FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

山下公園の犬たち

昨日はブログ友達以外からは本当に義理チョコの一つももらえなかった局長です。

「ひょっとしてバレンタインデーって法的に規制が入ったのかな?」
とか現実逃避気味に考えたりもしてしまった。

「よかったら食べて下さい」
なんて言いながら廊下でチョコを渡されたセピア色の高校時代が懐かしい・・・・



そんな俺の心をあざ笑うかの如く、熊猫犬地方は夕方から豪雪に見舞われた。


20110215_大雪1

先週末の雪なんて、むしろ可愛く感じるくらいの降雪量・・・・・
アスファルトも真っ白だ。



車の轍の上を器用に歩いていた真熊だが、途中からはその轍すら消えていた。


20110215_大雪2

さすがに俺も世間体を捨てて、「農スパ」(*)で出撃したほどだった。

*「農スパ」 ・・・・ 農業用スパイク。 つまり普通の黒いゴム長靴のこと。



――― さて、昨日のつづき。


冷たい浜風で体の芯から冷やされた我々は、大桟橋を後にして山下公園まで歩いてきた。


20110215_山下公園1

氷川丸。



その係留している鎖をよく見ると・・・・・


20110215_山下公園0

等間隔で鳩がギッシリ留まっていた。

鳥というのは集団で飛ぶときもV字フォーメーションになったり、独自の距離感を
保つ生き物なのね。



そんなことを考えながら公園内を歩いていると―――


20110215_山下公園2

茶色のポメラニアンに遭遇。

しかし、明らかに波長が合わない模様。
犬もお互いの相性って大きいらしい。



お次は―――


20110215_山下公園11

イタリアン・グレイハウンドだろうか。
フリース生地の 「とっくり」 に身を包んだ細長い犬に出会った。



20110215_山下公園12

お互いに別の生き物を見るような雰囲気で見つめ合う・・・・・

細長い子は温厚な性格らしく、バトルモードに切り替わることはなかった。
いい子だ。



対する真熊は―――


20110215_山下公園13

ひとたび興味がわいてしまうと本当に節操がない。

見て、触って、ニオイを嗅いで。
全身で相手を 「品定め」 する・・・・・



20110215_山下公園14

しばしお互いの 「調査期間」 が続く。



真熊のことをあらかた理解できたのだろうか、細長い子が先に立ち去った。


20110215_山下公園15

名前も性別も聞くのを忘れてしまったが、品のある子だった。
細いけど。

おしゃれな場所がら、こういった気品のある犬を連れてるとサマになるな。
細いけど。



しかし、本当にこの日だけが谷間のように晴れたのね。
金曜日から、雪・雪・快晴・雪・・・・・

忙しい天気だ。



にほんブログ村へ よその子の目には真熊って
 どう写ってるんだろう・・・・
 節操ない犬に是非 「ポチ」 っと★



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック
 お願いします m(_ _)m 
 励みになります!





【今日の一言】

今日は路面凍結やら、通勤にも時間が掛かりそうだ・・・・

にも関わらず、こんな時間になっちゃった。
今から2時間ほど寝ます!

関東に住む人は、くれぐれも通行に気を付けて下さいね~

| 真熊お出掛け | 05:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |