FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今にも眠りに落ちそうなポメラニアン

皆さま、こんにちわ。

花金に予定もなく、遅くまで仕事をするであろうことが今から決定している局長です。
24時間戦えますか? ビジネスマン。 by 牛若丸三郎太 (アラフォーなら分かるネタ)



――― さて、実は昨日綴った日曜日早朝のお散歩には、まだ続きがあったのだ。


俺の徹夜明け、早朝6時に散歩へと連れ出された真熊は、ボタンホールほどしか目が開かないくらい眠気を引きずっていた。


20120601_早朝1

朝日を浴びながら玄関先の石畳で眠る猫をバックに、極度に目の小さなポメラニアンを撮影。

黒いポメラニアンの存在を知らない人にとっては、今のコイツの姿はどう写るのだろうか。
「極小チャウチャウ」 って感じだろうか。



このまま家に向かうのも味気ないので、とりあえず “近所の公園” へ。


20120601_早朝2

当然、誰もいない。
中国のような太極拳に興じる人もいなければ、お約束の 「早起き老人」 すらいない。



さすがに、これでは真熊にとって拷問の如きつまらなさになってしまう。
そこで、とりあえずすべり台のテッペンまで乗せてみた。


20120601_早朝3

残念ながら、自ら滑る勇気はないらしい。
「えぃっ!」 って背中を押しちゃいたくもなるが、下手すりゃ虐待にもなりかねないのでグッと我慢。



20120601_早朝4

いや、うっかり人に見られたらおかしなオッサンに思われるだけだから。



こんな感じで、公園を満足に楽しむことすらできない俺たち。


20120601_早朝5

もはや 「すみやかに帰宅」 することしか選択肢はないのかもしれない。



それじゃぁ帰るか、真熊よ。


20120601_早朝6

なぜだか追われるように公園を後にする我々。



いざ、歩く方向が自宅へ向いていると分かると、途端に真熊の表情も笑顔に変わる。


20120601_早朝7

普段は散歩が大好きな真熊も、この日はよほど眠かったのか、とにかく帰りたがる。
この早朝散歩の中で、ようやく見せてくれた笑顔だ。



20120601_早朝8

はいはい、向かってますから、家に。
もう少し我慢せぃ。



そして、我が家へ到着。


20120601_早朝9

め、目が・・・・・

自宅に着いた安堵感からか、表情は笑っているものの、もはや目はボタンホールくらいに開くことすら適わなくなってしまったらしい。

危ない犬みたいに見える。




結局、家の中にに入るや否やバタンキュウで深い眠りに就いた真熊に―――


 おやすみグンナイ!の 「ポチ」 を是非♪

 結局このまま俺と共にお昼すぎまで熟睡した
 眠り犬。何も疲れることはしてないはずだが。



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

では、今日もお仕事へ。 花金だし、テッペン越えだけはしないようにせねば・・・・


【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー
 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN

| 真熊 | 07:45 | comments:47 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |