FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

半年ぶりの再会

皆さま、こんにちわ。

本日から日常生活に引き戻された局長です。
いきなり 「公開」 ボタンを押し忘れ、「下書き」 状態のままという凡ミスを犯していました。



――― さて、伊豆レポートも終わったところで、お次はその二日後からのお話を。


20130819_お盆休み1

8月15日、すなわち68回目の終戦記念日。

平和について真剣に考えつつも、車に積んだケージに先住猫たちを、キャリーケースに “稚葉”(わかば)をそれぞれ入れて、俺はある場所へと向かった。



お盆休みのど真ん中だというのに、高速道路は予想外に空いていた。


20130819_お盆休み2

レインボーブリッジは封鎖されたのかと勘違いするほどの車の少なさ。

東関東自動車道では、「レッドブル」 の営業車が、宣伝効果も虚しいほどの少ない通行量の中で疾走していた。



紹介し忘れたが、当然助手席にはこの黒い生き物が。


20130819_お盆休み3

相変わらず車の振動を感じると自動的に眠りの世界に落ちてゆく、「パブロフの犬」 並みの反応を見せる。



走ること2時間弱、九十九里海岸に出る。


20130819_お盆休み4

パラシュートのような、タコのような、正体不明の飛行物体が数多く飛んでいた。

同時にサーファーや遊泳客でも賑わっていた。
夏真っ盛りだ。



走り始めてから3時間、ようやく目的の場所に到着。


20130819_お盆休み5

このアングルだけで、それがどこだか分かった人はかなりの熊猫犬フリーク。

そう、“千葉の両親宅” である。
築100年超えの古民家。



その縁側に目をやると、何やら小熊みたいな不思議な生き物の姿が。


20130819_お盆休み6

真熊の子供 “志熊” と思われるが、ちょっとイメージしている姿とは異なっていた。

もっと真熊に近いビジュアルになっているかと思っていたのだが、貧粗な小熊というか、「永遠の猿期」 というか、とにかく残念な印象だ。



20130819_お盆休み7

そんな志熊の存在になど一切気が付きもしない真熊は、畑から現れた “親父” には気付いたらしい。

一目散に駆け寄る。



ひとしきり飛びついて喜びを表現して後、ようやく室内に。


20130819_お盆休み8

5ヶ月前に会った以来の真熊を見ても、ちゃんと存在を認識していた志熊。

一方、あえて見向きもしない真熊。
未だに自分の子として 「認知」 するつもりがないのだろうか。



室内に移動してからも、その様子は変わらない。


20130819_お盆休み9

前回ここに来たのは2月だったが、その時と何一つ変わらない姿を見せる2匹の悲しい追いかけっこ。



志熊のしつこさもあるのだが、真熊の大人気なさの方が問題だろう。


20130819_お盆休み10

自分だってこの歳の頃は、毎日こうやってにいなを追い回していたのだから。
志熊の姿は、あの頃の真熊の生き写しだ。



20130819_お盆休み11

結局、まったく成長を見せない2匹の5ヶ月ぶりの再会は、終始こんな様子で幕を開けたのだった・・・・




生涯初のトリミングで不恰好な姿になっている志熊と、やっぱりそっけない真熊に―――


 微妙な雰囲気の 「ポチ」 を是非♪

 今日からまた日常生活に舞い戻り
 ましたが変わらぬ応援を・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

次の大型連休は年末年始・・・・?
 

| 真熊の子供 | 10:09 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |