熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

真熊のお風呂

皆さま、こんにちわ。

仕事と、もう一つの案件で、ヤバいくらいに忙しい日々を過ごしていますが、後者が昨日ようやく終わったので、少しだけラクになった局長です。 とりあえず、一安心です。



――― さて、その後者案件に少しだけ付随するのだが、先週金曜夜の真熊の様子を。


20130930_真熊風呂1

「トトロ」 のように末広がり気味に毛が広がっている真熊。

何かの置物みたいだ。
もしくは、起き上がりこぼし。



20130930_真熊風呂2

とりあえずお湯で毛をじっくりと濡らして、シャンプー。

毎度のことだが、まったく違うシルエットになった。
背中のチャックを開けて、中の生き物を引っ張り出したような感じだ。



「よし真熊、すっきりとしたカメラ目線をよこせ!」


20130930_真熊風呂3

この姿を見る限り、サマーカットもけっこうイケるのかもしれない。

でも絶対にやらない。
それは、ポメラニアンとしての矜持があるからだ。
(俺がポメラニアンなワケではないのだが・・・・)



すると、またもお馴染みの光景が・・・・


20130930_真熊風呂4

真熊をお風呂に入れると、必ず様子を見に来る寿喜。

ひょっとしたら、自分も洗われてみたいのかもしれない。
我が家に来たばかりの時にお風呂に入れたが、その時はえらく嫌がっていたが。



そして、こちらもお馴染み―――


20130930_真熊風呂5

ミミズク” へのトランスフォーム。

でも、肝心な 「耳」 が見えないな。
おかげで、ボーリングのピンみたいなシルエットになっている。



「こら真熊、耳を出せ!」


20130930_真熊風呂6

そう、それでこそ正しいミミズクの姿だ。

どうせ醜い姿になるのなら、その中でも 「こだわる」 べきところは徹底的にこだわらねば。
いい 「耳」 だ!



その後はタオルで拭き上げて、ドライヤー&ブラッシング。


20130930_真熊風呂7

ポメラニアン飼いの人ならお分かりだと思うが、シャンプーやリンスという行為などは、むしろジャブみたいなもので、このドライヤーとブラッシングが最も大変で時間を要するのだ。

とはいえ、これを怠ると毛玉ができてしまうので、念入りに小一時間かけて仕上げていく。



そして、モフ毛の復元が終わったところで―――


20130930_真熊風呂8

有無を言わさず助手席に放り込んで、車を発進させる。

これからどこへ行くかも、これから何をしようとしているかも、明日以降のお楽しみ。
ということで、つづく!




ほんの一時間半の間に、激しく姿を変化させる真熊と、毛の量に苦労する俺に―――


 ナイス入浴!の 「ポチ」 を是非♪

 しかしポメラニアンのモフ毛って
 2週間程度でかなり膨張するのね…



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

案件は一つ完了したものの、おかげで週明けから疲労困憊です・・・・
 

| 真熊 | 07:39 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ