FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

小型犬では物足りない?

皆さま、こんにちわ。

とくにお出掛けもできずに平凡な三連休で終わってしまった局長です。
今日から再開する日常生活がとても気が重いです。



――― さて、一昨日からのつづき。 千葉の両親宅からの帰りによったドッグランレポート。



「ビッグワン広場」 という大型犬が集まるエリアで遊んでいた真熊だっがた、せっかくこの広大な施設に来たんだしといういうことで、とりあえず小型犬広場にも行ってみた。


20120110_小型犬エリア1

お出迎えしてきた犬のサイズの違いにいきなり衝撃を受ける真熊。



まるで真熊が大きくなったのではと錯覚してしまうほどのスケールの違いだ。


20120110_小型犬エリア2

ひとまず犬式挨拶で互いのニオイを確かめ合ってみる。



キャンキャンと吠えまくる子もいるが、基本的にはみんな大人しい。


20120110_小型犬エリア3

体力を持て余すこともないので、走り込みに付き合ってくれるような子もいなそうだ。



何より、チワワとトイプードルの比率が圧倒的に多い。


20120110_小型犬エリア4

体育会系の真熊には、ちょっと物足りない空間のようだ。



――― ということで、再び 「ビッグワン広場」 へ出戻り。


20120110_小型犬エリア5

今度は、第一ラウンドでは絡まなかった秋田犬がお出迎えをしてくれた。



でも、さっきのセントバーナードやボーダーコリーのようには遊んでくれなかった。
ちょっと落ち着いた感じの子だ。


20120110_小型犬エリア6

その代わりに 「くるぶしソックス」 みたいな模様のある黒い大型犬が犬式挨拶に付き合ってくれて、ひとしきり互いのニオイを嗅ぎ合う。



大型犬ばかりの空間でやたら大きな顔をしている真熊は、他の飼い主さんからは好奇の目で注目を浴びていた。


20120110_小型犬エリア7

こうして、少し遅めの15時過ぎに到着した 「すいらん」 というドッグランで、約一時間半ほど夢中で走り回った真熊。
陽も落ちかけ、ずいぶんと寒くなってきたところで再び帰路に就くことにした。



帰りの首都高は、Uターンラッシュとモロにぶつかってしまい大渋滞・・・・


20120110_小型犬エリア8

しかし、見事な夕焼けを堪能できた。



完全に夜になってから六本木周辺に差し掛かると、東京タワーの電光表示が時刻ではなく 「2012」 となっていた。
そうだ、年が明けたのだった。


20120110_小型犬エリア9

今までご苦労さま、東京タワー。


ということで、読者リクエストに応えるためにやって来たドッグランだったが、真熊は思いのほか楽しんだようで、帰りの車ではグッスリと眠ってしまっていた。

こうして、俺の年末年始休暇は幕を閉じた。
2012年もたくさんお出掛けしましょう、真熊よ。




もはや小型犬エリアでは物足りなくなってしまった体育会系の真熊に―――


 ナイス根性!の 「ポチ」 を是非お願い♪

 愛玩犬ではなく牧羊犬として生まれて
 くれば良かったのに・・・・
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!





【今日の一言】
では、大急ぎで支度して仕事へ向かいます!



【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー

 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN

| 真熊お出掛け | 07:46 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |