FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

箱犬

皆さま、こんにちわ。

実は、これまでに撮りだめていた画像もネタも、完全に枯渇してしまった局長です。
ストックを作っておきたいものの、梅雨という季節がそうはさせないのです・・・・



――― ということで、画像とネタがなくなって丸腰になってしまった俺。


しかし、そんな時こそ無理やりにでも作ってみせるのが真のブロガー。
過去にも数回こんなシーンを見たことがあるかもしれないが、マンネリにならぬよう少しだけカスタマイズしてお送りしよう。


20120711_箱犬1

箱・・・・・



20120711_箱犬2

犬・・・・・



20120711_箱犬3

箱犬・・・・・



20120711_箱犬4

猫たちの行為を真熊が実演してみることで、猫特有の価値観を共有することができる。

それをすることで・・・・・・
何が起こるわけでもないが、なんとなくやらせてみた。



すると―――


20120711_箱犬5

自分の聖域を侵されたと勘違いしたヤツがやって来た。



箱の向きを間違えて使っているような適当さのくせに、他人(猫・犬)に使われると急に所有権や思い入れを主張してくる寿喜。


20120711_箱犬6

猫は猫で大事にしているらしい、この箱を。(寿喜だけだが…)
放置しているように見えたんだがな。



一方 ―――


20120711_箱犬7

そんなことはお構いなしで、ひとまずこの自ら望んだわけではない状況でも自分なりに楽しもうとしている真熊。



がしかし、狭い場所になんら魅力を感じないところが、猫との決定的な違いらしい。


20120711_箱犬8

できれば、一刻も早くここから出たいようだ。



その真熊の後方には ―――


20120711_箱犬9

箱の価値を理解できていない真熊に対し、不信感を募らせているもう一匹の猫が。
でも、「代わって」 とお願いすることだけはプライドが許さないらしく、常に背を向けている。



よし、犬だけど 「猫に小判」 的な印象を猫たちに与えてしまっている真熊は、もう箱から出ていいぞ!


20120711_箱犬10

すると、勢いよく箱から飛び出す真熊。
猫から見たら贅沢極まりない行為らしいぞ? お前。


いやはや、箱一つとっても価値観の違いをまざまざと見せ付けられた夜だった。




好きこのんで自ら小さな箱に入るつもりなど毛頭ない真熊に―――


 それでもナイスイン!の 「ポチ」 を是非♪

 ヤマト運輸ではなく佐川急便の箱だとしても
 結果は同じだっただろう・・・・ 当たり前だ!


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

今日は週の真ん中、水曜日。 真ん中モッ・・・・・・
よくこんなことを女子高生だったおニャン子クラブに言わせてたな、当時のフジテレビ。


【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー
 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN』"
 

| 真熊 | 07:27 | comments:55 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |