FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

撮影現場・・・

土曜日(3月20日)の話。
真熊を連れて 「とある撮影現場」 に行っていた。

一体なんの現場なのか、それはまだ言えない・・・・
残念だが、言えないのだ・・・・・


撮影スタジオにて・・・・①

当の真熊は、人が大勢いるのが相当嬉しいらしく、飛び跳ねまくっていた。

事前に外へ連れ出しオシッコをさせといて良かった。
さもないとウレションの大量放出をしてしまうところだった・・・・



モデルさんの撮影が進むにつれ、何か武者震いが始まった真熊。
そして、自分も出演したいと直接交渉に打って出た。


撮影スタジオにて・・・・②

しかし残念・・・・。
彼はアシスタントさんだ。



そんな真熊の熱意が届いたのか――


撮影スタジオにて・・・・③

念願の撮影。

まずはソロ。
普段、カメラ目線を徹底的に仕込んであるので、レンズに視線を送ることなどワケない。
しかし、ナチュラルな笑顔が瞬時に作れるかは微妙・・・・



次に女児モデルとの絡み。


撮影スタジオにて・・・・④

子供と無邪気にジャレ合ってる姿が撮りたかったのに、
この女児モデルの背中のさすり方が上手すぎたのか、
次第にトロ~ンとなってしまい、ねむねむモードに入ってしまった真熊。

途中、何度も真熊を起こしながら撮影が続けられた・・・・



そして、ようやく真熊の出番は終了。


撮影スタジオにて・・・・⑤

心なしか誇らしげな表情でラグの上にくつろぐ素人モデル。



しかし、今回の撮影で痛感したことが――

まず、俺の撮影技術。
やはりプロが撮ると、真っ黒い真熊の目鼻をクッキリ出してくる!
ちくしょう・・・・


それと、真熊の表情。

カメラ目線こそキッチリ仕込んであるが、やはりそれは人で言えば、
「はいチーズ」 の掛け声で撮影することに等しい。
カメラを意識して、表情を作って構えた写真だ。
自然な表情ではない。

しかし今回のように、人と一緒に遊んでいる姿などを撮ると、本当に自然な表情が写せる。


撮影スタジオにて・・・・⑥

家の中でも、こういったナチュラルな表情を撮りたいものだ・・・・


※今回撮影された真熊の画像が、実際に媒体に使用されるかは未定です。
  使用された際は、ここで紹介します。
  残念ながら使用されなかった場合は・・・・・
  「お蔵入り」 じゃ!


にほんブログ村へ いったい真熊はなんの媒体に登場するのか、
 気になって仕方がないアナタ、
 是非ポチっとお願いします★

| 真熊 | 09:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |