熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

千寿の没後8年…

日曜日の朝に、こんにちわ。

見事な秋晴れで、ぽかぽか陽気の小春日和ですね。 ブログなんか放置して今すぐにでも飛び出したい、まるで青春ど真ん中のような気持ちにさせる天気です。 局長です。



――― さて、賢明な読者のアナタなら分かっていたかと思うが、昨日は11月19日。


20161120_千寿1

そう、我が家の長男、アライグマの “千寿” の8回目の命日である。

毎年言っている気がするが、本当に月日の流れは早くて、あれからもう8年。
つまり、翌日の今日は、天然猫の “寿喜” と出会った日でもあったりする。



20161120_千寿2

昨日のお供え物は、柿だ。

千寿が大好きだった果物の一つで、ちょうど今の時期が旬である。
それもあって、棺の中にも入れたのだった。



20161120_千寿3

タイムリーなことに、ほんの数日前に “同級生タカコ” が「実家の庭で採れた」と言って大量に届けてくれていたのだ。



20161120_千寿6

8年間は早かったと綴りはしたが、されど着実にそれだけの年月は流れているわけで、千寿のいろいろなことが思い出せなくなってきている自分に気付いたりもする。

ニオイとか、毛の肌触りとか、ドアをガリガリする音とか。



20161120_千寿4

それでも、最近は 『Instagram』(インスタグラム)なる便利なSNSツールがある。

これを見ていると、日本では特定外来生物として飼育が禁止されていしまったアライグマだが、世界の他の国では今もペットとして愛されている子たちがたくさんいることが分かる。



20161120_千寿5

世界中からアップされるアライグマの動画を見ていると、忘れかけてしまっていた千寿の姿や動きの記憶が、あれこれと蘇ってくるのだ。

インスタグラムをやっている人は、ハッシュタグで「raccoon」と検索してみてほしい。
たくさんの動くアライグマの愛らしさを見ることができるので。



20161120_千寿7

おかげで最近は、毎日必ず千寿を思い出しては、楽しかった日々を振り返ることができている。
便利だな、インスタグラム。

ときに千寿よ、もう別の生き物に生まれ変わったりしたのか?





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

抱っこすると、なぜか俺のアゴを甘噛みするのが癖だった。



人気ブログランキング

大きな公園も近所の公園も元は千寿の散歩コースだった。



【今日の一言】

では、これから準備して真熊を連れてお出掛けしてきますさかいに!
  

| 千寿[回想] | 09:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緊急告知

祝日の未明に、こんにちわ。

遅くまで眠ることができるはずの祝日に、こんな時間から俺が起きていることには理由がある。 これからそれを説明するので、まず顔を洗ってきて目を覚ましてほしい。 局長です。



――― 当然だが、本日の 『熊猫犬日記』 は午後までお待ちいただくことになる。


20150716_Nスタ1

昨年の夏、TBS系の夕方のニュース番組 『Nスタ』(関東ローカル)において、センセーショナルなテレビ出演デビューを果たした俺。

あれから1年と3ヶ月、私生活には驚くほど変化がない。



20150716_Nスタ7

その取材映像が、本日この後から始まるTBSの朝のニュース番組 『あさチャン!』 で再度放送されるとのこと。

言うなれば “使い回し” だ。



20150716_Nスタ10

ということで、もし今の時点で起きている人がこの記事を目にしてしまったら・・・・・

チャンネルを合わせて、じっくり観てみるのもいいかもしれませんね。
俺の勇姿を。





図らずも千寿が生涯を閉じた11月に、あの映像が再び流れるとは ―――


にほんブログ村

ハードディスクが故障しているので、録画できない俺・・・・



人気ブログランキング

俺の人生に潤いを与えてくれた千寿にクリックを。



【今日の一言】

偶然にもテレビを観てしまった人も含めて、とくに感想はコメントしなくていいですよ・・・・
 

| 千寿[回想] | 05:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千寿の没後7年…

こんにちわ。

ここ数日、毎晩雨が降るおかげで、真熊の散歩が家の周りのみになっています。
なんなんでしょう、毎晩毎晩。 最近、雨ばかりでイヤになっちゃいますね。 局長です。



――― さて、本日11月19日は、毎年あることを振り返る大事な一日。


20151119_千寿4

2008年のこの日に、いきなり駆け足で旅立ってしまった我が家のアライグマ、千寿の命日。

早いもので、今日で丸7年・・・・
歳月の流れは実に早い。



20151119_千寿9

千寿との大切な思い出も、少しずつ忘れてしまうことが増えてきてしまい、千寿との生活の中で習慣化されていたことも、次第に体から離れていってしまう。

記憶をつなぎ止めておくというのは、案外難しいと痛感する7年間だった。



20151119_千寿3

しかし、昨年のこの日から今日までの一年間には、千寿のことでテレビに出るというまさかの出来事もあったおかげで、図らずも思い出をたどる機会が増えた。



そこで、これまで紹介していなかったはずのエピソードを数件 ―――


20151119_千寿1

夏の暑い日は、お風呂で泳がせていた千寿。

千寿は大きかったので、二本足で立てば足が着いてしまうほどの水深なのだが、千寿は気持ち良さそうに浮いていた。



20151119_千寿2

脂肪が多かったからだろうか。

とにかく湯船に入れてあげると、30分くらいはこうして泳いでいるのか浮いているのか、水遊びを楽しんでいた。



20151119_千寿10

Maxで17kgもあった千寿。

真熊を抱っこするたびに「軽いなぁ」と感じるのは、千寿の重さの感覚が今もなお体に染み付いているからかもしれない。



20151119_千寿7

あと、元来は野生動物のくせに、なぜか仰向けで寝るのが好きだった千寿。

ベッドの上では、寒くない限りはほぼ仰向けだった。
緊張感の欠片もなかった。



20151119_千寿8

驚いたのは、外でも仰向けて寝てしまうことだ。

完全に失われていた野性味。
トトロのお昼寝シーンを彷彿とさせる。



20151119_千寿6

今では真熊の日常の散歩コースとなっている “近所の公園” も、元々は千寿の散歩コース(兼)遊び場だった。

ちなみに、犬の散歩と根本的に異なるのは、ジャングルジムに登るということ。



20151119_千寿5

大きな公園” も、元は千寿とのお出掛けコース。

「駒沢公園で会いましょう」レポートを楽しみにしている方も多かったかもしれないが、今日は一日、千寿との思い出に浸らせていただこうと思う・・・・・





大変な時期もあったけど、14年間も俺を癒してくれたアライグマ千寿に ―――




あの重たい体を、もう一回でいいから抱っこしたい。



人気ブログランキング

今夜くらいは夢に出てきてほしいものだ・・・・



【今日の一言】

千寿が逝ってから、果物を買うこともなくなったなぁと今さらながら感じた。
 

| 千寿[回想] | 07:37 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TBS『Nスタ』事件

こんにちわ。

梅雨が有終の美でも飾りたいのか、最後に台風を連れてきましたね。 局長です。
これで気が済んだら、早いとこ正式に夏をバトンタッチしてほしいものですよね。



――― さて、本日は日曜日のお話を一旦休止して、昨日の “事件” の説明をば。


20150716_Nスタ1

そう、夕方のニュース番組でいきなり俺が出てきた事件について。

TBS系の夕方のニュース番組 『Nスタ』(関東ローカル)に出てしまったのだ、つい。
当ブログで事前告知などしなかったので、いきなり驚いた人も多かったようだ。



20150716_Nスタ2

玄関ベルが鳴り、家主が出てくるシーン。

お分かりだろうか。
俺は作り笑顔が苦手である・・・・



20150716_Nスタ3

俺につづいてリビングに入ってくるのはインタビュアー兼ディレクターさん。

驚くほど真熊をスルーだ。
編集上、「黒いかたまり」として処理された感すらある。



20150716_Nスタ4

42歳とは思えない童顔を見せる俺の横で、家入レオちゃんのドデカいポスターが映ってしまったのは少し恥ずかしいが、アイドルとかじゃなくて良かった。

ちなみに、ディレクターさんが驚いているのはレオちゃんに対してではない。



20150716_Nスタ5

アライグマ “千寿” のお墓に対しての驚きだ。

なんとなく、「人付き合いが苦手で動物にのみ依存している社会不適合者」っぽく見えていないだろうか、俺・・・・



20150716_Nスタ6

全国で社会問題となっているアライグマの野生化。

その原因が「ペットとして飼い始めたものの手に負えなくなって遺棄する人が続出したこと」という説明と、その一方で最後まで面倒を見た俺という変わり者もいたというお話だったのだ。



20150716_Nスタ7

アライグマがペットとして大量に輸入されたきっかけは、まぎれもなく 『あらいぐまラスカル』 というアニメが原因ということを、俺の証言をもって説明している図。

でも、一年足らずで森に返したスターリング(主人公)と俺を一緒にしてはいけない。
そんなことより、自分の声がイメージと違ってて少し気持ち悪かった・・・・・



20150716_Nスタ8

すべてのアライグマが巨大化するわけではない。
恐らく千寿が特異だっただけだ。

なにせMaxで17kgもあったので・・・・・



20150716_Nスタ9

この写真だけを見ると、間違いなく俺という人間が「動物好きなのに凶暴性という別の一面もある」といった説明にしか見えない・・・・

違うんだ! 「アライグマには凶暴性がある」という説明なのだ。



20150716_Nスタ10

14年も一緒に生活していても、傷が絶えなかったという説明。

俺の口元には、今も残る千寿による噛傷があるのだ。
それよりも、「42歳にしては肌がきれい」というLINEやらメッセージがたくさん来た。



話が前後するが、なぜ俺がいきなりテレビに登場したのかというと ―――


20150716_Nスタ11

当番組でアライグマの野生化問題を特集するにあたって、「最後まで面倒を見た人」の例として取材のオファーがあったのだ。

ディレクターさんも、実に最適な人選をしたものだ。



20150716_Nスタ12

Facebookで個人的につながっている人には事前にお伝えしたものの、そうでない人には何も知らせていなかったので、本当に偶然この番組を見た人たちは失禁するくらい驚いたようだ。

放送終了後はLINEと電話が鳴り止まなかった。



20150716_Nスタ13

そう、千寿との14年間は大変なことも多かったが、その倍以上に幸せだったのだ。

今、「駆除」という名で捕獲されて殺されているアライグマたちには何も罪はない。
無責任に飼い始めて棄てた人間が悪いのだ。



20150716_Nスタ14

といった特集に出ていたのだ。
ちょっと恥ずかしい・・・・

ちなみに、この「遺棄」のイメージは我が家に庭で、俺所有のぬいぐるみで撮影されている。




久しぶりに千寿のことをじっくりと振り返ったような気がして楽しかった ―――




でも、駆除されているアライグマは可哀想で胸が痛い・・・・



人気ブログランキング

俺の人生に潤いを与えてくれた千寿にクリックを。



【今日の一言】

『Nスタ』 の後の番組でMダックスの “ホッピー” が出てきたことにも驚いた・・・・
 

| 千寿[回想] | 01:51 | comments:32 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千寿の没後6年…

皆さま、こんにちわ。

高倉健さんが逝ってしまっていたのですね。 言葉になりません。 局長です。
小学生時代に 『南極物語』 を観て以来、ずっと好きな俳優さんでした。



――― さて、毎年恒例ではあるが、今年もこの日はある思い出に浸らせていただきたい。


20141119_千寿1

そう、アライグマ千寿。
享年14歳。



20141119_千寿2

毎年言っている気がするが、本当に月日が経つのは早い。
千寿が突然、さよならも告げずに虹の橋を渡ってしまってから、今日で6年。



20141119_千寿3

6年という歳月の間に、毛の質感、におい、温もりなど、五感のすべてで受け止めていた千寿の感覚が、少しずつ思い出せなくなってきている。



20141119_千寿5

たまに幻聴のように聞こえていた、俺を呼ぶためのドアをガリガリ引っ掻く音も、最近は聞こえなくなった。

家を出るたびに、千寿が外を眺めていた2階の窓を見上げてしまう習慣も、いつしか消えている。



20141119_千寿6

忘れたい出来事や消したい過去は、いつまでも記憶の中に居座るくせに、忘れたくない思い出は残酷なほどに次から次に薄れていってしまう。



20141119_千寿7

こうやって、ペットロスという症状を少しずつ時間が解決してくれているのかもしれないが、それでも一緒に過ごした時間の記憶だけは何一つ欠けることなく、そっくりそのまま残っていてほしいと思う。

もうこれ以上は、千寿との思い出が消えてしまうことがないように祈りたい。




そういえば今年の6月に、千寿が逝ってから初めて千寿の夢を見た。


20141119_千寿4

でも、夢というのは時間が経つと、きれいサッパリ忘れてしまうものなので、起きてから大慌てでPCでテキスト打ちしておいた。

夢の中の話だから、ストーリーも設定もおかしなことだらけだったが、テキストを読み返ればなんとかその夢を思い出せる。



20141119_千寿8

自分では制御もできない夢の中でしか、今となっては千寿と会うことができない現実が悲しい。
そして、こんな思いをこの先4回もしなければならないかと思うと、非常に心が重い・・・・



20141119_千寿9

改めて14年間ありがとう。
あと30年くらいしたら、そっちへ行くので、それまでもう少し待っててね。




今でも俺の心を締め付ける千寿との悲しい別れと、共有した大切な14年間に ―――




もう少し頻繁に夢に出てきてほしいぞ・・・・



人気ブログランキング そのままの勢いで、もう1クリック!
 いつもアリガトウございます m(_ _)m 
 マジで励みになってます!




【今日の一言】

でも、たまに真熊のことを素で 「千寿!」 と呼んでしまう俺・・・・
 

| 千寿[回想] | 01:54 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ