FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

志熊の単身お泊りツアー [最終章]

皆さま、こんにちわ。

今日を乗り切れば聖なる三連休。 局長です。
でも、聖なる夜も、性なる夜も、なんら予定のない寂しげな男です。



――― さて、数日前からのつづき。 志熊のなんちゃって里帰りレポートである。


「社会化」 対策として、『Smiley Smile』 でドッグカフェ・デビューをさせ、家族以外の人や犬にもたくさん会わせ、とりあえず目標を達成した俺。


20121221_志熊&真熊1

"チップ" 家や "店長" に別れを告げ、再び真熊と志熊の親子を車に乗せ、次の場所へと向かった。



そして、やって来たのは某公園。
“ぼうこうえん” を変換すると、“膀胱炎” と出てしまうから要注意だ。


20121221_真熊&志熊1

ここで、俺は致命的なミステイクを犯していた。
一眼レフカメラの電池残量が少なくなっていたので、「Smiley Smile」 で充電をしていたのだが、そのまま忘れてきてしまったのだ。



ということで、まさかの携帯カメラでの撮影。


20121221_真熊&志熊2

陽も落ちかけているというのに、シャッタースピードすら調整できずに、薄ぼんやりした残念な写真となってしまった・・・・
痛恨の極みだ。



とにかく、ここでも仲むつまじく見える真熊と志熊。


20121221_真熊&志熊3

でも実際は、隙あらば志熊の横を離れようとする真熊。
器が小さい野郎だ。



ひとしきり公園を満喫して、帰宅。
その日は疲れもあり、ぐっすり寝ていた志熊。


20121221_志熊&真熊2

しかし、翌日になって “親父” が旅行から帰ってくると、元気も復活してテンションがガチ上がりに。



おやつを賭けて遊んでもらったり、大ハッスルだ。


20121221_志熊&真熊3

一方の真熊は決して参戦しない。
本当はウズウズしているだろうに、志熊と遊ぶのはプライドが許さないらしい。



結局、遊びはなしでおやつだけゲットした真熊。


20121221_志熊&真熊4

この息子を認知しようとしない無責任な行為は、一体いつまで続くのだろうか。



志熊は、真熊には相手にされなかったものの、この二日間で貴重な体験ができただろう。


20121221_志熊&真熊5

そして、親父さえ帰ってくれば、あとは安心して甘え放題だ。

まぁ、まだまだ子供なのに、一人でお泊りして、いい子にもできて、とにかく感心なことだ。
この辺りは、しっかりと真熊の血を受け継いでいるらしい。


その翌日(土)、親父と志熊は房総半島の果てへと帰っていった。
我が家には、俺の寂しさと、真熊の安堵感とが入り混じった空気だけが残されたのだった。

糸冬




真熊ゆずりの単身お泊りで、社会化の第一歩はそれなりに成功した志熊に―――


にほんブログ村 ナイスお泊りツアー!の 「ポチ」 を是非♪

 今後は 「志熊の単身お泊りツアー」
 って企画も増えそうだ・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

モスキート” がイタリアへの新婚旅行から帰ってきた。
時差ボケか、目の下にはアライグマ千寿のようなクマが描かれていた。
 

| 真熊の子供 | 04:59 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |