FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

コツをつかんだ2匹 ~真熊の子作り合宿 【2】

皆さま、お待たせしました。

完全に電池切れの局長です。
お昼過ぎに起きたものの、頭も体が動きませんでした・・・・・



――― さて、昨日から始まった 「真熊の子作り合宿」 レポートのつづき。


二世誕生を目指し、我が家から遠く愛知県の “たれれん” さん宅で、泊り込みの子作りに励むことになった真熊。
但し、間違いなく本人(犬)は、自分が何をしているのかに気付いていない。


では、たれれんさんによるレポートを原文ママでお伝えしよう。


 ●まぐちゃんの名古屋婿入り物語(仮)●

 【1日目の2】

 病院の帰り道、マナーベルトを買いに行く。
 やっぱり嬉ションしちゃうのと、うかうかモカを放せないないから。
 サイズを測って行ったのに、ちょっと大きかったかも。


20120908_子作り合宿1

 まぐちゃん、初めてのマナーベルトかな?
 これをしてると、モカにアタックしに行っても安心して見ていられるわ。
 でも、ちゃんと出来ないのでモカに怒られている。
 かわいそうだけど、仕方がない。

 おとさんが仕事から帰ってきたら、まぐちゃん大喜び。
 やっぱり局長さんと住んでるからか、男の人が好きなんだなぁ。
 すんなり余所の家に馴染むまぐちゃんだけど、こんな感じで家が恋しい感じを見せるね。



 19時、雨の中散歩。


20120908_子作り合宿2

 雨カッパ持ってきてもらえば良かったなぁ。
 おうちでおしっこできないと大変だね。



 帰宅してご飯。



20120908_子作り合宿3


―― では、味のある猫の視線をよそにゴハンを食べる真熊について局長から解説。

犬についてあまり詳しくない人は、レポートだけ読んでいると、真熊が一年中フルタイムで盛りがついてしまっている発情犬に見えていることだろう。
実際には違うので注意していただきたい。



20120908_子作り合宿4


メス犬には 「ヒート」 と呼ばれる発情期が平均して年に2回あり、この時期のみ排卵があり妊娠可能なのだ。

子孫繁栄の生存本能からか、メスはこの時期に自分が 「受け入れOK」 であるというサインとしてフェロモンを出す。
オス犬は、そのフェロモンを感知して交尾に及ぶのである。



つまり、メス犬からフェロモンが出ていなければ、オスもそういった行為に無理やり及ぶことようなもない。

逆に、交配させるつもりもないのに、オス犬をヒート中のメス犬と一緒の空間にいさせることは、オスにとっては拷問のようなものなのである。



20120908_子作り合宿5

ということで、今回はモカちゃんのヒート時期から獣医師さんに排卵日を予測してもらい、その日にピンポイントで真熊を預けたのである。


では、レポートに戻ろう―――



 モカがケージに入ってると、まぐちゃんはうろうろしたり、側で寝たり。
 それを見てると仲良しだなぁ。とほのぼのするけど、ゲージから出すと
 豹変するんだよねぇ。

 2匹で寄り添ってラブラブするところを想像してたけど、そういうのは
 甘い考えだったんだね。


20120908_子作り合宿6

 まぐちゃんのかわいい処は、ワタシのところにトコトコ寄って来て、ちらっとこっち見て、
 ちらっとモカを見て 「モカちゃんを出してくださいよー」 と訴えるところ。
 「モカはダメだよー」って言うと、ぐれの処に訴えて、断られるとおとさんのところに行って、
 結局諦めてモカの側で待ってるの。

 21時45分頃 3回目終了。
 2匹共かなり慣れてきました。ワタシも補助慣れたけど、でもやっぱり鳴き声を聞くと
 切なくなってくる。

 まぐちゃんもちょっと余裕が出てきて、モカが鳴くと宥めるように足をなめたりして
 あげてるの(届く範囲が足しかないから)。

 そうそう、ふたりがそろそろ離れる頃合いがわかって来ましたよ。
 始めはバラバラだった呼吸が、どこからか合ってくるの。
 そうするとしばらくして終了。
 なんかおもしろい。



オスとメスを一緒にしておけば、勝手に子供を作ると思われがちだが、計画的な交配というのは神経を使うのである。
ということで、次回へつづく。




では、本日も―――

20120908_赤子バナー

毎晩たれれんさんが送ってくれる真熊&モカちゃんの子供たち画像。
俺はこれを見て、一日の疲れを癒しながらニヤニヤしているのだ。



20120908_赤子たち1

犬も猫も、幼ければ幼いほど節操がない。
平気で寝ている兄弟の上に乗って暖を取る。



20120908_赤子たち2

乗られている方にとっても、心地よい重みなのだろうか。
とくに振り下ろすようなこともしない。



20120908_赤子たち3

そして、驚くほど無防備。



20120908_赤子たち4

防衛本能などは、いつになると芽生えてくるものなのだろうか。



そこへ、母親登場。


20120908_赤子たち5

出産当時は、この先どうなることかと思われたモカちゃんも、今ではすっかり母親の顔に。



20120908_赤子たち6

育児も完璧なようだ。



20120908_赤子たち7

お尻を舐めて排泄を促す、犬や猫の親がする授乳と同じくらい大切な行為。
いい顔してるぞ、モカちゃん!




何回でも行為に及べる真熊と、そうでもないモカちゃん、そして赤子たちに―――


 少しでも癒されたら 「ポチ」 して帰るように♪

 俺も早く見たい、抱きたい、頬ずりしたい!
 お腹に耳当てて心音を聞きたい!


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!



【今日の一言】

では、俺が局長を務める 「とある組織」 の活動まで、もう少し寝ようかしら・・・・・
 

| 真熊のお泊り | 16:25 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ