FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ピラニア系ポメラニアン

皆さま、こんにちわ。

FAでアラフォーを二人も獲得したばかりに、人的補償で誰が放出されてしまうのか。
毎日気になって仕方ない局長です。 巨人の話です・・・・



――― さて、昨日のつづき。 ドッグカフェ 『Smiley Smile』 レポート。


20141218_スマイリー1

俺がオーダーした 「サバの味噌煮定食」 というドッグカフェらしからぬメニューの後を追ってやって来た真熊のお肉。

この店でお肉を食べることが、最近の真熊にとっては最大の贅沢らしい。



20141218_スマイリー2

しかも、“店長” による 「食べさせてあげるサービス」 付きだ。

ちなみに、同じことを人間の男が同じ職場のOLちゃんなどへ要求してしまうと、パワハラだのセクハラだのと大騒ぎになってしまうので要注意。



20141218_スマイリー3

この日は、「絶対にどこかへ連れて行って美味しいものを食べさせてやる」 と心に決めていたので、あらかじめ真熊の朝食を抜いていた。

それもあって、店長の指ごと噛みちぎらんばかりの勢いになってしまった。



20141218_スマイリー4

まるでピラニアとポメラニアンのハーフかの如き食らい付きようだった。
こんな遅い時間になるくらいだったら、ちゃんと朝食を食べさせて夕食を抜くべきだった。



20141218_スマイリー5

真熊と暮らし始めて早7年だが、こんなに白目を見たのはこの日が初めてだ。

まるで、普段から満足に食えてない犬みたいで恥ずかしいじゃないか。
チップ” とつるむようになってからというもの、真熊の満腹中枢まで機能しなくなったのか。



20141218_スマイリー6

お肉も食べ終わると、真熊の様子に変化が起こった。

突如として動きが止まったのだ。
さっきまで白目を剥いて肉を食らっていたヤツが、一瞬で眠りの世界の淵に・・・・



20141218_スマイリー7

食べ終わってからまだ2分も経っていないというのに。

なんという燃費の悪さ。
50~60年代のアメリカ車ばりだ。



20141218_スマイリー8

結局そのまま眠りの世界へフェードイン。

人間の場合、食べてすぐ寝ると牛になると言われているが、犬の場合は如何に。
それよりも、食べてすぐ寝るなんて相撲部屋の文化じゃないのか?




血に飢えたチーターの如く肉に食らい付く、いつになくワイルドな真熊 ―――




俺も若いチャンネーに食らい付きたい・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

12/23(祝)、天気予報だと晴れっぽいですね♪

| ドッグカフェ | 02:20 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |