FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊の単身お泊りツアー 2010夏 -Vol.6 [最終章]

(本当にこれで最後! 7/12からのつづき・・・・)


俺の山梨遠征に伴い、真熊がモスキート邸に 「単身お泊りツアー」 を決行した際の
モスキート(豪腕)によるレポートの続編です。

今日も原文ママでご紹介します! (といってもレポートは少しだけ)



 ついに自らベットに入り眠ってしまいました


 ついに自らベッドに・・・

 もうすぐ迎えが来るからね



 【局長による解説】
 真っ黒で、どこが頭でどこが尻なのか、何が何やら分かりません・・・・
 バッキンガム宮殿(英)の衛兵がかぶってる帽子にしか見えないな。



――― その頃、俺は


余った酒の競(せり)真っ最中

熊猫犬地方に到着したところだった。
宴会用に持っていった酒類の余りを、参加メンバーで 「競り」 していた。

その後、山梨遠征は無事に解散式。
俺は急ぎ自宅へと帰った。
自動給餌器と一緒にお留守番だった寿喜は、元気に生き延びていた。

すぐに隣のお婆ちゃん宅に[にいな]を引き取りに。

「いやぁ、やっぱりお婆ちゃんちは最高だよ~!」
というノリで[にいな]が出てきた。

悪かったな!
我が家は環境が悪くて!



そして、車を小一時間走らせてモスキート邸へ。

「自らベッドに入った」 とレポートにあった真熊は、そのベッドごと抱き上げられて
玄関先に現れた。


玄関先でお迎え

ベッドと真熊を別々に運ぶという作業を簡略化したかったのか、
とにかく効率的な運搬方法を見せるモスキート。
その姿勢を是非、仕事にも活かしてくれ。



そして、真熊備品を車に運び込み、お礼の代わりに山梨土産(ほうとう他)を渡し、
モス父(モスキートの父)にも初対面して深々とお礼を申し上げ(モスキートと似てない)、
真熊を “ベッドごと” 受け取り、俺たちはモスキート邸を後にした。


どうだった?
楽しかったか?


帰りの車の中で

えらい疲れきった感じだな。
二日間、興奮してハシャギまくってたんだろ。


そして、モスキートに改めてお礼のメールを送ると、返事がきた。

 『どういたしまして。
  無事、黒い命を守り抜く事が出来て良かったです。
  私も楽しませて貰いました
  明日、半休羨ましいです。
  ゆっくり休んでください。
  おやすみなさい


そう、俺はちゃっかり午前半休を取っていた・・・・
目ざといぜ、モスキート。



小一時間後、再び帰宅すると―――

にいなと寿喜の小競り合い

 犬猿の仲の二匹がケンカしていた・・・・

 この光景も丸二日見てないと新鮮なものだ。
 それもあって、この日は止めなかった。



――― ということで、前段も入れると実質2週間にも及ぶレポートになってしまった
今回の 「真熊の単身お泊りツアー」 。

長々と読んでいただき誠にありがとうございました。


何より、二日間、マンツーマンで真熊の世話をしてもらったモスキートよ、
ありがとう!


御礼

そこそこ感謝しているぞ!
モス彼、モス兄、モス父にもよろしくお伝え下さい。


皆さま、明日からは普通の 『熊猫犬日記』 に戻りま~す!



にほんブログ村へ 最終話なので、これまで隠されてた
 モスキートの鼻から下を大公開です!
 感想を述べる前に是非 「ポチ」 っと★
 
 


★ そのままの勢いで、もう2クリックお願いします m(_ _)m ★

人気ブログランキング  FC2ブログランキング
 

| 真熊のお泊り | 01:12 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |