FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

訪問先で家主にキレる

皆さま、こんにちわ。

昨日、職場の送迎バスで偶然一緒になった “モスキート” の洋服を 「かわいい」 と伝えたら、「初めて褒められた」 と驚かれました。 これまでも何度か褒めてきたはずです。 局長です。



――― さて、昨日のつづき。 つまり、2月22日(日)のお話。


20150225_チップ家1

シャンプーして、やわらかなモフ毛になった真熊を愛車の助手席へドロップイン。

これから、ある場所へ向かおうとしていた。
お呼ばれしたのだ。



20150225_チップ家2

いざ真熊をお風呂場に連れていこうかとしていたときに電話が掛かってきたのだ。

シャンプーの後はドッグカフェ探訪でもしようかと思っていたところに、タイムリーなお誘いだったので喜んで応じることにしたのだった。



20150225_チップ家3

ということで、走ること30分弱。
目的地に到着。

一面ピンクの床の部屋・・・・



20150225_チップ家4

お馴染み、動かない、笑わない、コーギーと何かのミックス “チップ” の家。
つまり、“チップ家” だ。



20150225_チップ家5

明らかに動揺するチップ。

自分がもっとも落ち着けるはずの場所に、自分をもっともかき乱す存在がいることに。
動かないはずのチップが動き出した。



20150225_チップ家6

過去何度となく “真熊の単身お泊りツアー” によって、安らぎを妨害されてきているチップ。

全面ピンクのインテリアに、このカラスのような黒い色は縁起が悪いのだろう。
リビングを行ったり来たり、右往左往している。



20150225_チップ家7

そして、やかましく叫びつづける。

真熊が来ると、ママからの愛情も半減するし、自分のベッドやらおもちゃやらも好き勝手に使われるし、いいことなんてないという印象なのだろう。



20150225_チップ家8

アレルギーにも似た拒絶反応がつづく。

恐らく一年分くらいの動きを、この数分だけで消費している。
走り回って、叫びつづけて。



20150225_チップ家9

温厚な真熊も、さすがにキレる。

肝っ玉が据わっているだけあって、こうしたチキンハートなヤツが許せない性分なのだ。
とはいえ、自分の “城” で好き放題やられるチップも可哀想には変わりないのだが。



20150225_チップ家10

当の真熊は、すでにチップ家の父に背中をかかせているだけでなく、首の周りまで範囲を広げるように指示を出していた。

つづく・・・・・




基本的にマザコン野郎には当たりが厳しい真熊。 体育会系の魂が躍動している ―――




でも、ここお前の家じゃないんだけどな・・・・



人気ブログランキング

貧乏くじを引くのが似合いすぎる不憫な犬。



【今日の一言】

昨日は家入レオちゃんの3rdアルバムの店着日ゆえ、溝が擦り切れるほど聴きました。
 

| 真熊 | 02:26 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |