FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊のアフター・スノー・ハイ [後編]

【前回までのあらすじ】 ←そんなもん一つ前の記事を読んでもらった方が早い!

雪の中を散歩したため帰宅後にタオルで体を拭かれた真熊が急変!
突如テンションが急上昇して、「ハイ」 状態に。

奇跡の右ストレート

そのままの勢いで、にいなに戦いを仕掛ける。
序盤は苦戦もしたが、いつものように圧倒されるわけではなく、対等な戦いを見せる真熊。
そして渾身の右ストレートがにいなにヒットするが、闘いの行方は果たして―――



(というワケで本編・・・・)

奇跡の右ストレートが炸裂するも、当たりが浅かったか――


真熊 VS にいな

再びにいなにパワーで寝技に持ち込まれる真熊。

しかも、下手にパンチをヒットさせたことで、完全ににいなを怒らせてしまったらしい。
その鬼の如き形相に恐怖する真熊。



真熊 VS にいな

それでも必死に抵抗を続ける。

またしても一瞬でグラウンドからエスケープ。
再びスタンディングで対峙する。

これまでの連敗の中でも、何か戦い方を覚えたのか。
一方的にやられる姿はそこにはない。



しかし――

真熊 VS にいな

やはり、にいなの持って生まれた格闘センスは、そんな真熊の急成長をもってしても
簡単には超えられないのか・・・・・

スタンディングでも、的確に猫パンチをヒットさせてくる。


さらに・・・・


真熊 VS にいな

高速の猫パンチを連打。

一体、一秒間に何発くり出されているのだろう。
真熊もサンドバッグ状態だ。



真熊 VS にいな

十分にダメージを与えた後で、再びマウントを取りにいくにいな。
その落ち着き放った戦い方は、百戦錬磨の孤高の戦士ならではの風格さえ感じられる。

真熊、絶対的なピンチ!




そして―――


真熊 VS にいな

渾身の力で 「犬歯」 を食い込ませる・・・・・

真熊も悲鳴を上げると同時に戦意喪失状態に陥った。



しかし、今回の真熊・・・・・
敗れこそしたが立派な戦いぶりであった。
「武闘派ポメラニアン」 としての大きな第一歩ではなかろうか。


ところが、当の本人は―――

真熊、消沈・・・・

おい・・・・
何か言えよ。。。

いい戦いだったぞ?
元気出せよ!

| 真熊 | 01:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |