FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

チューリップとモルヒネ

皆さま、こんにちわ。

GW後半戦が始まりましたね。
初日からソファで目覚めた局長です・・・・



――― さて、だらだらと続けている昭和記念公園いきなりレポート。


ほんの2時間前に “チップ” 家からの誘いを受けて、あれよあれよという間に連れて来られた昭和記念公園。
それでも、ビールやおつまみを振舞われるVIP待遇に酔いしれていた俺。


20120503_チューリップ畑1

真熊は、チップと共にパパさんと辺りを散策に出掛けたりしていた。



ひとしきり遊んだ後は再びシートの上でゆっくりし、小一時間ほど休んだ後、再びチューリップ畑を目指すこととなった。


20120503_チューリップ畑2

おぅ、十分に体力をチャージしたからには、ひたすら歩くぞ!



荷物をまとめて、再びサーカス団のような旅を続ける我々一行。
すると、ほんの15分程度で目的地に到着した。


20120503_チューリップ畑3

なんだ、こんなに近かったのか・・・・



ピークは少し過ぎているかもしれないが、それでも色とりどりに咲き乱れるチューリップ。


20120503_チューリップ畑4

行ったことはないが、さながらオランダを思わせる風景だ(…と思う)。



しかも、地面は木のチップで覆われていて、柔らかなクッションのようになっている。


20120503_チューリップ畑5

管理の行き届いている昭和記念公園。
さすが国立公園。



こうして、チューリップに覆い尽くされた見事な景観を暫し楽しむ我々一行。


20120503_チューリップ畑6

すると、そんな気分をぶち壊すような園内放送が流れ始めた・・・・・



「当公園は、あと45分で閉園時刻となり、すべてのゲートが封鎖します。
 ご来場のお客間は出口へお急ぎ下さ~い」


20120503_チューリップ畑7

有無を言わさず時間ピッタリに締めるぞ!というニュアンスだった。
この辺はお役所仕事なのか。



やむを得ず、きれいなお花を楽しみながらも出口へと歩を進めることにした我々。


20120503_チューリップ畑9

必要以上におどおどしたヤツもいるが、とにかくこの公園は至るところ植物に覆われている。
いい環境である。



チップはまったくと言っていいほどお花に興味を示さないが、打って変わってママさんのテンションはガチ上がりだ。


20120503_チューリップ畑8

ちなみにチューリップ畑到達を成しえた我々は、またもチップのママさんリクエストにより、今度は名も知らぬ紫のお花を探し歩くハメになっていた。



ママさんの断片的な記憶によると・・・・・

「う~~ん、“モルヒネ” みたいな名前のお花なんだけどなぁ~」


20120503_チューリップ畑10

モルヒネ?
鎮痛作用でもあるのだろうか。

結局この紫のお花はモルヒネ系の名前ではないことが判明し、諦めて出口へと向かうことに。



途中、トイレに寄りたくてチップのパパさんに真熊を預けていると・・・・・


20120503_チューリップ畑11

チョコも預けられていて偶然にも3匹が一同に会していたのだが、それぞれの待ち姿があまりに異なっていて面白い。

おどおどしたヤツ、ピクリとも動かないヤツ、緊張感のないヤツ・・・・


そんなこんなで、よその犬ファミリーと一緒にお出掛けしたことも、カートに乗ったこともない我々親子にとって、とても楽しいお散歩であった。
また誘って下さい♪




わずか2時間強の滞在時間ながらも、けっこう満喫できた我々一行に―――


 ナイス記念公園! 「ポチ」 を是非お願い♪

 次回はドッグランにでも遠征しましょう!
 もしくはキャンプとか♪



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

これから犬を飼い始めたばかりの友人ファミリーと共にスマイリーに行ってきます!




【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー
 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN

| 真熊お出掛け | 12:19 | comments:59 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ