FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

X'masイルミネーション [裏]

皆さま、こんにちわ。

本来は昨日がX'masなのに、なぜかその前夜が盛り上がることに疑問を感じる局長です。
自分の誕生日と照らし合わせても、前夜なんて何も催したことはないはずですよ。



――― さて、仏教徒なのに異教の風習にここまで陶酔する世間にかなり引き気味の俺。


とはいえ、あまり声高にそれを唱えると、単なる僻みっぽいオッサンに聞こえてしまいそうなので、形だけでも乗っかることにしてみた。


20121226_裏1

ということで、「X'masイルミネーション」 なるイベントに行ってみた。 この人たちと。
ディズニーランドのパレードで見たような光り輝く幻想的な世界が創り出されていた。



20121225_宮が瀬2

しかし、ここでの一番の売りは、こんな安っぽい光の模倣品ではない。



それは、17時になると同時に、我々に大いなる夢を与えるのだった―――


20121225_宮が瀬3

宮ヶ瀬の大クリスマスツリー。

毎年行われるライトアップで、熊猫犬地方では周辺に大渋滞を巻き起こすほど人気を博しているのだが、俺はこれまで来たことがなかった。
(X'masシーズン以外には来ている)



LED照明の低価格化と急速な普及によるものか、ツリーのみならずこの公園の至るところが光の世界と化している。


20121226_裏2

ちなみにここは、階段の上に光のアーチが架けられ、まるで 「光のトンネル」 のような世界になっている。

こうして “チップ” のパパさんと “むらも” のツーショットを撮ってみても、どうにも怪しい関係に見えないのはなぜだろう・・・・



しかし、寒い・・・・


20121226_裏3

写真の表情も無意識にこわばってしまう。
痛々しい笑顔だ。



20121225_宮が瀬6

そして、偶然にも互いの愛犬の毛色と、自身の服の色が同系統になっている。
犬が目立たないったりゃありゃしない。



一応、お約束で―――


20121226_裏4

「プロポーズ大作戦」 (1973~1985) を思わせる光るハートの前でも記念撮影。

「一目会ったその日から、恋の花咲くこともある」
というフレーズが、どこからともなく聞こえてきそうだ。

てゆうか、なんとも鮮度の悪い、初々しさゼロの写真だ・・・・



そんなこんなで、極寒の中で公園内を一周。


20121226_裏5

世の中の一般的な若者並みの行動を無事にやり遂げた二人の表情は、心なしか充実感に満ちているように見える。



最後は、あまりの寒さに体が悲鳴を上げていたので、犬OKのカフェに避難。


20121226_裏7

なぜか隣に座るチップのパパさんに抱っこしてもらう真熊。
同い年というだけで、飼い主を間違えてしまっているのだろうか。
見た目は、俺の方が10歳くらい若く見えるのに・・・・




と、ここまで読んで、「あれ? 前にも読んだかも。 この記事・・・」 なんてデジャブーのような感覚に陥ってしまった人―――


そう、昨日も似たようなことを書いている。
実は、むらもと二人きりで宮ヶ瀬なんて行っていない。


20121226_裏6

チップ家の送り迎え付きのVIP待遇で、4名で連れて行ってもらっていたのだ。



昨日はもう少し、「局長さんとむらもちゃんって付き合ってるの?」 とか、「い・・・・いつの間に!」 といった、二人の関係を怪しむコメントが来ると予想していたのだが・・・・・


20121226_裏8

思いのほか皆さん冷静に 「この二人にそれはない!」 と判断されたようで。
恋人同士には見えない何かがあるのだろう、俺たちには・・・・



20121226_裏9

ということで、この日は駐車場が埋まってしまうために、まだ明るいうちから現地入りし、極寒の中でビールを片手にジャンクフードを食い漁り・・・・・



20121226_裏10

イルミネーションなどまったく興味のない犬たち3匹を巻き添えに、ここで数時間も過ごしていたのだ。



20121226_裏11

寒さ対策に 「階段ダッシュ」 などで体を動かしていた。



20121226_裏12

そして、ようやく17時にイルミネーション点灯。
会場も絶頂の盛り上がりを見せ、昨日・今日の記事の通りに光の世界を楽しんだわけだ。



20121226_裏13

寒さのせいか、ちょっと機嫌の悪そうな “くり坊” 。
チップに至っては、寒がりのため完全に存在を消してキャリーの中に閉じこもっていた。



20121226_裏14

一方、暑がりの真熊はとくにいつもと変わらず、キャリーから身を乗り出してお出掛けを楽しんでいたのであった。




ということで、ドッキリ企画もグダグダに終わってしまった俺と真熊に―――


にほんブログ村 ドンマイX'mas!の 「ポチ」 を是非♪

 なぜ、引っ掛からなかったのだろう。
 なぜ恋人同士に見えなかったのだろう。



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

むらもという人選が悪かったのかな・・・・
 

| 真熊お出掛け | 07:52 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |