FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

朝のあくび三昧

皆さま、こんにちわ。

7月の局長です。
一年の折り返し地点を通過したばかりの男です。 (みんなそうだけど)



――― さて、少し前の週末のお話・・・・ってほどでもない、単なる真熊の様子。


これまでも同じようなことを数回綴ったような気もするが、我が家の真熊は犬のくせに、父に似て非常に朝が弱い。


20120703_朝の散歩1

普通の犬なら散歩に連れ出せばヨダレを垂らしながら喜びそうなものを、コイツの場合は目もボタンホールのように小さくなり、表情も憮然とした感じになってしまう。



こっちだって、もっとゆっくり寝ていたいところを、やっとの思いで起きて散歩に連れて行ってやってるというのに、むしろ迷惑な顔をされている。


20120703_朝の散歩2

まったくもって理不尽な話だ。



そんな、のび太がメガネ外した時のような目をしてないでキリッとしろ。


20120703_朝の散歩3

とにかく早いとこチッチ(放尿)とウンウン(脱糞)してしまえ!



家を出て、すでに10分近く歩いているにも関わらず、未だに目が覚めない真熊。


20120703_朝の散歩4

・・・・・・堕落の極みだ。

こんなショボショボの目をしながら嫌々散歩して、さらには途中で大あくびをする犬なんているのだろうか。



そんな怠惰なぐうたら犬を連れてやって来たのは “近所の公園” 。


20120703_朝の散歩5

少し前に来た時と比べて、花壇が驚くほど整備されているではないか。
どうしたのだというのだろう、思い出したかのようにキレイにされて。



さすがに、これだけ美しい花々を見ると、ぐうたら犬でも心が洗われるのか、ボタンホール級の小さな目が急にパッチリと開き出した。


20120703_朝の散歩6

“美しいもの” とはスゴイものだ。
睡魔にもがく怠惰な犬を、こんなにも一瞬で覚醒させてしまうなんて。



・・・・・・って、あれ??


20120703_朝の散歩7

目がパッチリ開いたのは、気のせいだったらしい。

というか、ここまで緊張感のない大あくびもそうは見れないと思うぞ。
本当に犬か? コイツは。
背中にチャックが付いてて、小さなオッサンでも入っているんじゃないか?



20120703_朝の散歩8

昨日も10数時間ほど寝ただろ!
なんら疲れることしてない分際で何様のつもりだ、キサマ!




ポメラニアンとは堕落した犬種なのかと誤解を与えてしまいそうな真熊の行為に―――


 気合い入れろ、細目!の 「ポチ」 を是非♪

 きっと、よそ様のポメラニアンはもっと
 毅然とした散歩をしていると思います・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

では今日も小銭を稼ぎに行ってきやんす・・・・


【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー
 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN』"

| 真熊 | 01:35 | comments:37 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |