FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いざ急患へ・・・・

皆さま、たくさんの応援とコメントをありがとうございます。
ご心配をお掛けして申し訳ございません。



――― 昨夜から今日までのコメント欄を騒がしていた通り、“” がやってきた。


夜から早朝にかけて咳が激化する俺は、朝にはもはや体力は残っていない。
それもあって、ウチに着くや否や真熊の散歩に出掛け、動物たちのゴハン、掃除、洗濯、
料理に奔走していた。

その間俺は、2階の寝室でピクピクかろうじて動いていた。


その後、発症から10日が過ぎようとしているのに、まったくもって熱が下がらないのは心配
という話になり、そこそこ大きな病院の急患に電話して事情を話してもらい、結果、これから
診てもらえるということになったので急ぎ向かった。


20111016_急患1


レントゲンを2カット撮り、血液検査の後、点滴を2時間・・・・・

うっかり丸腰で入ってしまったため、2時間やることがない挙句、咳が出るので眠れもせず、
ここでも生き地獄を味わった。

とはいえ、迷わず点滴をしてもらえたことは良かったと思う。



帰宅後は、姉が作ったうどんを食す。
ニンニクや野菜、肉、卵など具沢山で、明日以降も麺だけ入れて湯がけばいいだけにして
くれたので助かる。

その他にも、90秒で解凍できるマカロニを投入すれば出来上がりの野菜スープを。

ここ最近、バナナとヨーグルト以外の固形物は一切食べていなかったので、お腹だけでなく
五臓六腑にまで染み渡る味だった。



20111016_急患2


とりあえず明日以降の食べ物にも苦労しなさそうだし、夜中の発作さえ何とか
乗り越えれば、あとは皆さんが言う通り時間が治してくれるのだろうか。

そうそう、24時間咳をし続けている俺の腹筋は、もはや筋肉痛を通り越し、吊る
寸前まで来ている・・・・・

今日の医師も言っていたが、やはり劇的に良くなることはないようで、咳はある程度
続いてしまうのは覚悟しておかねばならないらしい。


気が重い・・・・・




にほんブログ村へ お見舞いの 「ポチ」 を是非・・・

 姉よ、丸一日働いてもらってしまい
 本当に申し訳ない。 ありがとう!
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!

| 局長 | 21:11 | comments:51 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |