熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

さよならハナちゃん

皆さま、こんにちわ。

局長です。
実は昨日の16時過ぎに、悲報が飛び込んできました。



20150215_ハナちゃん1

このブログでも何度か登場した “ハナ” ちゃん。
伝説のパピヨン 『その後のサザビー』 の実姉であるハナちゃん。

そのハナちゃんが、17年の生涯を閉じて虹の橋を渡ったという悲しいお知らせが。



20150215_ハナちゃん2

実は俺には、親しくしていた子の悲報と向かい合った経験がないため、正直どんな言葉で、何を綴っていいのかが未だに分かりません。



20150215_ハナちゃん3

だけど、長い闘病生活を頑張ったハナちゃんの、元気だった頃の姿を読者の皆さんと共有させていただくことで、皆さんの記憶の片隅にでもハナちゃんの存在が留まってくれればと思いました。



20150215_ハナちゃん5

今日は、俺が時間を共有した範囲だけだが、このブログ上でのハナちゃんの思い出を振り返らせてもらいます。




20111231_アイコン 2011.10.09 『サザオフ2011

20111027_サザビーの姉2

ハナちゃんと初めて出会ったのが、『その後のサザビー』 の2011年のオフ会、通称 “サザオフ” 。

駐車場から会場に向かう途中で、「まぐちゃんですか?」 と声を掛けてくれたのが、ハナちゃんのママである “あゆりす” 姉さんだった。



20111027_サザビーの姉5

サザビーのブログがきっかけで、二匹が姉妹だということが発覚し、この日 「スペシャルゲスト」 として招かれていたのがハナちゃんとあゆりす姉さんだった。

ここから、熊猫犬ファミリーともいろいろな交流が始まったんだった。




20111231_アイコン 2012.05.19 『横浜オフ会

20150215_ハナちゃん6

当ブログの読者さんが主催してくれた横浜でのオフ会で、ハナちゃんと再会。

この頃には、あゆりす姉さんが “チップ家” とも仲良くなっていて、とても楽しい時間を過ごすことができた。



20150215_ハナちゃん8

5月だが暑い日だったので、最初に訪れた山下公園ですでに疲れてしまっていたハナちゃんを見て、「やっぱりシニア犬なんだな」 と感じたことを覚えている。

あゆりすさんが、ハナちゃんの体調を万全に管理していることに感心していた。



20150215_ハナちゃん7

ランチも、あゆりす姉さんが行き付けの、ドッグカフェではないお店に事前交渉してくれており、特別に犬同伴で入店させてもらったりした。




20111231_アイコン 2012.10.07 『サザオフ2012

20150215_ハナちゃん9

再びハナちゃんの実妹である 『その後のサザビー』 のオフ会、“サザオフ” にて。

俺と真熊は3回目。
ハナちゃんたちは2回目という、お互いビギナーレベル。



20150215_ハナちゃん10

この日は雨天で中止と決まったのだが、すでに会場近くまで車で来てしまっていたのでそのまま向かうと、他にも中止を知らずに来てしまっている参加者が大勢。

その後、奇跡的に晴れてきたので、結局はそのまま決行。



20150215_ハナちゃん11

この年から、「熊猫犬ファミリー」 を初めて連れて行ったことで、本格的にサザビーファミリーとの交流が始まるきっかけとなった。

ちなみに、前年の同オフ会では 「スペシャルゲスト」 というポジションだったハナちゃんとあゆりす姉さんは、この年は普通にスタッフの一員として組み込まれていた。




20111231_アイコン 2012.10.20 『片田舎のドッグカフェ

20150215_ハナちゃん12

熊猫犬ファミリー御用達の 「片田舎のドッグカフェ」 に、ハナちゃんとあゆりす姉さんが。

ご自宅からはかなりの遠距離だが、はるばる来てくれたのだった。
思えばこの日、ハナちゃんのことについていろんなことに気付いたのだっが。



20121027_ハナちゃん1

その一つ目。
通常、頭の上にある耳が、ハナちゃんの場合は顔の横にある。

これが俺にはどうしても・・・・・



20121027_ハナちゃん3

「スターウォーズ」 の “ヨーダ” に見えて仕方なかった。

そして二つ目。
この耳の位置とマズルを組み合わせると・・・・・



20121027_ハナちゃん5

バイクの “カウル” とハンドルに見えるのだ。

賛否両論があったのは確かだが、俺としては世紀の大発見だった。
(ほとんどが賛否の “否” だったが)




20111231_アイコン 2013.03.16 『サザビーBBQ

20130319_お台場BBQ9

ハナちゃんの実妹である 『その後のサザビー』 のファミリーが主催するお台場でのBBQ大会に参加した。

前年の 「サザオフ」 につづき、あゆりす姉さんは主要スタッフに組み込まれていた。



20150215_ハナちゃん13

ハナちゃんは、カートで休みながら体調に気を付けての参加だったが、それでも元気に過ごしていた。

あゆりす姉さんはスタッフとして奔走していたが、ハナちゃんはいい子にして待っていた。



20130331_サザビーBBQ1

その後は、長い時間 “写真撮影” も頑張っていたハナちゃん。

たくさんのパピヨンが来ていたが、よく顔を合わせているからか、真熊や “チップ” の近くにいることが多かった。



20150215_ハナちゃん14

さらに、BBQの後は “等身大ガンダム” を見に行くことになり、全員で大移動。
カートにハコ乗りするほど元気だったハナちゃん。




20111231_アイコン 2013.05.12 『片田舎BBQ

20150215_ハナちゃん15

前回、「ヨーダ疑惑」 が巻き起こった 「片田舎のドッグカフェ」 でBBQを開催することになり、ハナちゃんとあゆりす姉さんも勇み足で参加。

体調的にカートにいる時間が多かったが、それでも終始笑顔だったハナちゃん。




20111231_アイコン 2013.05.25 『横浜遠征

20150215_ハナちゃん16

新潟からこのブログの読者さんが遊びに来るということで、“チップ家” や “むらも” と共に横浜へ。

そこで待ち合わせしたのが、ハナちゃんとあゆりす姉さん。



20150215_ハナちゃん17

この日は眠かったのだろうか、ハナちゃん。
でも、真熊との高いところでのツーショット撮影にも付き合ってもらってしまった。



20150215_ハナちゃん18

山下公園や大さん橋でたくさん遊ぶも、なぜか犬たちは浮かない表情だったりしていた。

ハナちゃんは、単に疲れているのかもしれない。



201306221_さよなら横浜1

そして夕方、ハナちゃんたちとは山下公園でお別れした。

思えば、これがハナちゃんを最後に見た日となってしまった。
ここからハナちゃんは体調不良がつづき、入退院を繰り返す毎日となってしまった。



― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ― * ―



最後は老衰で逝ったとのこと。


20150215_ハナちゃん19

病気ではなく老衰。
つまり、誰も抗えない、天から与えられた寿命を全うしたということ。

自分の生きていられる物理的な歳月を、闘病生活をしながらも限界まで生き抜いたということだ。



20150215_ハナちゃん4

ようやく苦しい闘病生活から解放されたんだね、ハナちゃん。
長い間お疲れさま。

大好きなママとパパのことを、天国から見守ってあげてね、ハナちゃん。




このブログ上での姿だけだが、ハナちゃんの元気だった頃を忘れないでください ―――




ハナちゃん、お疲れさまでした。



人気ブログランキング

とても美しいパピヨンだったハナちゃん。



【今日の一言】

最後は苦しまずに、あゆりす姉さんの膝の上で眠るように逝ったとのことです。
 

| 非日常 | 05:12 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4回目の12月28日

皆さま、こんにちわ。

昨夜はてっきり “オール” になると思いきや、メンバーが軒並み帰ると言い出して、結局は終電で帰宅した局長です。 いやはや、みんな勢いがなくなったものです。



――― ということで、本日から年末年始休みに突入した俺。


20131228_年末の夜1

今年は暦が上手くつながってくれたおかげで、9連休という大型連休となる。

うち大半は大掃除と年賀状作成に費やすこととなるのだが、それでも嬉しいことだ。
(そう、俺は未だに年賀状を一枚も書いていない)



20131228_年末の夜2

ざっくりとスケジュールを組んでみた。

その結果、大掃除の半分以上は年始に持ち込まれることが判明してしまった。
計画性のなさが招いた結果だが、いきなりブルーな気持ちになったことは間違いない。



20131228_年末の夜3

大掃除が想定外に大掛かりな展開になってしまったのだが、その大きな要因はコイツだ。

今年、野良猫から飼い猫に帰化した “稚葉”(わかば)。
我が家唯一のメス。



20131228_年末の夜4

和室の障子、ふすまを片っ端から破いてくれたのだ。

にいなも寿喜も、決してそんなことはしなかったというのに、手痛い損害だ。
恩を仇で返すとは、まさにこのことだ。



さて、本日12月28日というのは――――


20121228_命日6

オカン” が予告もなく虹の橋を渡ってしまってから4年目、つまり命日だ。

とくに通院もしていなかったオカンが、たった65歳で生涯を閉じるとは誰も思っていなかった。
早いもので、あれから4年。



20131228_年末の夜5

それでも、急にいなくなったというよりは、長らく会っていないまま4年が経過したような感覚だ。

社会人になると同時に家を出てしまっていたので、年に数回しか会わないサイクルだったこともあり、そんな感覚なのだろう。
結果的には、喪失感が大きくなかった点だけは、不幸中の幸いだったかな。



20131228_年末の夜6

そういえば、昨日まで引っ張ってきたドッグカフェ・レポートで、大切なことをお伝えしてないままだったことに気付いた。

このお店が一体どこなのか」 という問いの答えを。



20131228_年末の夜7

答えは、これ。
>>> 2011.08.23 『ドッグカフェでの奇跡


そう、今となっては熊猫犬ファミリーのレギュラーメンバー “サヨ” ちゃんとイケメン彼氏 “(ケン)” ちゃんのペアと初めて遭遇したお店なのだ。



20131228_年末の夜8

そして、真熊の天敵 “ココ” も、当時は完全に 「タヌキの赤ちゃん」 そのものの姿だった。

もう2年以上も経っていたのね。
月日の流れって早い。

という、思い出深いお店なのでした。




オカンの4回目の命日と、今日から年賀状書きと大掃除に明け暮れる俺に―――


 諸々ドンマイ!の 「ポチ」 を是非♪

 毎年思うけど、大掃除ってのは12月に
 入ってすぐに始めないと終わらない…


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!



【今日の一言】

昨夜は後半から緑茶ハイばかり飲んでいたせいか、とくに悪酔いもなく清々しいコンディションだ。
 

| 非日常 | 11:28 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三回目の12月28日

皆さま、こんにちわ。

恐らく世の中では本日が仕事納め、局長です。
仕事上でお世話になった関係各位の皆さま、ありがとうございます。



さて、今日12月28日は・・・・・



オカン” の命日である。


20121228_命日6

早いもので、年末の大掃除の手伝いにやってきたオカンがいきなり倒れて、そこから僅か50数時間で逝ってしまった忌まわしき思い出から、今日で3年。



このブログを始めた当初は、普通に登場していたんだがな。


20121228_命日7

人の一生とは分からないものだ。



オカンも生きていれば、夢だった小型犬との生活を “志熊” と実現できたものを。


20121228_命日1

人の一生とは上手くいかないものだ。



といった話をしても、湿っぽくなってしまうだけなので、軌道修正を。


20121228_命日4

こういう時は、何も考えてなさそうな生き物の代表格、寿喜の画像である。



眠ければ寝て、お腹がすけば鳴き、甘えたくなればすり付いてくる。


20121228_命日5

自由気ままに、本能の赴くままに生きている猫、それが寿喜。



にいなは悩み多き猫。


20121228_命日2

恐らく、その辺のサラリーマン並みにいろんな悩みを抱えているはず。
ストレス社会に身をさらして生きているのだ。



そういう意味では、こいつも悩みなんてなさそうだ。


20121228_命日3

寿喜よりも 「我慢」 という精神を知っているだけで、基本的にはのほほんと生きている。
俺がいない日中は、何をして過ごしてるんだろう・・・・・





3回目を迎えるオカンの命日も、とくに何事もなく平和な局長ファミリーに―――


にほんブログ村 健康バンザイ!の 「ポチ」 を是非♪

 親が元気なうちに親孝行をすべし。
 たくさん話すべし。 後悔先に立たず。



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

今夜は納会と、その後の飲み会で、きっと記憶とかなくしちゃうんだろうなぁ・・・・・
 

| 非日常 | 07:10 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オカンの三回忌

皆さま、こんにちわ。

大半の人は昨日が仕事納めだったのでしょうか。
ちなみに俺は今日まで仕事です、局長です。



さて、皆さまからも温かい言葉をいただいたとおり、昨日でオカンが逝ってから丸2年だった。


仏事では、亡くなった翌年に一周忌の法要を行うのだが、なぜかその翌年、すなわち2年後に三回忌を行う。
急にカウント方法が数え年に変わる謎めいたしきたりがあるのだ。


20111229_母の命日1

その2年目の命日に、俺は真熊とある場所へと向かった。

朝に弱いことと、車の振動の心地よさで、即座に眠りの世界へ落ちてゆく真熊。
なんともいいご身分である。



車を走らせること約15分、着いた場所は某脳神経外科病院。
そう、オカンが運ばれて、ついに力尽きた病院だ。


20111229_母の命日2

あの日以来、どうにも思い出すことを避けて、この近辺には意識的に近づかないようにしていたのだが、2年も経つことだし、何かを踏ん切りたくて行ってみた。



俺たち家族にとっては、縁もゆかりもない病院。
救急車に乗せてから、市内の某有名大学病院やその他の脳神経外科には片っ端から救急搬送を拒まれて、最終的に引き受けてくれたのがこの病院だったのだ。

我が家からは市や区はおろか、都道府県まで異なる病院。
それゆえ、名前もその存在もここへ着くまで何も知らなかったくらいだ。


20111229_母の命日3

救急搬送された日は、この待合室の電話からタクシーを呼んだり、オカンが逝った直後はここから葬儀屋に連絡したり、オカンの友人知人に電話連絡したりした。

そして、オカンが逝った10:58ちょうどを、その時の病室の前で迎えてみた。

とくに何も感じはしないが、ある種の鎮魂というか、区切りというか。
何はともあれ2年ぶりにやって来た母の “最後の地” で、一つ踏ん切りがついたような気がした。



――― 次に北千住の菩提寺。


20111229_母の命日4

坊主が刻むエイトビートの木魚のサウンドに何度も落ちそうになりながら、お経を合唱したりお焼香をしたり・・・・



小僧” はいつの間にか中学生になっていて、昔なつかしの学ランを着てきた。
ブレザーが主流の昨今で、まだ残っていたのか、黒い詰襟。


20111229_母の命日5

墓石を磨き、線香をあげ、手を合わせ・・・・



そんな俺たちに、少し離れた場所から強い視線を浴びせてくる存在があった。


20111229_母の命日6

三毛猫。
なんちゅう罰当たりな場所に佇んでいるのやら。



20111229_母の命日7

そして、真新しい卒塔婆と、花瓶に入りきれないほどの花でお墓を埋め尽くし、三回忌の法要を終えた。


この2年間、未だにオカンが死んだという実感はなく、ただ単に長期間会ってないだけのような感覚のまま過ごすことで、その環境に心と体を馴れさせていたような気がする。
だから2年間の中で、悲しみに襲われたことも、心が沈んだこともない。

いいのか、これで・・・・・



――― さてさて、今日はしみったれた内容になってしまったので、話題をチェンジ。


少し前にドッグカフェ 『Smiley Smile』 で撮った一コマ。
常連犬 “チップ” の服をママさんに無理やり着せられた真熊の姿。


20111229_母の命日8

しかし、よく見てみると、この服ってワンピース。
チップは確かオスのはずだか・・・・・



あの無愛想チップにこんな “女装癖” があったとは。


20111229_母の命日9

真熊よ、今度会ったときに冷やかしてやれ!


皆さま、心温まるたくさんのコメントをありがとう!
きっとオカンも喜んでいます。




皆さまの期待した真熊とじぃじの絡みはなかったんですが―――


 弔事に免じて許す意味の 「ポチ」 を是非♪

 皆さまも普段から親孝行しておきましょう。
 しようと思った時にできなくなっちゃうから。
 


人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!





【今日の一言】
では、数時間寝て今年最後の仕事へ・・・・
夜は “Mキック” たちと同期飲みでやんす♪



【被災地のペット支援のためのリンク】

■被災地入りして活動しているドッグレスキュー

 >>> 『ドッグレスキュー UKC JAPAN

| 非日常 | 03:36 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千葉弾丸ツアー Vol.3 ~最終章

そう、言うまでもなく一昨日からのつづき―――

昨年末に急逝したオカンの命日に、両親宅まで1泊2日で弾丸ツアーを敢行したレポート
でやんす。



朝に弱いポメラニアン、真熊はこの上ないテンションの低さで事務的に散歩をこなして
いたが、家の前まで戻ってくると、途端に目が覚めたように元気になり・・・・・


20101231_大原1

何かに向かって駆け出した。



20101231_大原2

朝食を済ませた甥っ子どもが外で遊んでいたのだ。



20101231_大原3

さっきまでの眠そうな表情がウソのように、一気にテンションMAXになる真熊。
小坊主と激しい追いかけっこを始める。



20101231_大原4

その後も走り続ける二匹・・・・・ もとい、一人と一匹。

暑くて半袖になる小坊主。
現在、12月28日・・・・

それくらい全力で遊ぶ天然生物たち。



20101231_大原5

ひとしきり遊んで、互いを労い合うことも忘れない。



なんか、こういった姿どこかで見たことあるぞ?


20101231_大原6

あぁ、動物園のサル山だ。
ノミとか取り合う行為だな、確か。



20101231_大原7

4月には小僧も中学生。
早い、早すぎるぜ、月日の流れ・・・・



20101231_大原8

いつの間にやら 「小僧」 から 「少年」 っぽくなったもんだ。



一方の真熊は―――


20101231_大原9

なぜか会心の笑み・・・・・



そして、10:58。
一年前のこの日、オカンの呼吸が止まった時刻。


20101231_大原10

小僧、小坊主、真熊と共に仏壇に手を合わせた。



20101231_大原11

早いもので一年。

親父もよく頑張った。
もよく頑張った。


こうして、無事に我が家の喪が明けた。



にほんブログ村へ これで忌まわしき2009年ともさよなら
 外は白い雪(オフコース)フォーエバー・・・・・
 喪が明けた我が家に是非 「ポチ」 っと★



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック
 お願いします m(_ _)m 
 励みになります!





【今日の一言】

これが年内最後の更新です。
皆さま、一年間ご愛読、誠にありがとうございました。

今年は、「真熊名刺とりあえず送りますキャンペーン」 も未だ終えることが出来ず、
中途半端な形で終わってしまいますが、来年も “毎日更新” を目標に頑張ります。

2011年も 『熊猫犬日記』 を宜しくお願い致します。
 

| 非日常 | 07:48 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ