FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日曜日の動物模様

皆さま、こんにちわ。

ここ二日間ほど寝不足が続いてしまい、眠くて仕方ない局長です。
今日という今日は、ものすごく早い時間に床に就くと心に決めています。



――― さて、日曜日のお話。


20130808_夕方の散歩1

なんのことはない、夕方の散歩の様子。

そろそろ19時という時間帯、辺りも少しずつ暗くなってゆく。
ひとたび暗くなってしまうと、真熊の撮影は途端に難しくなるので、時間との勝負だ。



しかし―――


20130808_夕方の散歩2

当の本人(犬)は、時間と戦う俺の焦りなど知る由もなく、緊張感の欠落しきった姿を見せてくる。

この日はお出掛けしなかったので、終日家でゴロゴロしていた真熊。
それでも眠いのか・・・・・



そして、珍しく夕方の “近所の公園” へ行ってみた。


20130808_夕方の散歩3

普段、朝でも日中でも人っ子一人いない公園だけに、夕方に至っても人の姿など皆無。

寄り添って愛を語り合うアベック(死語)もいない。
聞こえてくるのは、愛の言葉ではなく、セミの鳴き声のみ。



20130808_夕方の散歩4

とりあえず、切り株に真熊を乗せて写真を撮り、公園を後にした。

たまには、この公園内でよその犬にでも会ってみたいものだ。
できれば飼い主は若い女性がいい。



20130808_夕方の散歩5

人がいなくとも、真熊はなんだか楽しそうだったので、良しとしよう。

平日は夜中の散歩になってしまうので、真熊の表情など窺い知ることもできないのだが、これくらい明るいとよく見える。

そして、のんびりと家まで帰っていったのだった。



一方、家では―――


20130808_夕方の散歩6

リビングの片隅、それも微妙な位置に “稚葉”(わかば)が佇んでいる。
くつろぐわけでもなく、小さくまとまったフォームでじっとしている。



20130808_夕方の散歩7

すると、そこを避けるようににいなが追加。

一定の距離を保ち、目も合わさず、コミュニケーションの類は一切なし。
露骨だ。



さらに、にいなに続くように―――


20130808_夕方の散歩8

寿喜も、明らかに稚葉のいる場所を避けるように通過。
まるで、地雷原を察知して迂回するかの如く。



20130808_夕方の散歩9

仕方ない・・・・・

未だ他の動物たちに心を開かない稚葉は、一定距離以内に近づかれると、条件反射的に 「猫パンチ」 を繰り出してしまう。

結果、他の3匹は稚葉を 「危険分子」 のように扱うようになってしまった。
時が解決するのだろうか。
もしくは、永遠にこのままなのだろうか。




野良生活が長かったためにコミュニケーションが苦手な稚葉と、困惑する3匹に―――


 不器用な 「ポチ」 をお願いします♪

 野良猫界の高倉健って呼ばれて
 たんだ、きっと。 メスだけど…


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

人も動物も、「死」 というものは悲しみ以外の何ももたらさないものですよね。
つばめ11号さん、無理せず思い切り悲しんであげてください・・・・
 

| 日常 | 08:09 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |