FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サザビーとのツーショット撮影敢行

皆さま、こんにちわ。

晩年の沖田総司のように咳ばかりしている局長です。
アバラにヒビがいったようで、ミシミシと痛みます。



――― さて、10/9(日)に開催された 『その後のサザビー』 オフ会レポートのつづきです。


参加メンバー一同が円になって自己紹介をした後、主役のサザビーは用意された
キャンプチェアでくつろいでいた。


20111026_ツーショット撮影1

これは、サザビーとのツーショット撮影のチャンス!

と思ったのだが、参加者みんなが同じことを考えていたらしく、このチェアの
周りはしばらくの間、高そうなカメラをもった人たちに囲まれていた。



その人の波がようやく去った頃、満を持して真熊をスタンバイさせる。


20111026_ツーショット撮影2

状況がイマイチつかめていない真熊と、満面の笑みを浮かべるサザビー。



サザビー、歳はとったもののキラースマイルは健在である。
美しい笑顔だ。


20111026_ツーショット撮影3

真熊も同じ方向を向いている。
2匹ともなかなか俺のカメラに目線を送ってこない。

実は、この視線の先にはサザビーのパパ、羊Yさんがいる。



こんな感じでツーショット撮影を行っていたのだが、俺はあることに
気付いてしまった。

サザビー、真熊の存在に気付いてない・・・・・


20111026_ツーショット撮影4

去年のように絡んでくることもないし、プレッシャーもかけてこない。
というか、驚くほど真熊のことが眼中にないらしい。



仕方ない。
いずれサザビーも俺のカメラに目線を向けるだろうから、それまでお前は
カメラ目線を送り続けろ。

よし、カメラ! (← “カメラ目線よこせ” の意味)


20111026_ツーショット撮影5

そうだ、そのまま目線ホールド!

しかし、この後サザビーが目線をくれることはなかった・・・・・
この真熊の姿、まるで女帝に傅(かしず)く衛兵。



こんな感じで去年のような極端なツンデレ具合もなく、終始穏やかなサザビー。


20111026_ツーショット撮影6

真熊のことなんて、まったく興味がないのね・・・・



ちょっぴり虚し過ぎるな、真熊よ。


20111026_ツーショット撮影7

背中の 「誠」 が泣いてるぜ。



その後、出会ったのは彼。
ペッツくん。


20111026_ツーショット撮影8

このブログにも何度かコメントを入れてくれている “ペッツはは” さんの犬だ。

彼もまたビックリするくらいのシャイガイで、どうしても真熊とこれ以上距離を縮めることが
できなかった。



20111026_ツーショット撮影9

なんか、このままじゃ拍子抜けだな。
どうにかしてお前の存在を認知させるしかないぞ。

まぁ、時間はたっぷりある。
じっくり攻めていこうぜ。




去年とは打って変わって、サザビーにまったく相手にされない哀れな真熊に―――


にほんブログ村へ 同情の 「ポチ」 を是非お願いします♪

 真熊、真っ黒なのに影が薄いのかな・・・・
 けっこう目立ついでたちだと思うんだが。
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!





【今日の一言】

マイコプラズマ肺炎の経験者の方、
咳ってこんなに続くものですか? 止まりません・・・・・



【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー

 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN

| オフ会 | 04:09 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |