FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊と志熊

皆さま、こんにちわ。

なにやら今日は都内でも積雪があるようなので、ノーマルタイヤでは出掛けないで下さいね。
うっすらと積もるくらいならいいですが、去年みたいなガチのはイヤですね。 局長です。



――― さて、先週金曜日からのつづき。 2月11日(水)の建国記念日のお話。


20150217_真熊と志熊1

途中、九十九里浜で寄り道しながらも、“千葉の両親宅” にやって来た俺と真熊。

正月にも来た ので、約一ヶ月ぶりだ。
こんなに頻繁に来るのも珍しい。



20150217_真熊と志熊2

志熊” に至っては、年末の 『駒沢公園で会いましょう』 企画以来、三ヶ月連続で我々と顔を会わせているので、嬉しい反面少し不思議そうな顔を見せる。



20150217_真熊と志熊3

なんとなく顔つきに違いが出てきた真熊と志熊。

実は最近では、次男の “ノアン” のほうが真熊によく似ているのだ。
赤子の頃は母親似だったのに、次第に真熊っぽい顔つきに。



20150217_真熊と志熊4

すると、真熊が嬉しそうな顔で歩き始める。



20150217_真熊と志熊5

それを見て、志熊が嬉しそうに迎撃体勢に入る。

普段は老人とのマンツーマン生活で、散歩中も人はおろか犬にも会わない田舎なだけに、真熊と遊べることは志熊にとって嬉しくて仕方ないのだ。



20150217_真熊と志熊6

しかし、真熊の嬉しそうな顔は、“親父” が近付いて来たからだった。
間違っても、志熊に対してそんな顔を見せるわけもなかった。

それでも、真熊が立ち上がったのをいいことに、ここぞとばかりにニオイを嗅ぎまくる志熊。



20150217_真熊と志熊7

一ヶ月ぶりの父子ツーショット。

相変わらず “末広がり” 具合が半端ない志熊。
どちらが志熊か、もうお分かりだろうか。



20150217_真熊と志熊8

その後も、しつこく真熊にちょっかいを出す志熊。

仕方ない。
散歩中に鹿やキョンに出くわすこと以外、動物と接する機会すらないのだから。



20150217_真熊と志熊9

とはいえ、テイスティングが尋常じゃない激しさを見せてくる。

鼻の粘膜が擦り切れるのではないかと、こっちが心配になってくるレベルだ。
臭気判定士でも、ここまでは激しくないだろう。



20150217_真熊と志熊10

それどころか、今度は真熊の前面に回り込んでのテイスティング。

必死に耐える真熊。
相手にすまいと必死に耐えるのだが・・・・・



20150217_真熊と志熊11

やっぱり、犬にも “堪忍袋の緒” といものがあるらしい。

実に大人げないブチギレっぷりを見せる真熊。
あの小さな目から、白目をひん剥くくらいの怒り具合だ。



20150217_真熊と志熊12

しかも、志熊を押し倒すほどの激しさ。

志熊はただ父親と遊びたかっただけなのに。
父親の自覚がないヤツって、犬にもいたんだな・・・・・



20150217_真熊と志熊13

それでも、あまりめげない志熊。
打たれ強く育ったんだな、この片田舎で。




この2匹はこのまま一生仲良くならないのではと今さらながら心配になってきた俺 ―――




めげずに真熊にアタックする志熊も健気だ・・・・



人気ブログランキング

せめて “チップ” との関係くらい自然になってほしいのだが・・・・




【今日の一言】

電車や徒歩移動の人も、雪で滑ってお尻を強打しないように気を付けて下さいね!
  

| 真熊の子供 | 07:28 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |