FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

真熊の単身お泊りツアー 2012夏[1]

皆さま、こんにちわ。

週末も体力を使い過ぎて、月曜日からいきなりグッタリの局長です。
でも、オリンピック選手に比べたら大したことない疲れです。



――― さて、先週末の金曜日、すなわち7月27日の朝のお話。


いつものように仕事に出掛ける俺だったが、一つだけいつもとは違うことがあった。
それは、車の助手席に真熊を乗せているということだ。


20120730_チップ家へ1

ここ最近、朝の散歩でも目がパッチリしていた真熊だったが、この日は魔法が解けたというか、メッキが剥がれたというか、いつも通り目が半開きの真熊がそこにいた。



どこに行くかも分からずに、助手席で少しだけ不安そうな顔を見せる真熊。


20120730_チップ家へ2

体内時計があるのかは分からないが、いつものように仕事へ行く準備をしていた俺が、いきなり自分を抱っこして車に積まれたのだから、何かしらの違和感は覚えていることだろう。



車を走らせること30分、とある一軒家の前に着いた俺たち。


20120730_チップ家へ3

閑静な住宅地の中に、まっピンクに塗られたその家はある。

しかし、この俺の覇気がない顔はなんだ・・・・
目の下に千寿のようなクマがあるではないか。



そのピンクの家の窓からこちらを見つめる視線が一つ。


20120730_チップ家へ4

当ブログでしょっちゅう見る顔・・・・・
「日本一どん臭いパピヨン」 “チップ” だ。



そう、この日の俺は、仕事前に真熊をチップ家に預けに来たのだ。
すなわち、「真熊の単身お泊りツアー」 を決行しようというわけだ。


20120730_チップ家へ5

実は、金曜日の夜から泊まりで出掛ける用事ができてしまった俺。
あちこちに真熊のお泊りを打診していたものの、平日という条件がネックとなり、受入先が見つからなかったのだが、ダメ元で頼んでみたチップ家が快くOKしてくれたのだった。



犬のいる家でのお泊りツアーは過去にない。


20120730_チップ家へ6

今回は不安もあるが、真熊にとって恒例にもなりつつある当企画に一石を投じることができるのではないかという期待感もある。



この日の朝は、諸々の準備でドタバタしていたこともあり、まだ散歩に行けていなかった。


20120730_チップ家へ7

ということで、預けるや否やそのまま散歩に連れて行ってもらう真熊。
毎週のように顔を合わせている人が相手なだけに、まったく緊張感の見られない顔だ。



散歩から帰り、ようやくチップとちゃんとした対面。


20120730_チップ家へ8

自分の家に真熊。
カートに乗られるだけでなく、ついに家の中まで浸出してきた真熊に、いまいち状況が飲み込めず明らかに困惑しているチップ。

申し訳ないがチップよ、これから二日間、真熊と仲良くやってくれよ!


ということで、明日以降のお泊り本編に乞うご期待!




例によって色んなご家庭に預けられるホームステイ犬・真熊に―――


 レッツお泊り!の 「ポチ」 を是非お願い♪

 犬のいる家に泊まるのは初めての真熊。
 一体どんな二日間になるのやら・・・・


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

ついに 「Jcom」 の放送も終わった。
誰か録画した人いませんか?


【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー
 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN』"
 

| 真熊のお泊り | 01:32 | comments:61 | trackbacks:0 | TOP↑

前へ≪ PREV | PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ