FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

相変わらず誰もない公園

皆さま、こんにちわ。

今日は10時には起きて、すでに洗濯も1セットこなしている局長です。
3週連続で土曜日をドブに捨てることはできないのです。



――― さて、先週の日曜日のお話・・・・ってほどでもないが、真熊の様子を。


お昼の少し前に起きた俺は、真熊を散歩に連れ出そうとするも、あまりの寒さに、急いで驚き少し厚手の洋服を
着せたのであった。


20130223_真熊1

年齢のせいか、地球温暖化が叫ばれているというのに、冬の寒さは毎年増していっているように感じてしまう。
まるで氷河期に向かっているようだ。



その寒さたるや、冬眠しないはずの犬まで動きを鈍くしてしまうレベルだ。


20130223_真熊2

おまけにポメラニアンの目まで小さくしてしまうのだった。



そんな極寒の世界を真熊と共に歩き続け、とりあえず “近所の公園” へ。


20130223_真熊3

なんども紹介しているが、この公園はまるで過疎地に税金の無駄遣いで作られた施設の如く、いつ来ても人がいない。

最近の子供は外で遊ばないのだろうか。

もし家の中でゲーム三昧なのだとしたら、「飛び出せ青春!」 と叫びながら今すぐ外へ飛び出してもらいたいものだ。



20130223_真熊4

仕方ないので、真熊を遊具で遊ばせることにした。



でも、あまり楽しくはないらしい。


20130223_真熊5

目もさらに小さくなってしまっている。
もはや目視では確認できない。



ただでさえ人が使用しないこの遊具、犬のお前までが嫌がってしまったら、もう存在価値すらないじゃないか。


20130223_真熊6

確かに嫌々遊んでいても意味はない。
もう降りるか。



ということで、もう一つの遊具へ。


20130223_真熊7

人が使わないのなら、犬が税金を有効活用させてもらうぜ。
そんなメッセージが込められた俺たちの活動。

小さな子供がいるご近所さん、このメッセージにインスパイアされたら、今からでも遅くない。
公園へ繰り出すといい。




「子供は風の子」 なんて言葉は、もはや存在しないのだろうか。 切ない俺たちに―――


にほんブログ村 ストップ風邪の子!の 「ポチ」 を是非♪

 今日も庭仕事に勤しむぜ。
 動物たちは腑抜けているが・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

職場の部下の “ひろし” 、誕生日おめでとう!
仕事に家庭に、幸あれ!
 

| 真熊 | 11:46 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |