FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

今年も真熊の水練

皆さま、お待たせしました。

インターネット環境の障害にもへこたれず、イライラと戦いながら必死にブログ更新作業に勤しむ局長です。 見えない敵との戦いです・・・・



――― さて、一昨日からのつづき。


20130816_水練1

2年ぶりに伊豆の海へとやってきた真熊。

ブランクのためか海へ入ることを躊躇(ちゅうちょ)気味の真熊だったが、俺は次なる 「訓練」 へと着手した。



そう、俺は真熊を行楽に連れてきたのではない。


20130816_水練2

訓練だ。 正しくは、「水練」 。

犬に生まれたからには、「犬かき」 は必修項目。
人が国語を学ぶことに等しいレベルだ。



そして、「体育会系ポメラニアン」を名乗るならば、求められる運動能力は走ることだけではない。


20130816_水練3

泳ぐ能力も重要なファクターなのだ。

2年にわたるブランクを考慮して、いきなり泳がせるようなことはしない俺の適切なコーチング。
まずは体を支えてあげながらのバタ足からだ。



馴れてきたところで、少しずつ手を離していく。


20130816_水練4

子供の自転車の練習と同じ要領だ。

なぜか周囲からは注目の的だったが、何も恥ずべきことはない。
ブランクとはそういうものだ。



しかし、そこは生粋の体育会系。


20130816_水練5

5分も練習を繰り返せば、勘が蘇ってくる。

補助なしでも問題なく泳げるようになってきた。
アライグマの千寿にも、こうやって泳ぎを教えたもんだ。



20130816_水練6

何事も、重要なのは反復だ。

繰り返し練習することで体が覚えていくのだ。
また来年まで体が忘れてしまわないように、きっちり覚えさせておこう。



そして、最後は―――


20130816_水練7

ちょっと毛深いアザラシのようだが、サマになっている。
大したもんだ。



20130816_水練8

そのまま、感動のゴール。

よく泳いだぞ。
マリンスポーツ系の会社に、イメージキャラとして売り込んでいくか。



20130816_水練9

心地よい疲れと、こみ上げる充実感。

大きなことをやり遂げた男の顔だ。
ちょっと毛深いが。



20130816_水練10

テントに戻ってきてしまえば、あとは余裕の表情と発言。

どう見ても楽しんでいる様子はなかったが、楽しかったと言うのであれば、あえて否定はしないでおこう。

>>> 2年前の犬かき特訓




単に海を楽しむだけでない、水練に励む父子の必死な様子に―――


 ナイス体育会系!の 「ポチ」 を是非♪

 アライグマの千寿は風呂の湯船で
 練習させたものだった・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

これっぽっちの更新にも、えらく時間を要するんですよ、ここって・・・・・
 

| 真熊お出掛け | 16:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ