FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

千葉の田舎からのレポート

皆さま、お待たせしました。

千葉は房総半島の下側、海沿いの片田舎から局長です。
陽は照っているものの、驚くほどカラッとしていて心地よい暑さです。



――― さて、千葉の両親宅からの田舎暮らしレポートを。


いろいろやってて出発が遅れてしまい、ここへ着いたのは昨日(15日)の早朝5:30。
動物たちと大荷物を運び入れ、ビールを2本ほど飲んで一息ついた後は、死んだように眠りに就き、昼過ぎに目覚めたところで甥っ子たちがやって来た。


20120816_大原1

真熊は海沿い特有の涼しさに、心地良さそうに縁側でくつろぐ。



甥っ子たちは、“義兄” に連れて来られるも、義兄はそのままサーフィンへ。
夜はサーフエリアで一泊して、翌朝も早朝から波に乗ってから、14時頃に “小僧” のみ迎えに来るそうな。


20120816_大原2

小僧は部活の夏練があるため一泊しかできないらしい。
中学生も大変だ。



小坊主” はそのまま一週間ほど滞在して、“” に迎えに来てもらうらしい。
ということで、今回は “チワワのチーちゃん” は来ないので、真熊も平和に過ごせそうだ。


20120816_大原3

そんな昨日は、“親父” を含めた4人で買い物へ行って、風に当たりながら昼寝をして、カニを2.5kgほど食べて、テレビを見てビールを飲んで寝るという非常にゆったりとした時間を過ごしていた。



しかし、小僧のヤツがおとなしい。


20120816_大原4

中2になって、少し大人になったのか。
いっちょまえにニキビなど作って、気持ち声も低くなっている。

思春期ってヤツか。
俺の中でもセピア色でよみがえる郷愁(ノスタルジー)だ。



さて、真熊以外の動物たちはというと―――


20120816_大原5

にいなは相変わらず小難しい顔をしながら、静かな場所を選んで休んでいる。
幸いにもスプレーはしていない。



寿喜はニャアニャア騒ぎながらも、にいな同様に自分だけのくつろぎスペース(親父の寝室)を探し出していた。


20120816_大原6

以前、にいなを “隣のお婆ちゃん” に預けて寿喜だけ連れて来た時は、非常に怯えてどこかへ隠れたまま出てこなくなり、家族総出で大捜索をしたこともあったものだ。



涼しくなってからは、真熊を外で遊ばせる。


20120816_大原7

敷地が広いから真熊もマーキングし放題だ。
よその犬に上書き保存されることもない。

そう、ここはキサマだけの縄張りだ。
登記上の名義は親父だけど。



さて、お盆ということは、「迎え火と送り火」 という儀式のもと、ご先祖が帰ってくるわけで、供養もきっちり行わなければならない。


20120816_大原8

こんな片田舎に古民家を購入しながら、数年しか住むことができなかった “オカン” よ、お盆の間は心行くまでにくつろいでいってくれ。



千葉でのまったりゆったり生活を優雅に送る俺と動物たちに―――


 くつろぎの 「ポチ」 を是非お願いします♪

 俺も今夜ここを出て自宅に戻ります。
 ほんの二日間だったけど楽しかったっす。


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!



【今日の一言】

桐光学園(神奈川)、行っちまうんじゃないですか? 今年は。
 

| 真熊お出掛け | 13:23 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ