FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊の単身お泊りツアー 2011秋

皆さま、こんにちわ。

TBSドラマ 『南極大陸』 、もう俺にはこれ以上観ることはできないようです。
悲し過ぎて観るのが辛い、今から50年以上も前にこんな酷いことがあったなんて・・・・



――― さて、昨日のつづき。


実は、のっぴきならない事情があって、11月初旬の週末に俺は旅行へ出掛けた。
それに伴い、(例によって)真熊を誰かに預かってもらう必要が生じたのだった。

今回、白羽の矢を立てたのが、俺の職場の後輩に当たる “カディ” である。


20111128_単身お泊りツアー1

過去に二度、「真熊の単身お泊りツアー」 を受け入れてもらっている人畜無害な人材だ。

では早速だが、カディによるレポートを原文ママで紹介しよう。
青文字がカディによるレポート




 マグマ日記

 久しぶりにマグマがウチにやって来た。


20111128_単身お泊りツアー2

 前回来た時は地震の直後という事も有り、あんまり可愛がってあげられなかったが、
 今回はとことんいじり倒してあげようと思う。



 初日
 予想を遥かに超える可愛さだ。


20111128_単身お泊りツアー3

 最近 「可愛いは正義」 という言葉を良く耳にするが、正にその通り!
 マグマも良く分かっているのか、おなかを見せて愛想を振りまいている。



 そういえば、以前我が家でも、コロという犬を飼っていたが、こんなに可愛くは無かった。

20111128_単身お泊りツアー4

 13年近く生きて、最後は首輪が抜けて逃げ出したまま戻って来なかった・・・
 もう20年も前の話になるが、今も元気に金色の草原を走り廻っているのかも・・・



 そんなポエミーな事を考えている傍、○○(局長)さんはソファーで 「バカボンド」 を
 読みあさっている。



20111128_単身お泊りツアー5

そう、「バガボンド」 を小一時間にわたり読み漁ってしまった。



だって、マンガ専用の書庫のような部屋に、かなり高性能のマッサージ機が置いてあって、
この上ない快適且つ贅沢な環境で読めるのだもの。


20111128_単身お泊りツアー6

ちょうど肩の負傷で通っている病院にも 「バガボンド」 が置いてあって読んでいたので、
その続きを思わぬ場所で楽しめることとなってしまった。




 ○○(局長)さんが帰る時にも、全く淋しそうにしないマグマ


20111128_単身お泊りツアー7

本当にコイツは、悲しがることも、「クゥ~ン」 と鳴くことも、あとを追いかけてくることもなく
普通に俺を見送りやがった・・・・



20111128_単身お泊りツアー8



 就寝の時間になって、ふと前回のことを思い出す。
 小屋に入れたら、普段大人しいマグマが寂しそうに泣き出したのだ。


20111128_単身お泊りツアー9

 だがしかし、今回はまったく泣かない。



 結局マグマは真っ暗になるのが嫌だった模様。


20111128_単身お泊りツアー10

 なんだかなーと思いつつ、おやすみマグマとつぶやく。



お泊りツアーの最中は、なんのかんの言いつつも真熊の様子が気になってしまうものだが、
こうして終わってからカディの写真を見てみると、なんら心配などいらなかったことを毎回
痛感する・・・・・


ということで、明日もつづくよ!




俺が帰ってからの方が、むしろ全開でカディ邸を楽しむ薄情な真熊に―――


にほんブログ村へ 人好きバンザイの 「ポチ」 を是非♪

 たまには嫌がらせ的にペットホテルにでも
 預けてやろうかな・・・ 真熊のヤツめ。
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!





【今日の一言】
ズバリの 『南極物語』 世代の俺は、「南極大陸」 でこの先に起こるの悲劇を知っているので、
もうこれ以上は観れる自信がない・・・・・




【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー

 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN

| 真熊のお泊り | 00:12 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |