熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

千葉・弾丸ツアー [後編]

(昨日からのつづき・・・)


俺が起きて、シャワーから出てくると、真熊が親父と共に散歩から帰宅してきた。


散歩から帰宅

お前は何をエチケットバッグ首から下げてんだ?



そして、真熊の帰宅とほぼ同時に親戚ご一行も到着した。

構成は、オカンの姉が二人。
それぞれの娘、すなわち俺の従姉妹が三人。
そのうち二人の娘さんが三人。

女ばかり計8名。


親戚集合

「愛想」 担当の真熊は、さっそく皆さまからの撮影に対し、カメラ目線で応対する。



――― ちなみに。

まったく必要ないと思うが、今回お越しいただいた親戚のポジションMAPを書いてみた。


オカンの家系図

※従兄弟/従姉妹の番号は、年齢順。
 ちなみに俺は、「従兄弟」 内では一番下で、は 「従姉妹」 内では下から三番目。

今回は、太字で記した方々がお見えになったのだ。



座布団を与えられる

ちゃっかり座布団まで与えられて、完全に会話の 「輪」 に入っている真熊。
ソフトバンクのお父さん犬か!



さて、上のMAPに見るとおり、オカンは6人兄弟の下から2番目に位置する。
そんなこともあって、俺の従兄弟(従姉妹)もほとんどが俺よりかなりの年上となり、
幼少期に一緒に遊んでもらった覚えもあまりない。

でも、今回来た 「従姉妹④」 だけは、他の従兄弟(従姉妹)よりも少しだけ年が近かった
こともあり、いちばん遊んでもらった気がする。


会話の輪の中心に・・・

実は、「従姉妹④」 の姉さんはこのブログでも一度だけ登場している。
>>> 2010年 2月25日の記事 『良いもの??

てゆうか、真熊が普通に会話の中に入っているように見える・・・・



真熊、こっちへのカメラ目線を忘れてるぞ!


カメラ目線も忘れずに

そう、グッジョブ!
いい反応だ!


そういえば大学生の時に、親戚の集まる京都府舞鶴市に祖父母の墓参りに行ったのだが、
十数年ぶりに再会した 「従姉妹⑥」 があまりにキレイになっていて、一瞬だけ
“禁断の愛” に落ちてもいいかも・・・ なんて考えちゃったことを思い出す。



そんなことは、さておき―――

真熊よ、「従姉妹②」 の娘さんに遊んでもらいな。
犬が好きなんだって。


上から目線

お前・・・・
聞き方が逆だろ。
なんで 「上から目線」 なんだよ!



モフモフ?

この後、娘さんは母である 「従姉妹②」 に対し、数十分にわたり
「犬欲しい~」 「犬買ってぇ~」
という交渉を続けていた・・・・

対する 「従姉妹②」 は、
「アンタたちだけで手一杯!」
というカウンターで切り返していた。。。


俺は普段、子供というと、小僧/小坊主という甥っ子としか接していないので、
いまいち女の子とのコミュニケーションは難しいところがあるんだが、
一つだけ確かなことは・・・・・


女の子は非常に可愛い! ってことだ。


にほんブログ村へ 別にロリコン発言じゃないぞ~
 子供つくるなら女の子がいいなって思っただけ♪
 その前に相手!って言う前に 「ポチ」 っと★
 
 


★ そのままの勢いで、もう2クリックお願いします m(_ _)m ★

人気ブログランキング  FC2ブログランキング
 

| 非日常 | 01:02 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ