FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カウボーイ風ドッグカフェ

皆さま、こんにちわ。

ふと昨日までの当ブログを読み返していたら、やたら女性が出ていたことに気付きました。
これじゃまるでプレイボーイな愛犬家が綴るブログではないか!と恥ずかしくなった局長です。



――― さて、先々週の三連休の中日、つまり11月2日(日)のお話。


20141118_カウボーイ1

三連休の初日である前日の土曜日を思いっきり無駄にしてしまったことへの後悔から、この日はなんとしてでも真熊をどこかへ連れて行こうと心に決めていた俺。



20141118_カウボーイ2

ただ、洗濯だの猫トイレの掃除だのに奔走していたら14時近くになってしまったため、例によって手軽な “近隣のドッグカフェ探訪” にしようとインターネット検索を開始したところ、そこそこの距離にあるお店を発見した。



20141118_カウボーイ3

ということで、行ってみた。

片田舎のドッグカフェ” よりも、さらに田舎へと突き進んでいった先にあるお店。
「ガチ田舎のドッグカフェ」 とでも言うべきか。



すると、ロケーションどおりのお出迎えが ・・・・・


20141118_カウボーイ4

お店の入口に、まさかのポニー。

ちょっとこれまでのドッグカフェとはレベルが違うというか、それ以前にカテゴリーやら世界観やらベクトルやらが異なってきそうだ。



20141118_カウボーイ5

しかし、店の前にポニーがいることには、どうやら理由があるようだ。

店内を覗くと、何やら風合いのあるたたずまいが。
ディズニーランドの 「ビッグサンダーマウンテン」 で並んでいるときに見る光景というか・・・・



20141118_カウボーイ6

棚には、馬用の鞍やら手綱、ブーツなどが掛けられている。

察するに、カウボーイが活躍した西部時代の、古き良きアメリカの雰囲気をイメージしているのではなかろうか。



20141118_カウボーイ7

俺たちが座った席の回りもこんな感じだ。

今にも腰のホルスターに拳銃を差した荒くれ共がやって来て、「そのドテッ腹に一発お見舞いしてやろうか!」 とか、「早く帰ってママのミルクでも飲んでな!」 などと因縁を吹っかけてきそうな雰囲気だ。



20141118_カウボーイ8

店主のオヤジさんも、無愛想だったが明らかにカウボーイを意識した風貌だった。

車で一時間も掛からない場所に、こんな独自の世界観をかもし出しているお店があったとは。
まだまだ探訪が足りていないらしい。



だが、残念なことも。


20141118_カウボーイ9

犬用メニューがなかった・・・・

どうやら、純粋なドッグカフェではなく、「犬同伴で入れるカフェ」 といったポジショニングらしい。
つまり、真熊はこれから長い 「お預け」 タイムを強いられることとなるのだ。



20141118_カウボーイ10

そうとは知らず、何か美味しいものが食べられることを疑わない笑顔で俺を見つめる真熊。

心が傷む。
せっかく雰囲気のあるお店なのだから、アメリカナイズな犬用メニューも用意しておいてほしかったぜ。



20141118_カウボーイ11

そんな俺の葛藤など知る由もなく、注文したメニューが無慈悲に運ばれてくる。
まずは、セットのサラダだ。



20141118_カウボーイ12

すまん、真熊よ。

この瞬間、「食べ終わったら、犬用メニューがある別のドッグカフェに連れて行ってやらなければ」 という “ハシゴ” プランが俺の中で決定したのだった。




西部時代を髣髴とさせる店内とインテリア。 なかなかシャレオツなお店である ―――




惜しむらくは犬用メニューがないこと・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

今日の記事は女性はおろか人間も出てこない潔い構成だ!
 

| ドッグカフェ | 02:09 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |