FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

寿喜に洋服を・・・ [前編]

少し前に買っていたチャリティーTシャツが届いた。
それだけのネタで引き伸ばすつもりなんて、まったくなかった。

しかし、天然猫の寿喜があまりにも羨ましそうな顔をするので、話が予定外の方向へ・・・・


というわけで―――


20101211_寿喜に服1

――― 着せてみた。



20101211_寿喜に服2

真熊から 「羅生門」 の追い剥ぎの如くクロスアウト(脱衣)させ、そのまま寿喜に。
にいなの時のそれとは違い、なんら抵抗も見せずに素直に着る寿喜。



20101211_寿喜に服3

毛皮の上から布が密着する奇妙な感触を味わっているのだろうか・・・・
寿喜の動きが完全にフリーズした。

あるいは、捨てられる前の家では衣類を着こなしていて、その感覚を懐かしんでいるのか?
「なめんなよ」 みたいに。  ( ← 分からない若造はアラフォー世代に聞いてみよう! )



20101211_寿喜に服4

そりゃそうだ。
そもそも毛皮を着ている時点で服なんて必要ないんだ。

服を着せられている犬なんて、飼い主のエゴの象徴だ!
( そうさ、真熊に服を着させている俺だってエゴイストなんだ。 でもそんな自分が好きさ! )



当の寿喜は、あまりの違和感に耐えられなくなったのだろうか、ソファから床へ降りて
ぎこちなく歩き始めた。

そこへ―――


20101211_寿喜に服5

赤い旗を見ると興奮マックスで突進してくる闘牛のように、赤い服に身を包んだ寿喜を見て
テンション最高潮で急襲してくる黒い生き物が・・・・・



20101211_寿喜に服6

なんとか真熊の攻撃をやり過ごし、リビングの出口までたどり着いた寿喜。



20101211_寿喜に服7

未だ興奮治まらない真熊から逃げるように、キャットウォークからリビングを
脱出していった・・・・



服を着ることに抵抗しなかったところを見る限り、やっぱり内心は着たかったのだろう。
でも、きっと感想は、「思ったほどいいモノじゃない」 って感じかな。



にほんブログ村へ 服を着ている猫の姿って
 ちょっと滑稽でおもしろい・・・
 そんな寿喜に是非 「ポチ」 っと★
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック
 お願いします m(_ _)m 
 励みになります!




【今日の一言】

今日は故障したプリンターが修理へと旅立つ。
元気になって戻ってくるんだよ?

| 寿喜 | 00:18 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |