FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

つまらなサイクリング

皆さま、こんにちわ。

この土日は、掃除・洗濯・庭仕事・衣替えなど、とにかく家のことに時間を費やした局長です。
動物たちにとっては、少し物足りない週末だったかもしれません。



――― さて、先週のつづき。 「行き当たりばったり春の旅」 レポートの続編。


20130520_八ヶ岳自然文化園1

「道の駅」 で得た情報を元に向かった先は、“白樺の木” 以外は何もないような場所だった。

確か 「八ヶ岳自然文化園」 とかいうところ。
牧場とか、ドッグランとか、パターゴルフとか、その広さを活かしたレジャー施設だ。



20130520_八ヶ岳自然文化園2

ドッグランは、「何もこの広大な施設まで来て、真熊を柵の中に入れるのもどうなのか」 という “そもそも論” 的な結論に達し、利用しなかった。

代わりに、レンタルサイクルなるものに投資した。



20130520_八ヶ岳自然文化園3

ライダースジャケットで自転車に乗るオッサン。

「カッコいい革ジャン買っちゃったけど、バイクの免許もってないんだよね・・・・」 みたいな感じに見えそうでイヤだったが、この際ヘンなこだわりは捨てた。



20130520_八ヶ岳自然文化園4

しかし、これがまた退屈なコースで、エリアも狭く、2周で飽きてしまった。

カゴに入れられた真熊も、この陽気と心地よい揺れとで、あっという間に眠りの世界の淵まで追いやられた感じだった。



20130520_八ヶ岳自然文化園5

「あらいぐまラスカル」 のオープニングを髣髴とさせる自転車での疾走だったが、一つだけ大きな違いが。

スターリングのこぐ自転車のカゴで、前を向いてカゴに手をかけて立ち乗りしていたラスカルとは異なり、開いているのか閉じているのかさえ分からないような小さな目で、カゴの中で気持ち良さそうにウトウトしている真熊。



20130520_八ヶ岳自然文化園6

躍動感の欠片もない。
ロックリバー(※)へ突き落としてやりたいくらいの腑抜けっぷりだ。

※ 「ロックリバー」
  ラスカルの住むウィスコンシン州のエジャトンという街の南部に流れる川で、
  同番組のオープニングソングの題名が 『ロックリバーへ』 である。



このサイクリングが、早くも2013年のワースト3に入ることが決定的なほどのつまらなさだったので、一時間借りれるところを20分程度で早々に返却。


20130520_八ヶ岳自然文化園7

広大な園内を徒歩で散策することにした。
ロックリバーとまではいかないが、小川も流れていた。



20130520_八ヶ岳自然文化園8

だからと言って、とくに何があるというわけでもない単なる森。

「美味しいのにノーカロリー」 という新鮮な空気を肺いっぱいに吸い込んだり、土の匂いを感じたり、そんなことをしながら過ごした。



20130520_八ヶ岳自然文化園9

でも彼は、さすがにそんな時間の潰し方では飽き足らず、ひたすら走り込んでいた。

そう、局長いるところに、この男あり。
ブラザーK” も一緒です。




どこへ行ってもすぐに眠りの世界に堕ちてしまう “黒いゆるキャラ” 真熊に―――


にほんブログ村 シャキッとせい!の 「ポチ」 を是非♪

 俺もブラザーKも、のんびり過ごす
 という過ごし方が性に合わない・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

ベッカム、お疲れさま。 キミって実は年下だったんだね・・・・
 

| 真熊お出掛け | 01:02 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |