FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新潟からのご来店

皆さま、こんにちわ。

今日は職場で大きなイベントがあり、その準備に追われているため完徹(完全な徹夜)になることが決定した局長です。
眠いです・・・・・



――― さて、昨日で終わったと思われた久しぶりの “大きな公園” レポート。


実は、まだ続きがあったのだ。
公園の入口まで戻っていた我々は、バイクに乗って帰路に就くべく準備をしていると、ドッグカフェ 『Smiley Smile』 の店長から電話での呼び出しが入った。

とりあえず、急ぎ駆けつける俺たち。


20120604_新潟からのお客1

なんと、このブログの読者さんが、遠く新潟からいらっしゃったとのこと。
それは放ってはいけない。



ということで、遠く新潟から2名様がご来店。


20120604_新潟からのお客2

お帰り間際の会計の時に初めて 「新潟から来た」 とカミングアウトしてきたらしく、「それならせめて」 と店長さんが急ぎ俺を呼んだらしい。



駅からも決して近くないこのお店に、タクシーまで使ってやって来たとのこと。


20120604_新潟からのお客3

あらかじめ言っていただけたら、もっと早くからスタンバイしていたものを。
いやはや恐縮でやんす。



真熊よ、そのお二人はキサマのことを日々応援してくれている善意の人たちだぞ?


20120604_新潟からのお客4

分かっているのか、いないのか、とりあえず抱っこして遊んでもらえることに喜んでいる模様。

こうして、俺の到着から10分もしないうちに、新潟への帰路に就いたお二人。
お名前すらお聞きせずに終わってしまった。

とにもかくにも遠くから有り難うございました。



すると、ほぼ入れ違いのようなタイミングで、えらく肝っ玉の据わったチワワがやって来た。


20120604_新潟からのお客5

シャーベット” だ。
どこぞのチワワと違い、何かに怯えることもなく常に堂々としている子。



しかしこの日は、俺の疲れきった体を、骨の髄から癒してくれるような新しいキャラクターが一緒にやって来ていた。


20120604_新潟からのお客6

この子だ。
名前は 「アロマ」 。

ひと月半前に、ブリーダーさんから受け取った帰りというタイミングで、この店内で会ったことのある子犬が、
いつの間にやら 「小さいシャーベット」 のような出で立ちに成長していた。



20120604_新潟からのお客7

真熊もその小ささと、子犬特有の乳臭さに興味津々な様子だ。
一方のアロマは、この黒くて無駄な勢いのある毛もくじゃらに、少し困惑している。



20120604_新潟からのお客8

違うぞ!
シャーベットが増えたわけではないぞ。 弟だ。



そんなアロマに心の奥底から癒されていると、お馴染みのメンバーたちも来店してきた。


20120604_新潟からのお客9

この日は夜に少し用事があったので、ここへ来る予定はなかったのだが、結局いつもの感じになってしまった。
その続きはまた明日。




オセロゲームだったら、白2匹に挟まれた時点で白にならなければならない真熊に―――


 真っ黒な 「ポチ」 を是非お願いします♪

 しかし子犬ってのは無条件で可愛い
 魔性の存在だ。真熊の幼少期を思い出す…



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

とりあえず今日のイベントさえ終われば、精神的には少しラクになるのだ・・・・


【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー
 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN』"

| ドッグカフェ | 04:14 | comments:76 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |