FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

支援物資の運搬ルート確立?

皆さま、こんにちわ。

地震以来、2度目の週末ですね。
先週と変わったことといったら、民放キー局のテレビ番組が通常通りになったということ
くらいなもので、生活の不便さは何も変わっていません・・・・



相変わらずガソリンも灯油もなく、動物たちは互いに身を寄せ合って暖を取っている。


20110320_寒さ対策1

動物園のサルと同じ原理だ。

猫同士は決してくっつかないが、真熊は必ずどっちかの猫にくっついている。
ちゃっかりした性格だ。



20110320_寒さ対策2
[上から見た図]


さて、明るいニュースも出てきた。

東北の被災地にガソリンや支援物資を届けるべく、日本海側をタンカーや貨物列車で運び、
太平洋側に持ち込むというプランが実施されているとか。

被災地付近の主要な道路は瓦礫の山で交通がままならないため、被害の少なかった
日本海側を利用するという考え。

とてもいいと思う!



20110320_寒さ対策3
[逆側の上から見た図]


ガソリンは、関西近郊の製油工場から運ぶらしい。

関東地方は後回しになってしまいそうだけど、生死が関わっている東北の被災地に
それらが届くようになるのであれば、こんなにいいことはない。



20110320_寒さ対策4
[寿喜は珍しく同じソファの背もたれに・・・・]


さらに、甚大な津波被害を受けた仙台港や釜石港が、一部利用可能になったらしい。
そこからも支援物資が運ばれ始めた。

仙台空港も、米軍機や自衛隊機が離発着できるよう、2本の滑走路だけは使用可能に
なったとか。



20110320_寒さ対策5
[単体では寒さに勝てないらしい・・・・・]


避難所に物資が届くまで丸一週間も要してしまったが、現場の人たちの尽力で何とか
飢えと寒さを凌げる状態まではもってこれたようだ。


自衛隊、消防、警察、役場の人、ボランティアの方々、皆さんに感謝である。



にほんブログ村へ コメント欄は遠慮なく掲示板代わりに
 使って下さい。 安否確認にも交流にも!
 俺も頑張りますので是非 「ポチ」 っと★!



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック
 お願いします m(_ _)m 
 励みになります!






【今日の一言】

ニュースで、東北の被災者や福島の原発からの避難住民が涙ながらに
「ガソリンがなくて避難すらできない」 と訴えている。

路線環境が整っている関東圏の人たちは、それでもガソリンを買い漁りますか?

電車とバスで我慢しましょうよ。
一ヶ月もすれば、供給量も増えるはずですし。




【ドッグレスキュー UKC JAPAN】 のサイトをリンクしておきます。

20110314_UKCJAPAN.jpg

| 日常 | 00:33 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |