FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大雪からの脱出

皆さま、こんにちわ。

先週も今週も、二週連続で週末を雪かきやら後始末に費やすことになり、ストレス満タンの局長です。 リフレッシュどころか、仕事以上に体力を消耗しています。



――― さて、今日も 「熊猫犬合宿」 レポートをお休みして、大雪被害レポートを。


20140217_大雪からの脱出1

昨日は、人の歩く道を作るのみで、ご近所全体が雪かきをやめた。

がしかし、俺は今日も雪かきの続きを行うことにした。
これがスタート時点の状態である。



20140217_大雪からの脱出2

2種類の雪かきスコップを巧みに使い分け、ご近所さんから 「人間重機」 なんて異名を冠されるんじゃないかってくらいに獅子奮迅の働きを見せる俺。



20140217_大雪からの脱出3

アスファルトが見えてきたとろことで、愛車の救出にも取り掛かる。

サスが沈みまくるくらいに上から加重を掛けていた雪を除去し、車の周囲の雪もかき出す。
これでドアもなんとか開くようになった。



20140217_大雪からの脱出4

こうして、車周りも含めて、さらに雪を除去してみせる俺。

孤軍奮闘とは、まさにこのことだ。
周囲の老人たちは、きっと俺のことを 「人間除雪機」 と心の中で呼んでいたに違いない。



20140217_大雪からの脱出5

さらに、我が家の車庫に積んだ雪も一部を削り取り、愛車を通せる独自の道筋まで整える。

そう、実は車でお出掛けをしたかったのだ。
ある場所へ。



20140217_大雪からの脱出6

家の周りは、雪かきがまったく手付かずの場所も多く、通れる道と、進入不可の道があり、大通りに出るまでは予想以上に苦戦した。

途中、お出掛けなんか考えてしまったことや、そのために3時間以上にも及ぶ雪かきをしてしまったことに、激しく後悔していた。



という紆余曲折を経て到着したのは、ここ。


20140217_大雪からの脱出7

ラーメン二郎。
どうしても食べたくなってしまったのだ。(毎週食べているが)



20140217_大雪からの脱出8

この後、帰りは別の道から我が街へ入ろうとしたものの、上記の通り雪かき未着手の場所が多く、どうにも自宅まで近付けず、本当に苦労しながら車を何十回と切り替えしながら、なんとか回りまわって帰宅。

やはり道の両端に積まれた雪がなくなるまでは、車は乗るもんじゃないってことを、改めて痛感したのであった。



20140217_大雪からの脱出9

そうそう、雪かきの前には、白銀の世界での真熊散歩を当たり前のようにこなしていた。



20140217_大雪からの脱出10

太陽光が、撮影用のレフ板のように見事に反射されるため、ものすごく眩しそうな真熊。
目が目視では確認ができないくらい小さくなっている。



20140217_大雪からの脱出11

今週も(ほぼ)手付かずの銀世界であるだろう “近所の公園” まで向かう。
ノリの悪そうな真熊は、途中しぶしぶ撮影に応じる。



20140217_大雪からの脱出12

歩きづらさや、用の足しづらさからか、もはや雪が嫌いになりつつある真熊。



20140217_大雪からの脱出13

無理もない。
俺も少し雪が嫌いになってきている。



実は、今日の3時間以上にわたる雪かきで、左肩を壊した。


20140217_大雪からの脱出14

右利きの者がスコップを持つと、重量は左肩と左肘に掛かるのだ。
途中からものすごく痛くなり、今はロキソニンテープのお世話になっている。



20140217_大雪からの脱出15

JRのCMみたいな可愛いもんじゃないけど。




今年の降雪は、もうこれっきりにしてほしい熊猫犬地方に―――


 ドンマイ雪地獄!の 「ポチ」 を是非♪

 でも天気予報で水曜日も雪とかほざいてる。
 勘弁してくれ。 この左肩ではもう雪かきできん。


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!
 


【今日の一言】

レジェンド葛西、本当に伝説になってしまった。 もうリスペクト以外には何もない。
 

| 真熊 | 00:10 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |