FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

受け継がれる真熊DNA

皆さま、こんにちわ。

公約どおりの更新です。 約束を守るメロスのような男です、局長です。
寒いけど、なぜかアイスを食べながらの作業です。



――― さて、金曜日の夜に我が家へやってきた真熊の長男 「志熊」 。


エビフライを 「エビフリャー」 と発音したり、平たいうどん(きしめん)を食べたりする郷から、原辰徳を輩出した 「神奈川じゃん?」 とか言ってしまう郷へ。


20121125_志熊1

運命に導かれるように、小さな体で350kmの距離を移動してきた志熊。

現時点では、あまり父親から愛されていない。
明らかに、真熊がどう接していいのか分からず困惑しきっている。

本能的に反撃してはいけないと理解しているらしく、志熊からの度重なる攻撃(ちょっかい)を 「ぐるるるぅ」 と唸りながら耐え続けている。

この2匹に親子愛が生まれるのはいつになるのだろうか。



20121125_志熊2

ん? なんで?
お前の子供だからだよ。

お前が性欲に任せて無責任に作ったんだろ?
(非常に聞こえの悪い内容だが、あながち間違ってはいない)



寿喜がやって来た時の、にいなのストレスにも似た感情だろうか―――


20121125_志熊3

それとも、「この子、あなたの子供よ?」 といきなり幼い子供を押し付けられる昼ドラにありがちな父親の心境だろうか。

どちらにしても、責任の一端はお前にある。
(責任の大半は俺にあるんだけど)



俺や真熊と違って、責任の微塵もない志熊は―――

志熊、おはよう!


20121125_志熊4

細部にわたるまで引き継がれている真熊のDNAが 「さすが親子」 としか言いようがない。
真熊が我が家にやって来た5年前とまったく同じ顔をしている。



初夜(やらしい意味ではない)も物怖じせずに俺の隣で熟睡しきっていた。


20121125_志熊5

でも、時折不安そうな顔を見せる。

志熊よ、ママはここにはいないんだ。
もうママとは一緒に暮らせないんだよ。



お前は、「体育会系ポメラニアン志熊」 として、新しい生活をスタートさせるんだ。
さぁ、言ってみろ!
「僕は体育会系の志熊です」 と。


20121125_志熊6

いろいろ足りない単語も多いが、とりあえず合格だ。

きっと次男は 「癒し系・甘えん坊ポメラニアン」、三男は 「巨漢・ゆるキャラ系ポメラニアン」 として自らをキャラづけしていくと思うから、残念だがお前には 「体育会系ポメラニアン」 としての道しか残っていないのだ。

頑張れよ!




母親や兄弟たちと離れて、一人険しい道に立ち向かわんとする志熊に―――


にほんブログ村 頑張れ体育会系!の 「ポチ」 を是非♪

 おどおど系のマザコンなどには
 間違ってもさせないぞ! 志熊よ。


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

すでに知っている方もいるかと思いますが、次男は 「ノアン」 。 三男は 「大和」 という名前になりました。
三男の読みは 「やまと」 ですよ? 「ダイワ」 じゃないので間違えないように!
 

| 真熊の子供 | 14:55 | comments:62 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ