FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

にいな、病院へ

皆さま、こんにちわ。

今日は間もなく3:30に自宅を出てゴルフへと向かう局長です。
いつぞやのコンペ以来のゴルフで、練習もしておらず、只々不安です・・・・・



――― さて、昨日は定時で仕事を上がり、大急ぎで “にいな” を病院へ連れて行った。


20130413_にいな病院へ1

普段なら、病院へ連れてくると不満全開の表情を見せるにいなだが、この日は自身の体調の悪さを自覚していたのか、思いのほか素直だった。



そのにいなの症状・・・・


20130413_にいな病院へ2

日曜日あたりから、とにかく嘔吐(えず)く。

実際に嘔吐はできないものの、必死に吐こうとする。
吐きたいのに吐けない、そんな辛さを感じられる。



触診の結果、喉に何かが引っ掛かったり詰まったりしている様子はなし。


20130413_にいな病院へ3

次に聴診器で心音を聞いたり、体温を測ったり、一通りの健康診断。

嘔吐くわりには、食欲はいつも通りにある。
となると、体は壊しておらず、喉に何かが引っ掛かってるだけだと思っていたのだが、どうやらそれもないらしい。



20130413_にいな病院へ4

いきなり原因不明という判断に。

とはいえ獣医師の見解としては、吐き気があるということは、腎臓が従来通りに働いていない可能性が高い。



そこで、腎臓が然るべき働きを見せているのか、血液検査を実施。


20130413_にいな病院へ5

遠心分離機に掛け、結果が出るまでの数十分の間、にいなはキャリーの中で待機。

しかし、写真だけを見ると、高そうな高級希少種の猫にさえ見えるにいな。
とても雑種で、しかも俺の職場で保護された野良猫とは思えない。



20130413_にいな病院へ6

久しぶりの採血にも大人しく耐え、自身の復調のために必死に我慢している姿が見える。

一時期、“スプレー問題” に悩まされていた頃は、外猫に降格させて野に放とうとさえ真剣に考えたこともあったが、こうして明らかに弱ってしまうと、そんなことを考えていた当時の自分が恥ずかしくなったりする。



20130413_にいな病院へ7

この先も、例えお前が重い病気になろうと、必ず助けるべくアクションを起こすからな?



さて、肝心な血液検査の結果だが―――


20130413_にいな病院へ8

数値的には問題ないとのこと。
腎臓の疾患ではないとすると、次に疑うのは胃腸関係とのこと。

結局は、胃腸の動きを活発化させる薬を注射。
併せて飲み薬も処方された。

これでも嘔吐きが消えなかったら、次はバリウムを飲ませてのレントゲン撮影などを行うとのこと。




とりあえず、長期間に渡るリサーチが必要という結果に―――


にほんブログ村 ちょっと複雑の 「ポチ」 を是非♪

 まだ当分は経過観察が必要な
 にいな。俺の心配はつづく・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

稚葉も含めて我が家の猫は健康面に問題あり・・・・・?
 

| にいな | 00:11 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |