FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まさかの強制終了と更なる地獄

皆さま、こんにちわ。

本日はのっぴきならない事情があって仕事を休んでいる局長です。
でも、体はすこぶる元気です。 油断してたらこんな時間になってしまいました・・・・



――― さて、日曜日からのつづき。 熊猫犬ファミリーでのスキー/スノボツアーのレポートだ。


雪国出身のくせに今回がウィンタースポーツどきどき初体験の “むらも” への指導に徹する羽目になった俺。
気が付くと、辺りには俺たち以外の誰も見えなくなっていた。


20130207_ゲレンデにて1

なんと、他のメンバーは俺たちを放置して、先にランチタイムとしゃれ込んでいたのだ。

ましてや、時刻はまだ11:00前。
どれだけ燃費が悪いんだ・・・・・



下で待っていた “チップ家” のママさんから、その悲しい事実を聞かされ、みんなが食べ終わった頃に失意の中で合流。


20130207_ゲレンデにて2

そんな中、教えを請う身分にも関わらず、しっかりビールまで飲むこの女。
最近の子って、みんなこうなのかしら・・・・・



結局、他のメンバーはそこそこ休憩していたこともあり、俺とむらもが食べ終わると同時に 「午後の部」 がスタートとなった。

しかし・・・・・


20130207_ゲレンデにて3

急激に怪しくなる空模様。

そう、この日の天気予報は雨。
俺たちの脳裏に不安がよぎる。



雨に降られる前に!とリフトを乗り継いで、とりあえず頂上まで行き、むらもとスノボチームは迂回路からの長旅を。
俺は果敢にもコブ斜面を滑り降り、ようやくリフト乗り場までたどり着いた頃・・・・・


20130207_ゲレンデにて4

案の定、想定外の大雨となって急きょ車に避難。

止んだらまた滑りに行こうと話し合っていたものの、一向に止む気配はなし。
やむを得ず、「このまま滑って早めに切り上げよう」 という話が出たが、この案に賛同したのは俺と犬(ケン)ちゃん、チップ家の父子の計4人のみ。



20130207_ゲレンデにて8

むらもの野郎に至っては、俺が板を貸してあげたのみならず、前夜にワックスまで掛けてセッティングを整えてやったというのに、あっさり白旗を揚げやがった。



結局、先述の4名の勇者のみで大雨の中、再びゲレンデへ。


20130207_ゲレンデにて9

他のメンバーは、車中でぬくぬくと怠惰な時間を過ごしていた。



しかし、スキーウェアというのは、雪に対しては徹底した防水機能を果たすものの、雨にはまったくもって無防備だ。
一度も転んでいないというのに、パンツまでびしょ濡れになってしまった。


20130207_ゲレンデにて5

結局、小一時間ほど滑り倒し、我々4名もこの日の滑走を終了。

ペットシートの如く水分を含んだウェア類をすべて着替えて車の中へ。
午前中の快晴から打って変わってのバッド・コンディション。

非常に残念な一日になってしまった。



20130207_ゲレンデにて6

こうして、我々は失意の中で帰路に就いたのだった。



途中、サービスエリアで休憩しながら、のんびりと進む我々。


20130207_ゲレンデにて7

真熊たちも、マーキングに忙しい。



俺に至っては、自分の運転でなく、人の車でスキーに行くのが10年ぶりくらいだったこともあり、調子が狂って車中で熟睡してしまった。


20130207_ゲレンデにて10

運転手のチップ家パパには申し訳ない限りだ。

こうして、午前中は楽しかったスキー/スノボツアーも、強制終了のような形で終わりを迎え、なんとも後味の悪い一日となってしまったのであった・・・・・




幸せから不幸に真っ逆さまとなった、ついていない我々熊猫犬ファミリーに―――


にほんブログ村 同情と哀れみの 「ポチ」 を是非♪

 こんな時に限って天気予報が
 脅威の的中を見せるなんて・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




――― しかし、こんな後味の悪いまま一日を終えてたまるものか!

ということで、この際メンバー全員に更なる地獄を味合わせてやろうと思った俺は・・・・


20130207_二郎1

その足で全員を 「夕食」 としてラーメン二郎へと連れて行った。

メンバーのほぼ全員が、俺のブログを見て 「一度は行ってみたい♥」 なんて言っていたのを俺は忘れていなかった。
その “一度” をあえてこの日にぶつけてやったのだ。



20130207_二郎2

一度は行ったことのあるチップ家の反抗期の息子も、育ち盛りの中学生にも関わらず苦戦。

犬(ケン)ちゃんと “くぬパン” の若い男ペアも、サービスエリアで食べてしまった焼きそばを後悔しながら悪戦苦闘。



むらもも、出てくるまでは期待に(小さな)胸を膨らませながら笑顔を見せるも―――


20130207_二郎3

目の前に器を置かれた瞬間に表情が一変する。
あとは、満腹中枢が働き始める前に仕留めようと、一心不乱に食べ続ける。



サヨ” ちゃんに至っては―――


20130207_二郎4

食べても食べても、出てきた時の姿と変わらないドンブリを見て、けっこう早めにギブアップ。
露骨過ぎるくらい不満げな表情を見せていた。

プチサイズなのに・・・・ 


ちなみに俺は、野菜増し増しながらも一番早く食い終え、キャリアの違いをいかんなく見せ付けてやった。
メンバーの全員からリスペクトの眼差しを一身に受けていた。



大雨での強制終了に追い討ちを掛けるように、ラーメン二郎で潰された面々に―――


にほんブログ村 ドンマイ二郎!の 「ポチ」 を是非♪

 まったくだらしない胃袋だ、皆の衆。
 今後は俺のことを先生と呼ぶがいい。



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

きっと女子メンバーの脳裏に、二郎はトラウマとして刻み込まれたことだろう。
  

| 真熊お出掛け | 11:17 | comments:53 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |