FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

稚葉の大きな一歩

皆さま、こんにちわ。

三連休の最終日は、とある競技のとある大会に出場する予定の局長です。
この記事をアップしたら早々に寝て明日(というか今日)に備えます。



――― さて、昨日の朝のお話。


20130623_稚葉1

稚葉”(わかば) の 「家族化トレーニング」 の第三章。

にいなと寿喜も含めて、一緒に寝室で寝てみよう!という企画だ。
さっそく、2階の寝室に稚葉を放ってみる。



20130623_稚葉2

そりゃ、にいなも驚く。

今までは別の部屋で隔離しているか、リビングに設置したケージの中にしか稚葉をいさせたことはないというのに、いきなり寝室を我が物顔で歩かれたら当然のことだ。



20130623_稚葉3

稚葉に対してだけは心を開かない寿喜は、やはりかなり引き気味でその様子を見ていた。

我が家に来た時から、にいなと真熊には普通に心を開いていたのに、なぜか稚葉に対してだけは高い壁を作っている。



では、俺は毛布を掛けて、満を持して就寝に入ってみる。


20130623_稚葉4

やはり、にいなは稚葉の様子をいつも近くで気にしていたせいか、とくに緊張した様子もない。

いつも通り、俺の上に乗って眠りに就いてしまった。
勝手が分からない稚葉は、その様子を窺っている。



20130623_稚葉5

緊張しながらも、にいなの傍なら多少は安心できるらしい。

にいなのヤツ、案外いいお兄ちゃんになれるのかもしれない。
寿喜とは相変わらず仲が良くないが・・・・



20130623_稚葉6

その後、暑くなったのか、にいなは降りてしまったが、稚葉は俺の上に留まる。

俺としては、寝返りが打てないので実は迷惑なんだが、当面は大目に見るしかない。
どさくさ紛れに寿喜まで俺の上に乗っているのはいただけないが。



さて、床に就くというのに、この明るさ。
不思議に思っている読者も少なくはないだろう。


20130623_稚葉7

そう、昨日のブログのアップ時間を見てもらえれば分かると思うが、ついつい夜更かししてしまい、ブログの更新が明け方になってしまい、それから床に就いたのだ。

よって、辺りはすでに小鳥がさえずる爽やかな朝に。



そんな中、激しく緊張している稚葉を見て、逆に寿喜に余裕が出てきたらしい。


20130623_稚葉8

さっきまでの険しい表情はどこへやら、ビギナーを見下すベテランのような、何か得意げな顔つきになっている。



こうして、しばらくはソワソワしていた稚葉だったが・・・・・


20130623_稚葉9

意を決めてようやく眠りに就いたのだった。

大きなカンカも取っ組み合いもなく、初めての 「猫同士の合同就寝」 は成功に終わった。
ブログ上では小さな一歩も、猫たちにとっては大きな一歩だ!




緊張の中で、猫たち全員が波風を立てずに協力し合った今回の合同就寝に―――


にほんブログ村 よく頑張った!の 「ポチ」 を是非♪

 社交性の悪い稚葉が、威嚇などせず
 おとなしくできたのも大きな要因!


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

真熊には未だ威嚇を止めない稚葉なので、今回は真熊のみリビングで就寝・・・・・・
  

| 稚葉 | 02:59 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |