FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ようやくお預け解除

皆さま、こんにちわ。

昨日は午前中をフローリングで寝て、午後からベッドで寝るという二部構成でした。
第一部目が完全に無駄だったような感じもしています。 後悔している局長です。



――― さて、実はまだ終わっていない 「カウボーイ風ドッグカフェ」 のレポート続編。


20141123_スマイリー1

犬用メニューがなかったことで、俺だけがハンバーグを食べる中、まさかの長時間にわたる “お預け” を強いられることとなった真熊。

そのストレスに晒される姿に俺が耐えられなくなり、急ぎ別のドッグカフェへとハシゴした。



20141123_スマイリー2

そう、行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』 。

入店するや否や、何はさておき真熊のごはんをオーダー。
何を頼んだのかは覚えていないが、確かハロウィンフェアのメニューだったと思う。



20141123_スマイリー3

先ほどあれだけ無慈悲なお預けを食らっただけに、猜疑心が強くなっている真熊。
またもニオイだけ嗅がされて、食べさせてはもらえないのではと懸念している。



20141123_スマイリー4

とにかく、漂ってくるニオイは最高。

店長” がいつものように、真熊の食べられるサイズにほぐしてくれているのが次第に分かってきたのか、笑顔が戻ってきた。



20141123_スマイリー5

そして、ついにシビレを切らして乗り出してきた。

マツワン★グランプリ」 であれだけ待ち続けることができる真熊だが、さすがに今回はそうもいかなくなっていた。



20141123_スマイリー6

ほぐして、ちょっと冷ましたところで、ようやく食べさせてもらう真熊。

いやはや申し訳なかった。
心置きなく食べてくれ。



20141123_スマイリー7

すると、夢中で食べ漁る真熊へ “わんこそば” のようなペースで口に運んであげていた店長の元へ、どこからともなく痩せ細った犬がやって来た。



20141123_スマイリー8

イタグレの “Lenn”(レン)。
どれだけ食べても太らない、女性なら誰もが憧れるようなボディをもつ犬種だ。

しかし、この体でおねだりしてくると、ろくに食べさせてもらえていない犬だと間違われそうだ。



20141123_スマイリー9

こうして、カウボーイ風カフェ入店から、実に2時間半経ってようやく食べ物にあり付けた真熊。

そうそう、この笑顔を見るためにお出掛けしたのに、危うく本末転倒な結果になるところだった。
気を付けないと。




お出掛け先での飲食は必ず犬も一緒じゃないと、互いのストレスにしかならない ―――




全国の犬同伴可能カフェよ、犬用メニューお願いします ・・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

昨夜もソファで寝落ちしていた・・・・
 

| ドッグカフェ | 08:18 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |