FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

3日ぶりの再会 ~真熊の子作り合宿 【最終章】

皆さま、こんにちわ。

3連休の真ん中。 真ん中もっ○り 局長です。( “夕焼けニャンニャン” オープニングより)
これじゃまるで下ネタだ・・・・



――― さて、いよいよ愛知県から帰路に就いた 「真熊の子作り合宿」 レポート。


ついに今日は最終章である。
では、たれれんさんによるレポートを原文ママでお伝えしよう。


 ●まぐちゃんの名古屋婿入り物語(仮)●

 【3日目-3】


20120916_再会1

 局長さんが来るまで時間があるけど、うろうろするにも限界があるので、
 ワッフルを食べることに。



20120916_再会2

 まぐちゃんも欲しがるので、残してたフードを上げるとばくばく食べてました。

 そろそろ到着のメールをもらったので、バス亭まで移動。
 橋は人が多くて踏まれそうなので、まぐちゃんは抱っこ。



 バス亭で父上と感動の再会。


20120916_再会3

 まぐちゃん、本当にお疲れ様でした。
 いっぱいご飯食べて、眠ってね。とお別れ。



 うーん、大好きなまぐちゃんとのお別れというのに、寂しさよりも安堵の方が大きくて
 悲しくなかったわ。
 ごめんね。


20120916_再会4

 今回は特殊な状況だったから、みんなが大変だったね。
 次は普通にお泊まりに来て欲しいな。

 終わり。



こうして、只々本能のままに生きた3日間が終わった。

たれれんさんの言うとおり、モカちゃんの出すフェロモンで催眠術に掛かったような状態だったことだろう。
自分がたれれん家で何をして過ごしたのかも、きっと覚えていないと思う。

たれれんさん一家にとっては寂しいことだと思うが、俺はこのレポートを読んで、動物の本能というもののすごさを改めて思い知ったものだ。
誰から教えてもらったわけでもないのに、間違えることもなく子作りを。


真熊はもとより、モカちゃん、そしてたれれん家の皆さま、本当にお疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。

※ちなみに、この後の様子が、7月9日の記事に続くのだった。




では、本日もお待ちかねの企画を――

20120908_赤子バナー


ついに目が開いた3兄弟たち。
すくすく育つ日々を未だ見に行けない自分がもどかしい・・・・


20120916_赤子たち1

相変わらず送られてくる写真は寝ているものばかり。
といっても、赤子が起きて行動するわけもないから当たり前なのだが・・・・



20120916_赤子たち2

そんな中でも今回は大きな変化が。
ついに目が開いたのだ。



20120916_赤子たち3

この小さな目に初めて映り込んだのは何だったのだろう。
何を最初に見たのだろう。



20120916_赤子たち4

初めて見るママの姿はどう映った?
ちなみにパパは今、俺の横で仰向けになって寝てるぞ?



20120916_赤子たち5

帝王切開で取り出した子だけに、最初はモカちゃんの育児放棄が心配されたが、今では完全にいっぱしの母親の顔だ。



20120916_赤子たち6

そんな様子を不気味そうに眺めるラディ・・・・



20120916_赤子たち7

犬だか猫だか分からない小さいのが急に増えて、ことのほか困惑していることだろう。



20120916_赤子たち8

本日も、1号・2号はそろい踏み。
無意識の中でも、この2匹はとくに仲がいいのだろうか。

とにかく元気に育ってくれよ!




結局、土曜の一日を無駄にしてしまった局長と、健やかな赤子たちに―――


 スリーピング・サタデーの 「ポチ」 を是非♪

 明日・明後日は前々から用事があり・・・
 どうにも赤子に会いに行けない俺。


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!



【今日の一言】

陽が落ちるのが早くなってきた・・・・ そろそろ秋なのね。
 

| 真熊のお泊り | 10:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |