熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

町内清掃

昨日は俺の住む町の、年に一度の 「町内清掃日」 だった。
そういえば、少し前に市のゴミ袋を渡されていた。

しかし、そんなことすっかり忘れて深い眠りについてしまっていた俺は、
家の周りでガヤガヤ聞こえる老人たちの声で目が覚めた。

「ヤバっ 今日って例の清掃日か!」

急いで起きて、寝ぐせ直して、メイクして着替えて外に出てみると・・・・


清掃すでに終了・・・

終わっていた。。。
例のゴミ袋が山のように積まれている。


「まぁ仕方ない。 せめて自分の家の周りだけでも掃除するか」

そう思って辺りを見渡すと、俺の家周りまでもキッチリ掃除がなされていた・・・・

俺はのうのうと寝ていたというのに、ご老人たちに自分の家の周りまで掃除させてしまった。
ちょっと心が痛い・・・・



そんな気まずさを抱えながらも真熊を近所の公園まで散歩に連れて行くと、
ここは今まさに掃除を終えようとしているところだった。


公園に着いたのだが・・・

う~~ん、これまた気まずいぞ。

たった今、掃除が終わったとことに、間髪入れずに犬の糞尿を投下する・・・・
ウ○コは持ち帰るとしても、心情的には間違いなくいい気はしないだろう。



よし真熊!
今日は公園では排泄禁止だ!


排泄禁止・・・

状況が状況だ。
帰り道で思う存分やってくれ!



やむを得ず真熊に我慢を強いて、今夜のブログにって感じで写真を撮っていると・・・・


奥の方がにぎやかに・・・

公園の奥の方がにわかに騒がしくなってきた。

いっぱいになったゴミ袋を大量に捨てながらも、なぜかブルーシートを敷き始める老人たち。
捨てる班と、何かを持ち込む班に分かれて、とにかく何かの準備が進む。



そして5分もすると―――


まさかの大宴会、開始・・・

宴会が始まっていた・・・・・


掃除ですら楽しいイベントに変えてしまう老人のバイタリティ。
すごいぞ!
コミュニティーの力って!


お爺ちゃん楽しそう

   邪魔しないで帰ろうな。



とにかく清掃をサボってしまった俺は反省!


にほんブログ村へ 俺んちのご近所も老人率がかなり高くなった。
 そんなに田舎ではないんだが・・・
 地域付き合いを大切に是非 「ポチ」 っと★
 

| 真熊 | 01:17 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ