熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

半纏地獄、時々ところてん

週の真ん中に、こんにちわ。

昨今の「AI」(人工知能)ブームはスゴイですよね。 この手の新機能ブームが起こるたびに、最近じゃまったく耳にしなくなった「ファジー機能」を思い出してしまいます。 局長です。



――― さて、ある夜の我が家のリビングでのお話。


20180411_半纏地獄1

決して脱ぎ捨てていたわけではなく、脱いで「置いて」おいた俺の半纏(はんてん)が、にいなによってなぜか敷布団にされていた。

仮にも自分のご主人の衣服を、そのように扱わせることは教育上良くないと判断した俺は、にいなの頭部に袖の部分を被せてみた。



20180411_半纏地獄2

それまで熟睡していたというのに、飛び起きて慌ただしく動き出すにいな。

明らかに動揺している。
激しい動きの中、袖口から顔が突き出た。



20180411_半纏地獄3

次いで前足も袖口から外へ。
どうやら、この「袖」という空間から急いで離脱しようと試みているらしい。



20180411_半纏地獄4

普段は小さな箱にギュウギュウに入り込むくらい狭い場所が好きだというのに、“半纏の袖” は例外なのだろうか。

体をバタつかせて、必死に脱出しようと足掻いている。



20180411_半纏地獄5

ちょっとした苦戦の末に、ようやく「ところてん」の如くヌルっと体を押し出すことに成功したにいな。
どことなく気持ち悪い絵ヅラだ。

こんなに苦労せずとも、ちょっと後ろに後退すれば済んだ話なのに、何ゆえ狭い袖口の中で「前進」を選んでしまったのやら。



20180411_半纏地獄6

猫のストレス解消手段で最も代表的な行為である爪とぎ。

俺を睨みつけながらムキになって爪をといでいるのは、無言の抗議、もしくは怒りを表しているのだろうか。



20180411_半纏地獄7

少し経ってようやく落ち着きを取り戻してくると、目つきも少し穏やかに。

とはいえ、元はと言えば俺の半纏を勝手に敷布団にしていたのが悪いのだから、自業自得というやつだ。




【期間限定企画】 局 長 は 今 ・・・・





昨日から突如として始まった同コーナーでは、度肝を抜かれた人も多かろう。

だが、実際にはアナタも俺のことを “けっこうプラハの街並みとか似合いそうな男” と薄々感じていたはずだ。





そんなことより、チェコはビールがコーラよりも安くて衝撃です。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

激しく焦りながらも脱出成功のにいなにクリックを。



人気ブログランキング

「ところてん」みたいで気持ち悪いけど。



【今日の一言】

「ファジー機能」って結局はなんだったんでしょうか。 バブルの遺産でしょうか。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 02:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨドバシドット猫 【動画あり】

週の真ん中に、こんにちわ。

開幕戦を落とした巨人がその後に三連勝という好スタートを見せている中、開幕戦からぶっちぎりの四連勝という広島カープはちょっと強すぎではないでしょうか。 局長です。



――― 真熊の11歳の誕生日には、たくさんのコメントをありがとうございました。


20180404_ヨドバシドット猫1

我が家にとって大きな節目が過ぎたところで、本日はちょっと箸休め的な内容で。

「Amazon」、「楽天」に次ぐ通販大手といえば、『ヨドバシドットコム』。
俺もよく利用しているのだが、当然そこには梱包用の箱が発生する。



ということで、箱をこよなく愛する猫たちに与えてみる。



いつものようなスーパーでもらってくる “くたびれた段ボール” と違って、「ヨドバシカメラ」のブランディングがされている白いオシャレな箱である。

にもかかわらず、一向に猫たちが入ろうとしない・・・・




「椅子取りゲーム」のように相手の出方を窺っているのだろうか。

不意に外を眺めたり、毛づくろいをしてあげたりと、入りそうで入らない、もったいぶった動きばかりを見せてくる猫にじれったさでお感じてしまったのか、真熊までがフレームインしてきたではないか。



しかし、その日の夜になると ―――


20180404_ヨドバシドット猫2

「ゴキブリホイホイ」のように猫が一匹吸い込まれていた。

一見すると “段ボールに入れられた漬物石” かと勘違いしてしまいそうだが、石色ボディのにいながスッポリ入っているのだ。



20180404_ヨドバシドット猫3

最初に箱を置いてから、実に6時間以上も経過しているではないか。
いくらなんでも、もったいぶり過ぎだ。



20180404_ヨドバシドット猫4

今さら「箱にはしゃぐ自分の姿を見られたくない」などという色気が生じたのだろうか。
もしくは、猫同士でけん制し合い過ぎて、箱に入るタイミングを逸してしまったのか。



20180404_ヨドバシドット猫5

だが、寝ていたのに俺のスマホのシャッター音で目が覚めたのか、それとも目が小さいだけで最初から起きていたのかは不明だが、ひたるすら写真を撮りつづけている俺に対し、「さぁどうぞ」とばかりにいきなり姿勢を正してきたにいな



20180404_ヨドバシドット猫6

とはいえ、目は死んだ魚のようだ。

箱が大好きなのになかなか入らないし、入ったら入ったでこの表情だし、この日のにいなは実に感情が読みづらかった。



20180404_ヨドバシドット猫7

すると、ヨドバシドットコムの箱には満足できたのだろうか。
箱を後にしたにいなは、おもむろに猫キック用のおもちゃに飛びついた。

本当に何がしたいんだ、キサマは・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

もったいぶる箱猫に「じれったい!」のクリックを。



人気ブログランキング

大好きな箱の中でもしかめっ面は崩さない。



【今日の一言】

戦力も充実しているし、カープがこのまま最初から最後まで首位で終わるような気が・・・・
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 03:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫の日の一コマ

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

パラリンピック、成田緑夢が念願の金メダルに輝きましたね。 いろいろな困難を克服しながらの悲願達成に頭が下がります。 もう少し報道してあげてほしいものです。 局長です。



――― さて、一ヶ月ほど前になるが、2月のとある週末のお話。


20180317_猫の日1

「おぃキサマ、これ食べたいか?」

ちょうどそこにいた無愛想な石像みたいな猫に、よく似たイラストが描かれたパッケージのお菓子を見せつけてみた。



20180317_猫の日2

カルディの “ねこちゃんダックワーズ” 。
2月22日が 『猫の日』 だからと、知り合いから戴いたのだった。

しかも、ちょうどこのにいなのようなグレーの猫が描かれているからと。



20180317_猫の日3

当然、食べさせてあげるわけはないのだが、とりあえずリアクションを確かめるためだけに、にいなに見せびらかしてみた。



結果は・・・・


20180317_猫の日4

予想はできていたことだが、やっぱり何も話が広がるようなこともない無反応ぶりだった。
自分がアスファルトみたいな色をしているという自覚がないのだろうか。



20180317_猫の日5

それでも、なんとなく気になってきたのか、少しだけ興味を見せ始めた。

天然猫の寿喜であれば、もう少し撮れ高のいい写真になっただろうに。
パッケージがグレーの猫だったために、こうした人選(猫選)になったのだ。



20180317_猫の日6

ちなみにこのお菓子、「猫」絡みだからといって鰹節や焼き魚の味がするなんてことはなく、ラムレーズンが入ったホワイトチョコのビスケットだった。

猫感は一切なく、ものすごく甘かったが美味しかった。



20180317_猫の日7

「黒いモフモフの毛の犬」とかが描かれていたら、コイツとの写真も撮ったのだが、今回は絡めようがなかったので完全に蚊帳の外になってしまった真熊

キサマはまた次の機会にな。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

お菓子を見せつけられただけの猫にクリックを。



人気ブログランキング

写真の撮れ高が悪い猫で申し訳ない限りです。



【今日の一言】

パラリンピックの公式ソングを歌っている元SMAPの三人がまったくテレビに映らない違和感。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 15:30 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

膝の上の猫 【甘え下手編】

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

リオ五輪で金メダルラッシュに沸いた女子レスリング界が、何やらゴタゴタしたことになっていますね。 今はなんでもかんでも「ハラスメント」って叫ばれちゃいますね。 局長です。



――― さて、週末の本更新恒例で、「動物たちの日常」シリーズ。


20180303_膝の上のにいな1

その中でも、本日はこのアスファルトみたいな色をした無愛想な猫にスポットを当ててみる。

仕事から帰宅し、パソコンチェアに腰を下ろして、足をソファの肘掛けに投げ出した俺。
すると、待ってましたとばかりに膝の上に飛び乗って来たのが、こいつ。



20180303_膝の上のにいな2

無愛想で不器用な、驚くほど甘え下手な石像のように動かない猫、にいなである。

いつもなら、甘え上手な寿喜が真っ先に飛んで来るのだが、この日はなぜかにいなが一着、寿喜は近づいてすら来なかった。



20180303_膝の上のにいな3

そして、俺の体温を吸い取るかのように、ぬくぬくしながら眠り始めた。
こうなると、俺は身動きが取れなくなるので、実は非常に迷惑だったりする。



20180303_膝の上のにいな4

しばらくすると、寝返りして向きを反転。
完全に長居する気のようだ。



20180303_膝の上のにいな5

真熊の散歩、動物たちの晩ごはん、お風呂、自分の食事、ブログの更新・・・・ と、数時間のうちにやることが盛りだくさんの俺にとっては、とんでもない時間ロスだというのに、こんなに気持ち良さそうに寝られてしまうと、ちょっと退けづらくて困ってしまう。



20180303_膝の上のにいな6

しかし、野良猫出身の寿喜があんなに甘え上手だというのに、赤子のうちから飼い猫だったコイツがもっとも甘え下手とは、一体どういうことなのだろう。

プライドが高いのだろうか。



20180303_膝の上のにいな7

ちなみに、真熊稚葉はここにいた。

稚葉はにいなで暖を取りたいのだろうに、女心が分からないオス猫のおかげで、寒々しい姿でじっと待機させられていた。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

頑張って甘えたのか、にいなに愛のクリックを。



人気ブログランキング

にいなと一心同体の稚葉も甘え下手だけど。



【今日の一言】

そういえば、レスリングって男子では日体大が有名だけど、女子は志學館大学ですよね。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 14:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

病院慣れ|毎年恒例の一大イベント ~にいな編

花金ですね、こんにちわ。

関東地方も梅雨入りしたんですね。 俺のような天然パーマネント種族にとっては、花粉症シーズンと並ぶくらい厄介な時期なんです。 早く明けて大好きな夏になってほしいです。 局長です。



――― さて、“毎年恒例の一大イベント” と銘打ったシリーズも四話目に。


20170609_にいなのワクチン1

犬猫を飼う者にとっての責務である「ワクチン接種」。

真熊と稚葉という異色のペアで「第一セット」を終えたところで、一旦帰宅。
残りの二匹をセッティングして「第二セット」へと動き出した俺。



20170609_にいなのワクチン2

その二匹がどういう組み合わせかは今さら言うまでもないと思うが、最初の生贄は年功序列でコイツにした。

最近はストレスもなくなって安定した生活を送れている “にいな” だ。



20170609_にいなのワクチン3

いやに落ち着いている。

真熊のように早く帰りたがることもなければ、稚葉のように怯えることもない。
いつもどおりの面構えだ。



20170609_にいなのワクチン4

さすがに12年間も通いつづけていれば、“慣れ” が発生するのだ。

これから何をされて、どうなるのか、すべて分かりきっているらしい。
動物病院に連れて来られた猫とは思えないくらい堂々としている。



20170609_にいなワクチン接種13

体重は「5.12kg」。

最近は丸くなっていたし、抱っこした感じはてっきり全盛期の6kgに戻っているもんかと思っていたが、まだまだこんなもんだったとは。

でも、ストレスで4kg台まで落ちていた頃からは、着実に増えてきているようだ。



20170609_にいなのワクチン5

ということで、まずは目をチェック。
落ち着いているとはいえ、イヤには変わりないようだ。



20170609_にいなのワクチン6

次に、口の中もチェック。
まだまだ歯も丈夫らしい。



20170609_にいなのワクチン7

耳の中もチェック。
ちょっと汚れていたので、ちゃんと綿棒できれいにしないと。



20170609_にいなのワクチン8

イヤだからといって、決して逃げ出そうとはしないところは大したものだ。

多分、「明日からここで看板猫として暮らせ」と本気で言われても、すぐに順応できてしまいそうだ。



20170609_にいなのワクチン9

そして聴診器による心音チェック。

雑音もなければ、中から別の猫の声が聞こえてくるような超常現象もなし。
代わりに、「ゴゴゴゴ・・・・」という効果音が聞こえてしまいそうだ。



20170609_にいなのワクチン10

最後に、肛門からの体温測定。
こちらも異常なし。

12歳のジジイだが、驚くほどの健康体らしい。



20170609_にいなのワクチン11

一通りの健康診断が終わったところで、本来の目的であるワクチン接種の注射。
これも、とくに痛みもないらしく、何事もなかったかのようにやり過ごした。



こうして、あまりにも抵抗しないので、全工程が驚くほどの早さで終了。


20170609_にいなのワクチン12

病院にとっても、愛想の悪さを除けば実に手の掛からない患者だろう。

猫を飼っている人は、是非お手本にしてはどうだろう、“スプレー問題” の過去はなかったことにして・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

表情一つ変えずに全工程をクリアするにいなにクリックを。



人気ブログランキング

あまりに動きがなくて、写真の撮れ高は悪い・・・・



【今日の一言】

「梅雨」という季語は語るけど、某チームの13連敗には触れもしない失望中の俺。
 

| にいな | 02:41 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ