FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今シーズン初の洋服

皆さま、こんにちわ。

また新たな一週間が始まりますね、局長です。
このまま何事もなく穏やかに年越しを迎えたいものですね。



――― さて、昨日の真熊の様子を。


20131216_夕暮れ散歩1

夜の散歩を少し早めに、16時過ぎに出発してみた。

しかし、陽が暮れるのが本当に早くなったものだ。
17時には真っ暗になるほど、昼間の時間が短くなっている。



20131216_夕暮れ散歩2

散歩中の写真を撮ろうと思い、カメラを持参して散歩に向かうも、あっという間に露出が足りなくなってくる。

おかげで、ちょっとピントがブレ気味だ。
(つまり、俺の撮影スキル云々の問題ではなく、明るさだけの問題だ)



20131216_夕暮れ散歩3

そして、寒さが起因しているのか、明るいうちからの散歩だというのに、誰にも会わない。
みんな散歩の時間を、少しでも寒さの和らぐ日中に繰り上げているのだろうか。



20131216_夕暮れ散歩4

そう、寒くなったのだ。

真熊にも、ついに今シーズン初の洋服を着せることに。
暑がりだから本人(犬)的には不要かもしれないが、それでも念のため着せておいた。



20131216_夕暮れ散歩5

これから、もっと寒さは激しさを増していくのだろうが、これだけの毛量があって、さらに暑がりの真熊にとっては大したことないのだろう。

夏は辛いが、冬はそのポテンシャルを如何なく発揮する特異な体質。



20131216_夕暮れ散歩6

そのままルーティン業務の如く “近所の公園” へ。
当然、誰もいない。



20131216_夕暮れ散歩7

さすがは開花時期が冬ど真ん中のパンジー。
こんな寒さなど、むしろ嘲笑うかのように咲き乱れている。



20131216_夕暮れ散歩8

こうして寒空の中、犬同士のコミュニケーションの欠片もない孤独な散歩を強いられた我々は、公園を後にすることに。

さて、これらの写真はかなりカメラの露出補正をいじっている。



実際の写真、つまり有りのままで写すと―――


20131216_夕暮れ散歩9

こんな感じ。
かなり暗いのだ。

さらには、月まで顔を出している。



そして、自宅まで帰り着くと―――


20131216_夕暮れ散歩10

隣のお婆ちゃん” 宅の前に、何やら近未来の乗り物が停まっていた。

セブンイレブンの配達車らしい。
が、これってバイクなの? それとも車?

思わぬ形で、ちょっとしたカルチャーショックを受けた日曜の夕暮れだった。




寒さのせいか、単にいつも通りか、まったく笑顔を見せない無表情な真熊に―――


 ドンマイ無愛想!の 「ポチ」 を是非♪

 今週は低迷から抜けられますように。
 真熊と猫たちを応援して下さいね。


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

「THE MANZAI 2013」、面白かった。 とくに、ウーマンラッシュアワーは最高だった。
 

| 真熊 | 02:49 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |