熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

退屈サンデー

皆さま、こんにちわ。

またも気が付いたらヒーターの前でフローリングの上に寝ていた局長です。
体中が痛くて目が覚めました・・・・・



――― さて、こないだの週末はお出掛けしなかったため、どうにもネタがない。


ということで、今日も別に仰々しく綴るような内容でもないのだが、日曜日の我が家のまったりとした様子をお伝えする。


20130201_退屈な日1

日向ぼっこを兼ねているのか、珍しく猫たち2匹が並んで庭先を眺めている。

間違いなく、先に陣取っていたのはストレス猫にいなであろう。
そこへ寿喜が後からやって来たに違いない。



20130201_退屈な日2

真熊同様に、寿喜は何やら退屈している模様。



20130201_退屈な日3

この日に限らず、別にどこかへお出掛けする習慣もないのだから、急に退屈がられても困ってしまう。
一体どういった退屈しのぎを求めているのやら。



20130201_退屈な日4

おもむろに爪を研ぎ始める寿喜。

一方のにいなは、スフィンクスのようにピクリとも動かない。
日当たりのいい窓際での猫とは、こうあってほしいものだ。



20130201_退屈な日5

爪研ぎ終了。

またも不満たらたらな表情に。
だったら、後ろ足の爪も研げばいいのに。



20130201_退屈な日6

その後も、俺に対して露骨に退屈ぶりをアピールし続ける。

だったら本来の猫らしく、ネズミでも追い回してこい。
但し、くれぐれも捕まえて持ち帰っては来るな!



その頃、真熊は―――


20130201_退屈な日7

なぜか猫用のベッドで熟睡中。
そのせいで、寿喜があんなに不満そうなのか。



せっかくの週末に連続でお出掛けしないのも申し訳ないので、意味もなく庭に出してみた。


20130201_退屈な日8

そう、庭に出たからといって、何か楽しいことが待っているわけでもない。
単なる気分転換だ。

こうして、その前の週に起こった真熊の下痢のおかげで、猫にとっても退屈極まりない週末となっていた局長家であった。




「家でのんびり」 という当たり前の日常に満足できない面倒くさい局長ファミリーに―――


にほんブログ村 まったりしとけ!の 「ポチ」 を是非♪

 ここ最近、自宅での動物たちの笑顔を
 まったく見れていない気がする・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

では、準備して仕事へ向かいますさかいに・・・・・
 

| 日常 | 07:25 | comments:50 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ