熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

再びMキック邸へ [前編]

(昨日からのつづき・・・)


シャワーを浴びて身だしなみを整え、向かった先は、以前 『真熊の単身お泊りツアー』 で
真熊を預かってもらった “Mキック”さんの家。

このMキック氏は、俺の職場の同期である。
かれこれ10数年の仲だ。


Mキックに挨拶

前回も泊まりに来たこのMキック邸は、実は昨年末に入居したばかりの新築。

こうして同期が立派なマイホームをおっ建てて、ましてやお子さんも小学校高学年に
なってるっていうのに、俺ときたら、いい年こいて未だに一人でプラプラと・・・・



―――そんなことは今さら気にせずに。

さて、真熊は2ヶ月ぶりに再会したMキックの娘さんたちに挨拶する。
まずは長女。


長女に挨拶

いきなり服従ポーズを見せるほどの腰の低さ。
誰にでも服従するスタンスなのか・・・・



今度は次女。


次女に挨拶、返り討ち

こちらは手洗い歓迎だったようだ。
柔道の押さえ込みに近い抱擁に、足をバタつかせて必死に脱出を試みる真熊・・・・



そして、我々ゲストは食卓で、娘さんたちは 「ちゃぶ台」 でお食事タイムとなった。


ゴハンの時間?

Mキック夫人が次々に運んでくる料理に、真熊の期待も俄然高まる。



いよいよ 「いただきま~す」 となると―――


姉妹におねだり

娘さんたちに必死にアピール。
お前は家でしっかり食べてきただろ!

娘さんたちも、言った通りに人間の食べ物は与えないように徹してくれていた。



数分後―――


もらえず・・・・

仕方ないんだよ、お前は犬なんだから。



とはいえ、これでは食べるところを見せるだけ見せてるし、あまりにも可愛そう。
そんなことも想定して、真熊用のお菓子(犬用)を持参していたのだ。

娘さんたちには、それを真熊に適宜与えてもらうようにしたのだ。


お菓子はもらえた

別に無理して食べることないんだぞ?
お前は家でメシ食ってきたんだから。


こうして人が大勢いるところでは、本当に自然な笑顔が出る真熊。
普段は俺と猫たちだけだから、こういった機会は楽しくて仕方ないのだろう。

そんなこんなで、明日まで続いちゃいます・・・・・



にほんブログ村へ 同期とはいえ、Mキックは俺より
 けっこう年上です・・・ (関係ないけど)
 一人プラプラしてる30代にも是非 「ポチ」 っと★
 
 


★ そのままの勢いで、もう2クリックお願いします m(_ _)m ★

人気ブログランキング  FC2ブログランキング
 

| 真熊お出掛け | 00:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |