熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

千葉弾丸ツアー Vol.3 ~最終章

そう、言うまでもなく一昨日からのつづき―――

昨年末に急逝したオカンの命日に、両親宅まで1泊2日で弾丸ツアーを敢行したレポート
でやんす。



朝に弱いポメラニアン、真熊はこの上ないテンションの低さで事務的に散歩をこなして
いたが、家の前まで戻ってくると、途端に目が覚めたように元気になり・・・・・


20101231_大原1

何かに向かって駆け出した。



20101231_大原2

朝食を済ませた甥っ子どもが外で遊んでいたのだ。



20101231_大原3

さっきまでの眠そうな表情がウソのように、一気にテンションMAXになる真熊。
小坊主と激しい追いかけっこを始める。



20101231_大原4

その後も走り続ける二匹・・・・・ もとい、一人と一匹。

暑くて半袖になる小坊主。
現在、12月28日・・・・

それくらい全力で遊ぶ天然生物たち。



20101231_大原5

ひとしきり遊んで、互いを労い合うことも忘れない。



なんか、こういった姿どこかで見たことあるぞ?


20101231_大原6

あぁ、動物園のサル山だ。
ノミとか取り合う行為だな、確か。



20101231_大原7

4月には小僧も中学生。
早い、早すぎるぜ、月日の流れ・・・・



20101231_大原8

いつの間にやら 「小僧」 から 「少年」 っぽくなったもんだ。



一方の真熊は―――


20101231_大原9

なぜか会心の笑み・・・・・



そして、10:58。
一年前のこの日、オカンの呼吸が止まった時刻。


20101231_大原10

小僧、小坊主、真熊と共に仏壇に手を合わせた。



20101231_大原11

早いもので一年。

親父もよく頑張った。
もよく頑張った。


こうして、無事に我が家の喪が明けた。



にほんブログ村へ これで忌まわしき2009年ともさよなら
 外は白い雪(オフコース)フォーエバー・・・・・
 喪が明けた我が家に是非 「ポチ」 っと★



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック
 お願いします m(_ _)m 
 励みになります!





【今日の一言】

これが年内最後の更新です。
皆さま、一年間ご愛読、誠にありがとうございました。

今年は、「真熊名刺とりあえず送りますキャンペーン」 も未だ終えることが出来ず、
中途半端な形で終わってしまいますが、来年も “毎日更新” を目標に頑張ります。

2011年も 『熊猫犬日記』 を宜しくお願い致します。
 

| 非日常 | 07:48 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ