



【今日の一言】

お花見したい。 お花見したい。 お花見したい。 お花見したい・・・・・
 

| 真熊 | 07:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ