FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

石像猫の困惑

週の真ん中に、こんにちわ。

昨夜の柔道世界選手権は白熱しましたね。 出口クリスタはカナダ代表になってしまいましたが、それでも優勝はおめでたいですね。 実はかなりの柔道通である局長です。



――― さて、本日はお盆休みのレポートをワンブレイク。


20190828_石像猫1

代わりに、珍しく少しだけ動いていたこの石像みたいな猫のお話を。
といっても、さほど大した活動は見せていないので、“お話” というほどでもないのだが。



20190828_石像猫2

一心不乱に晩ごはんを食べている姿を撮影していると、カシャカシャというシャッター音が耳障りだったのか、ネコ科の獰猛な生き物みたいな顔で俺を睨んできたにいな



20190828_石像猫3

睨みを効かせたつもりなのか、一瞥(べつ)した感じで再びお皿に顔を埋めるが、俺も再びシャッター音を響かせながら撮影を始める。



20190828_石像猫4

すると、にいなも再睨み。
この1ミリも生産性のない攻防が永久機関の如くつづいたのであった。



そしてこれは、また別の日 ―――


20190828_石像猫5

いきなり嫁女房に抱きかかえられて膝の上に乗せられてしまったにいな。

嫁女房派” の稚葉寿喜ではなく、なぜかにいなをチョイスして膝に乗せた嫁女房の思考プロセスは謎だが、とにかく不思議な光景が展開されていた。



20190828_石像猫6

実はにいなは嫁女房を苦手としている。
どう接していいのか未だに分からないらしく、普段は絶妙な距離感を保っている。



20190828_石像猫7

それが、いきなりこんなことをされてしまうと、もはや動揺を通り越して “フリーズ” という状態なのだろう。

しかも、やたらベタベタしてくるし。



20190828_石像猫8

でも温められたせいか、次第に眠気が襲ってきたらしい。
体勢的には拒否反応が見て取れる硬直ぶりだが、それを勝る眠気なのだろう。



20190828_石像猫9

でも、やっぱり落ち着かなかったらしく、最後は嫁女房を振り切って、いつもの定位置に納まって寝直したのだった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

ネコ科の野生動物みたいな石像猫にクリックを。



人気ブログランキング

思わぬ攻撃にフリーズ中の姿にも二発目を。



【今日の一言】

阿部一二三が残念・・・・ というか対丸山で見ると心配です。 柔道って面白いんですよ!



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 02:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘え下手による必死の甘え

お盆休みの終盤に、こんにちわ。

茨城のあおり運転事件にようやく進展がありましたね。 東名での痛ましい事件の後も、こういった同じような騒動がつづくのは一体なぜなのやら。 局長です。



――― さて、本日の 『熊猫犬日記』 の更新は、連休恒例で午後までお待ちを。


20190817_にいな1

実は二日間ほど家を空けており、昨夜・・・・ というか3時間前に帰宅した俺。

いろいろと荷物の片付けなどを済ませて、ようやくPCチェアに腰を下ろすと、ものすごく自然な流れで足の上ににいなが乗ってきた。



20190817_にいな2

絵に描いたような甘え下手ゆえに、寿喜みたいにニャ~ニャ~と何かを訴えることもなく、無言、且つ無表情のまま乗ってくるにいな。



20190817_にいな3

石像みたいな姿をしつつも、実は寂しかったのだろうか。
不器用なヤツだ。



20190817_にいな4

人間だったら中2男子と同じ14歳だというのに、まだまだ甘えたい年頃らしい。
でも、甘えるのは下手だけど。



20190817_にいな5

その下には、嫁である稚葉がいた。

甘える亭主の邪魔はせず、それでいて一応近くにポジショニングしていたのだろうか。
そうだとしたら、なかなかの夫婦じゃないか。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

不器用猫に「ポイントは先付けよ♥」のクリックを



人気ブログランキング

石仮面みたいな “しかめっ面” にも二発目を。



【今日の一言】

ひょっとしたら体力的に本更新できないかも。 そしたらこの記事が “本更新”ってことで。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 07:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のワクチン祭り 2019 | にいな編

火曜日の朝に、こんにちわ。

大阪の警察官を刺して拳銃を奪った事件、犯人が捕まって良かったですね。 捕まるまでは怖くて外を歩けなかったでしょう。 物騒な世の中になったものです。 局長です。



――― さて、毎年恒例 “春のワクチン祭り” のレポートもようやく最終章。


20190618_にいなワクチン1

4匹まとめて一斉にワクチンをぶち込んでしまおうという一大イベントも、トップバッターの真熊から始まり、2匹目の寿喜、3匹目の稚葉と順調にスケジュールを消化し、いよいよ “トリ” に。



満を持してキャリーの中からその姿を現したのは ―――


20190618_にいなワクチン2

石像のように動かない、我が家の最年長、にいなである。

ただ単に動かないだけなのか、それとも “病院慣れ” ぶりが日本屈指のレベルに達しているのか、とにかく獣医師にとっても “診察しやすい動物ナンバー1” であること間違いなしの14歳だ。



20190618_にいなワクチン3

体重は、5.30kg
一昨年から、5.12kg5.06kg ⇒ 5.30kg という推移だが、まぁ許容範囲内の推移だろう。



20190618_にいなワクチン4

さっそく触診から始まり、聴診器による心音チェックと移行するが、このにいなが一体どれだけ病院慣れしているのかは、俺の説明よりも、以下の写真をご覧いただくだけでよく分かると思う。



20190618_にいなワクチン5



20190618_にいなワクチン6



20190618_にいなワクチン7



20190618_にいなワクチン8

肛門への体温計挿入でさえ、この落ち着きぶり。

もはや何かを達観したかのような不動心。
周囲の雑音などはノイズにしかならないのか、耳まで閉じているではないか。



20190618_にいなワクチン9

余裕すぎる。

ルーティーンの如く、粛々と診察を消化していく。
春先に行われる人間の健康診断でさえ、もう少しバタバタするくらいだ。



20190618_にいなワクチン10

すべての診察において健康体であることを証明したところで、いざこの日本来の目的であるワクチン接種へ。

いちごシェイク” のような色味の注射を首元に射ち込む。



20190618_にいなワクチン11

あっという間にミッション終了。
さすがは年の功というべきか、手の掛からない大人の貫録を十分に見せつけたにいな。

隙あらば逃走しようとする稚葉とは違って、放置しておいても小一時間くらいはこのまま診察台の上でジッとしていそうだ。



20190618_にいなワクチン12

でも、頭をなでて労ってやると、こんな表情に。
動きも感情表現も少ないヤツだが、褒められることは嫌いじゃないのだ、きっと。

こうして、今年も春の一大イベントは大きな問題もなく無事に終了したのであった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

病院慣れっぷりが半端ない石像猫にクリックを。



人気ブログランキング

逃げようとする様子すらない姿にも二発目を。



【今日の一言】

昨夜の、『自衛隊の花嫁』 観ました? 自衛官のお見合いって真面目でいいですよね。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 04:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【祝】 にいな14歳 (動画あり)

平成最後の土曜日に、こんにちわ。

もはや4月30日まではどこもかしこも「平成最後」を連呼することでしょうね。 逆に5月1日からは「令和おめでとう!」みたいな祝い方が正しいのか混乱している局長です。



――― さて、本日は我が家にとっては大切な節目でもある4月27日


20190427_祝にいな14歳1

そう、にいなが我が家にやって来て、なんと14周年

早い、あまりにも早い。
14年といったら、生まれた子供が中学2年生になるまでの歳月じゃないか。



20190427_祝にいな14歳2

まだ離乳もしていない赤ん坊の状態で保護されたにいなは、恐らく生まれたのもほんの数日~2週間前くらい。

そこで、この日は 「我が家に来た記念日」 というよりも、“誕生日” としてお祝いしている。



20190427_祝にいな14歳3

14年か・・・・

アライグマ “千寿” の生きた年月を、もうじき超えるということだ。
我が家の長寿記録を塗り替えようというのだな、にいな。



20190427_祝にいな14歳9

猫とも熊とも言えないような、不思議なビジュアルだった幼少期は、「将来は一体どんな姿に育つのだろう・・・・」 なんて楽しみが大きかったのに、至って普通の猫の姿に仕上がってしまった。



20190427_祝にいな14歳8

むっちり、そしてズシっとするボディは、10年前まで “広島女” から抱き枕として熱烈な寵愛を受けていた。



20190427_祝にいな14歳4

その彼女が出て行ってからは、俺からの愛情をめぐって寿喜への嫉妬が大きくなってしまい、“スプレー問題” に苦しむ日々がつづいたが、稚葉の登場によって以前の穏やかな性格を取り戻したにいな。



20190427_祝にいな14歳5

人間と同じで、猫も人生(猫生) “山あり谷あり” だ。
そう考えると、やっぱり14年という歳月は長い。



20190427_祝にいな14歳6

千寿と違って、丸一日ほとんど動かない点も長生きの秘訣だろうか。
体力の消耗を最小限に抑えているため、組織の劣化が遅いとかなのか?



20190427_祝にいな14歳7

体内時計により今日が自分の誕生日だと理解しているのだろうか。
お昼過ぎに起きてからというもの、ずっとこうして俺の上で甘えている。

普段は甘え下手だというのに。




では、せっかくなので過去にもアップしたけど、にいなの幼少期の動画を ―――



2012年の誕生日記念にアップした動画。
職場で保護されて数日という頃。




同じく2012年の誕生日記念のアップ動画。
赤ん坊の頃は、まだアクティブに動いていたんだな、にいな。




同じく2012年のアップ動画。
このヨチヨチ歩きから、14年の歳月を経て石像みたいな姿に・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

無事に14歳を迎えたにいなにお祝いのクリックを



人気ブログランキング

アクセス等がガタ落ちする連休中も見てね。



【今日の一言】

平成30年間の半分近くを生き抜いたってことか、にいなよ。 令和も長生きしようぜ!




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 15:54 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上流階級のリボン

日曜日の朝に、こんにちわ。

三連休の中日ですね。 エスパー伊東が芸能界引退という悲しいニュースが飛び込んできましたが、今夜の 『下町ロケット』 の最終回に神経を集中させます。 局長です。



――― さて、きっとアクセス等も激減するであろう連休中なので、他愛もないお話を。


20181223_にいなリボン1

我が家の動物たちの中では最年長で、アスファルトみたいな色をした、石像のようにピクリとも動かない、漬物石みたいなシルエットの猫・にいな



20181223_にいなリボン2

最近、このにいなに少しばかり変わった出来事があったのだが、賢明な読者のアナタであればさすがに把握できていただろうか。

いや、できていないワケがない。



20181209_真熊5

そう、実は首回りに赤いリボンを装着しているのだ。
品のある赤いリボンを。



20181223_にいなリボン3

別に俺がメルヘンチックな思いに浸り始めたというわけではない。
当然だがクリスマスを意識していることもない。



20181223_にいなリボン4

理由は至ってよくあること。
きっとアナタも動物を飼っていれば、明日にでも起こり得ることである。



20181223_にいなリボン5

先日、職場の忘年会があったのだが、なぜかそこで幹事の女子から、きれいにパッケージングされたお菓子が全員に配られた。



20181223_にいなリボン6

帰宅してからパッケージを開封したのだが、せっかくお菓子を飾ってくれていたそのリボンを無慈悲に捨てるのも気が引けたので、ちょうど足元にいた石像みたいな猫の首輪に付けてみたのだ。



20181223_にいなリボン7

オシャレをすると気分が高揚する心理は、どうやら猫にも通ずるものらしい。
この写真からも明らかなように、にいなのテンションは瞬間湯沸かし器の如く上昇している。



20181223_にいなリボン8

その後も、とくにリボンを嫌がる素振りも見せず、まるで蝶ネクタイをした紳士のように気品に満ちた振る舞いを見せつづけるにいな。

“上流階級の猫” そのものの姿だ。



20181223_にいなリボン9

まるで後ろにいる寿喜が、その辺にいる野良猫のような安っぽさに見えてしまうほど、猫のランクを一つ二つ上げてしまう赤いリボンの不思議な魅力。



20181223_にいなリボン10

以前、『サザエさん』 宅の “タマ” みたいに首輪に鈴を付けてみたら、狂ったように嫌がったのだが、どうやらリボンは気に入ってくれたらしい。

今度はもっとちゃんとしたリボンを買ってきてやろうじゃないか。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

上流階級の猫へのランクアップにクリックを。



人気ブログランキング

まるで “貴族猫と庶民猫の邂逅” みたいな姿。



【今日の一言】

今クールのドラマは面白い作品が多かったですね。 「中学聖日記」に「今日から俺は!!」など。
 


七度目のダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| にいな | 10:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ