FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

田舎から帰宅後の抱擁

皆さま、こんにちわ。

ついに夏休みが終わってしまいました。 局長です。
今年は1日だけ有休を取ることで大型連休になる素敵な暦でした。



――― さて、だらだら続いていた “千葉の両親宅” レポートも本日でようやく最終章。


たった一泊二日の滞在だったが、それなりに充実していた田舎ライフ。
動物たちも、いつもと違った環境で刺激的な時間を過ごせたことだろう。


20120820_大原1

中でも人が集まるキッチン周りが特ににぎやかだった。



にいなも、夜になってようやく寿喜から爪研ぎをゲットできていた。


20120820_大原2

ひとしきり爪を研ぎまくっていた。
ちなみに寿喜は “小坊主” に体をこすり付けて、毛まみれ攻撃を仕掛けていた。



20120820_大原3

小僧” も俺も一泊だけの予定なので、夜は花火をすることにしていた。



ということで、庭先でこじんまりと花火大会。


20120820_大原4

田舎の夜は、辺り一面真っ暗なので、花火の光がよく映える。



この翌日の夜、23時頃に親父宅を発った俺たち一行は、高速道路から首都高を乗り継いで、深夜1:30に自宅へ到着。

すると、どうだろう―――


20120820_大原5

あまりの疲れのためか、2匹が寄り添って寝ているではないか。



横から見るとこう。


20120820_大原6

寿喜がにいなを枕にしている感じだ。
いつもなら、“天敵センサー” が鋭く感知して寿喜を跳ね除けるにいなだが、もはやそんな気力も残っていなかったようだ。



さらには、もっと衝撃的なことが―――


20120820_大原7

にいなが寿喜を抱きかかえ始めた。
夢の中でメス猫でも抱いていたのだろうか。



すると、寿喜も無意識の中で体を回転させてにいなに甘える。


20120820_大原8

微笑ましいぞ、キサマら。



しかし、目尻を下げたのも束の間。
眠りの中でも理性は働くのか、これまた無意識の中で寿喜に背を向けるにいな。


20120820_大原9

もはや本能的なものか・・・・・



結局、それから5分もすると―――


20120820_大原10

いつもの2匹の距離感に。
なんだったんだ、ひと夏の思い出づくりだったのか・・・・・



ほんの一瞬だけど微笑ましさを見せてくれた猫ども2匹に――


 ナイス抱擁!の 「ポチ」 を是非♪

 にいなにとっては抱き枕感覚での
 抱擁だったのだろう・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!



【今日の一言】

今日から社会復帰・・・・・
気が重い、憂鬱である。
 

| 真熊お出掛け | 06:24 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |