FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

気持ち悪いほど笑顔全開

皆さま、こんにちわ。

田中理恵の引退が残念でならない局長です。
あの爽やかで屈託のない笑顔には、毎回やられます。 ヤバイっす。



――― さて、昨日のつづき。 ドッグカフェ 『Smiley Smile』 突撃レポート。


20131218_スマイリー1

日曜日の18時過ぎ、家事などやらねばならないことをすべて済ませた俺は、わずかな空き時間を縫って、真熊を行き付けのドッグカフェに連れて来た。



20131218_スマイリー2

俺とのマンツーマン状態では決して見せることのない笑顔を、以下の条件が揃った時にのみ、惜しげもなく見せてくる真熊。

① このお店に来たとき
② 俺以外の人が遊んでくれているとき
③ いつものフード以外の食べ物を目の前にしたとき



この日の俺は、明太子のクリームスープパスタをオーダー。


20131218_スマイリー3

真熊には馬肉を。
ちょっと贅沢や過ぎないか? 稼ぎもないくせに。



それを、あっという間に平らげてしまった真熊。


20131218_スマイリー4

もっと味わって食べろ!
ほぼ丸飲みじゃねぇか。




20131218_スマイリー5

真熊は “店長” が近くを通るたびに、テンションMaxで出迎える。



20131218_スマイリー6

フローリングで “タッチ” したり、わざわざソファに上ったり、その 「喜び表現バリエーション」 もラインナップ豊富だ。



20131218_スマイリー7

笑顔も然り。
口まで全開にした会心の笑顔から、口角を上げただけのものまで。



そして、一つ分かったことが。


20131218_スマイリー8

真熊は、テンションが上がった状態でのあくびは、目が全開のままということ。
いつものあくびは目をつぶり気味だというのに、ここでのあくびはパッチリした目のままだった。



20131218_スマイリー9

つまり、俺とマンツーマンの時は、まぶたを開くことすら手を抜いているということか。
七分程度しか開いていないのだから。




家でも笑顔を見せない限り、お出掛けも止めたろうかなと思う最近の俺に―――


 そうよ、その厳しさよ!の 「ポチ」 を是非♪

 俺の細い目も、楽しさMaxの時には
 実は大きくなっているのだろうか…


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

今日は関東地方でも雪らしい。 無事に帰宅できるのだろうか、今日の俺・・・
 

| ドッグカフェ | 02:39 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |