FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

猫たちの夏支度 ~ にいな編

花金の朝に、こんにちわ。

各地で熱中症による事故が相次いでいますが、こんな状態でも「夏の甲子園」は決行するんですね。 下手すりゃ死者が出ちゃうんじゃないでしょうか。 局長です。



――― さて、先日のつづきで、猫たちの “夏支度” レポート。


20180720_にいなブラッシング1

夏本番を迎えて、猫たちのアンダーコートを魔法のブラシ “ファーミネーター” で根こそぎ取り除いてやろうという暑さ対策である。





20180720_にいなブラッシング2

例年は大人しくブラッシングされていたくせに、今年に限って序盤はあちこち逃げ回っていた寿喜も、結局はこの「ありがたみ」を思い出し、最後はされるがままに。



20180720_にいなブラッシング3

今年の第二弾であるにいなの番になっても、まだその余韻に浸ったままだった。

まるでベッドに貼り付いているような状態だ。
にいなのブラッシングに少し邪魔だったりもしていた。



20180720_にいなブラッシング4

そんな寿喜と違い、にいなはさすがだ。

普段から石像のように動かないだけあって、一年ぶりのブラッシングがおもむろに始まっても、やはりピクリとも動かない。



20180720_にいなブラッシング5

まるで漬物石にハケで色でも塗っているかのような安定ぶり。



20180720_にいなブラッシング6

背中の毛がある程度取り終わったら、「次はこっち」と自ら体の向きを変えて “面” を出す。
実に手の掛からない猫である。



20180720_にいなブラッシング7

とはいえ、猫にとっては「たまらにゃい」と感じる “禁断の部位” にブラシが達すると、抵抗はしないものの激しく何かを叫んでいた。



20180720_にいなブラッシング8

当然といえば当然なのだが、寿喜からは白いアンダーコートが大量に取れ、にいなからはアスファルトのような石色のそれが「収穫」される。



20180720_にいなブラッシング9

寿喜とは逆で、なぜか最後はフローリングの上でブラッシングされたいと考えたらしく、いきなりベッドから降りてこの状態になってしまったにいな。

よく見ると、寿喜以上に真ん丸い顔をしている。



20180720_にいなブラッシング10

なかなか余韻から覚めない寿喜を背に、にいなも最後の仕上げ段階に。
こうして猫たちの夏支度も、3匹中2匹が完了したのだった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

↑不具合やっと解消されたらしいがまだ怪しい。



人気ブログランキング

最初から最後まで動かない猫にクリックを。



【今日の一言】

選手に限らず応援団、観客など、熱中症で医務室やら病院に運び込まれる人が続出しそう。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| にいな | 02:36 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッカーW杯のテレビ応援

土曜日の朝に、こんにちわ。

やはり日本代表の予選リーグ最終戦での選択は、世界中で議論を巻き起こしていますが、実は俺も否定的なんです。 “フェアプレー” ポイントが皮肉だなと。 局長です。



――― さて、本日の「熊猫犬日記」の更新は、週末恒例で午後までお待ちを。


20180630_W杯1

それまでの間は、とはいえサッカーW杯の日本代表戦を一生懸命応援していた我が家の様子を見ながら、午後の本更新までお時間をつぶしてみてください。

初戦のコロンビア戦。



20180630_W杯2

開始早々にコロンビア選手がハンドによる一発退場で日本は数的優位に。
香川もPKを決めて、幸先のいい出だし。



20180630_W杯4

しかし前半の終了を目前にして、まさかのFK献上でフアン・キンテーロに「壁」の下から同点弾を決められる。



20180630_W杯3

後半戦に入ると、同点弾を決めたフアン・キンテーロに代えて、ついにエースのハメス・ロドリゲス が投入される。

それでも「半端ないって」の大迫が渾身のヘディングを決めて逆転。



最後までリードを守りきり、南米チームのコロンビア相手に大金星。


20180630_W杯5

・・・・という手に汗握る緊迫した試合だったのだが、テレビとカメラの間に鎮座する石像猫はピクリとも動かず。

実は時折、本当に石化しているのかもしれない。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

石像猫に「ポイントは先付けよ♥」のポチっを。



人気ブログランキング

決勝Tは世界から称賛されるようなプレーを!



【今日の一言】

でも、ベンチワークに従った選手にも、当然その判断をしたベンチにも罪はないですよ!
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| にいな | 07:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のワクチン祭り ~ にいな編

木曜日の朝に、こんにちわ。

またも新幹線で突拍子もない事件が起きてしまいましたね。「むしゃくしゃしてた」とか「誰でもよかった」という言葉は聞き飽きました。 厳罰に処してほしいものです。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、少し前の週末のお話。


20180614_にいなワクチン1

犬猫の飼い主にとって年に一度の責務である “ワクチン接種” のために、今年は初めて我が家の犬猫計4匹を一度に全員連れて、かかりつけの動物病院にやって来た俺。

大の病院嫌いである稚葉の注射をまっさきに済ませたのち、これから2匹目のワクチンに。



20180614_にいなワクチン2

選ばれたのは、石像のように動かない猫、にいな
笛の音に合わせて壺から出てくるヘビの如く、無表情のままにキャリーから姿を見せる。



20180614_にいなワクチン3

診察台に乗せると、とくに暴れる様子もなく、辺りをキョロキョロと見回す。
同時に、記憶をさかのぼる。



20180614_にいなワクチン4

そして思い出したらしい、ここが動物病院であることを。

赤子の頃からこれまで、実に13年間も通っているので、もはや “馴染みの場所” になっていることだろう。



20180614_にいなワクチン14

しかし、本人(本猫)的には「騙された」とでも思っているのだろうか。
明らかにメンチ切っているような顔つきでカメラを睨んでいるではないか。

カメラを向けられると、それまで笑っていたのに急にメンチを切るヤンキーみたいだ。



20180614_にいなワクチン7

でも、やっぱり慣れっこらしく、とくに動揺する様子もないどころか、のんきに “伸び” をするくらいのリラックスぶり。



20180614_にいなワクチン10

体重は、ほぼ5kg。

昨年から100gほど落ちているが、まぁ横ばいで安定している。
全盛期は6kg台だったので、数値の上では戻っていないのだが、十分デカいし重い気がする。



20180614_にいなワクチン5

稚葉同様に、目や耳から診察を始める。
石像のようにピクリとも動かないので、先生にとっても楽だろう。



20180614_にいなワクチン6

ただ口内については、これまた稚葉と同じく頑なに口を開くことを拒む。
猫は口の中を見られることを嫌がる生き物なのだろうか。



20180614_にいなワクチン8

なんとか口内を診察し、今度は触診。
でっぷりとしたお腹周りも、とくに異常は見られなかった。



20180614_にいなワクチン9

聴診器による問診も異常なし。
13歳のシニア猫なのだが、なかなかの健康体らしい。



20180614_にいなワクチン11

最後に肛門からの体温測定。
ここまで、ほぼ動かなかったにいなだが、さすがにこれは毎年嫌がっている。



20180614_にいなワクチン12

健康診断の全工程が終わったところで、この日の主目的である混合ワクチンを、これまた先生が事務的に射ち込む。

稚葉もそうだったが、にいなもまったく気付かないままに終了。



20180614_にいなワクチン13

こうして、最初から最後まで一切表情を変えずに、無事ミッション終了。
再びヘビが壺の中に納まっていくかのごとく、キャリーの中へと消えていくにいな。

稚葉と比べて無表情すぎて、写真の “撮れ高” としては低かったような気がする・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

表情が1ミリも変わらないにいなにクリックを。



人気ブログランキング

動かないから実はリードも必要ないんだけど。



【今日の一言】

新幹線の事件、他人を巻き込まないで、潔く一人で自決すりゃいいものを。 身勝手な話だ。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook


ダニエル・ウェリントン

ひょんなことから6度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 

| にいな | 03:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【祝】 にいな13歳 (動画あり)

4月最後の花金に、こんにちわ。

相変わらずテレビ業界の “ジャニーズ忖度” にウンザリしますね。 何ゆえジャニーズ事務所のタレントが不祥事を起こすと “〇〇メンバー” という呼称になるのやら。 局長です。



――― さて、本日は我が家にとっては大切な節目でもある4月27日。


20180427_にいな1

通称「死にな!の日」とも言われる、語呂合わせすると響きが悪すぎる4月27日。
賢明な読者のアナタなら、もうお分かりだろう。

俺の盟友 “Mキック” の誕生日であると同時に、もう一つの記念日―――



20180427_にいな3

そう、我が家の最年長、石像のようにピクリとも動かない猫、にいなを保護して13周年。
便宜上、“誕生日” としているメモリアルデーである。

つまり、にいなも13歳というジジイになったわけだ。



20180427_にいな4

一時期は、どうにも反りの合わない寿喜によるストレスに悩まされ、“スプレー問題” を繰り返し、俺を心の底から悩ませたりもしたが、最後にスプレーしたのは何年前だろう・・・・といほど現在は落ち着いている元ストレス猫。



20180427_にいな5

さすがに13歳ともなると、大あくび一つ取っても、その辺の若僧とは貫録が違う。

不純物ゼロの “化け猫” だ。
見る者を決して幸せな気持ちにはさせない、ムンクの 『叫び』 レベルの絵面。



20180427_にいな2

同じ大あくびでも、寿喜のそれとは明らかに違う異質のものだ。

アスファルトみたいなボディカラーが起因しているのだろうか。
もしくは、別の要因か・・・・



20180427_にいな7

若い頃は、可愛かったのに。
汚れを知らない無垢な表情に、澄んだ瞳で・・・・

と綴り始めたのだが、写真を見る限り、今との違いが見い出せなかった。 (写真は2008年)



20180427_にいな6

今では4匹の大所帯だが、以前は千寿・にいな・真熊の3匹体制から、逝去した千寿を除いた真熊との2匹兄弟という寂しい家族構成だった。

そのせいか、2匹はいつも一緒にいたものだ。 (この写真も2008年)



20180427_にいな8

でも、最近は “暴れ恋女房” 稚葉を娶ったこともあり、真熊との絡みも激減した気がする。



20180427_にいな9

2008年末に寿喜が来てからというもの、俺からの愛情が物足りなくなったのか、問題行動ばかりを繰り返していたが、そんな自分に懐いてくれる稚葉という存在に、急激に癒されていったらしい。

今では完全に尻に敷かれているが。



20180427_にいな10

猫は犬よりも平均的に長生きできるはずだから、最低でも二十歳を迎えるまでは元気に頑張ってもらわないと。

13周年、おめでとうな、にいなよ。




「真熊との絡みが激減した」なんて綴ったものの、まさに昨夜、久しぶりに真熊からの理不尽な攻撃を受けていたにいな。

なんのかんの、今もこうして2匹で絡み合っているのは、見ていて嬉しいものだ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

13歳になった石像猫に「おめでとう!」のクリックを。



人気ブログランキング

ちょっと太って最近は真ん丸になりつつある。



【今日の一言】

ノンスタイルの井上も書類送検だったけど、「井上メンバー」とは呼ばれていなかったのに・・・・
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 02:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

半纏地獄、時々ところてん

週の真ん中に、こんにちわ。

昨今の「AI」(人工知能)ブームはスゴイですよね。 この手の新機能ブームが起こるたびに、最近じゃまったく耳にしなくなった「ファジー機能」を思い出してしまいます。 局長です。



――― さて、ある夜の我が家のリビングでのお話。


20180411_半纏地獄1

決して脱ぎ捨てていたわけではなく、脱いで「置いて」おいた俺の半纏(はんてん)が、にいなによってなぜか敷布団にされていた。

仮にも自分のご主人の衣服を、そのように扱わせることは教育上良くないと判断した俺は、にいなの頭部に袖の部分を被せてみた。



20180411_半纏地獄2

それまで熟睡していたというのに、飛び起きて慌ただしく動き出すにいな。

明らかに動揺している。
激しい動きの中、袖口から顔が突き出た。



20180411_半纏地獄3

次いで前足も袖口から外へ。
どうやら、この「袖」という空間から急いで離脱しようと試みているらしい。



20180411_半纏地獄4

普段は小さな箱にギュウギュウに入り込むくらい狭い場所が好きだというのに、“半纏の袖” は例外なのだろうか。

体をバタつかせて、必死に脱出しようと足掻いている。



20180411_半纏地獄5

ちょっとした苦戦の末に、ようやく「ところてん」の如くヌルっと体を押し出すことに成功したにいな。
どことなく気持ち悪い絵ヅラだ。

こんなに苦労せずとも、ちょっと後ろに後退すれば済んだ話なのに、何ゆえ狭い袖口の中で「前進」を選んでしまったのやら。



20180411_半纏地獄6

猫のストレス解消手段で最も代表的な行為である爪とぎ。

俺を睨みつけながらムキになって爪をといでいるのは、無言の抗議、もしくは怒りを表しているのだろうか。



20180411_半纏地獄7

少し経ってようやく落ち着きを取り戻してくると、目つきも少し穏やかに。

とはいえ、元はと言えば俺の半纏を勝手に敷布団にしていたのが悪いのだから、自業自得というやつだ。




【期間限定企画】 局 長 は 今 ・・・・





昨日から突如として始まった同コーナーでは、度肝を抜かれた人も多かろう。

だが、実際にはアナタも俺のことを “けっこうプラハの街並みとか似合いそうな男” と薄々感じていたはずだ。





そんなことより、チェコはビールがコーラよりも安くて衝撃です。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

激しく焦りながらも脱出成功のにいなにクリックを。



人気ブログランキング

「ところてん」みたいで気持ち悪いけど。



【今日の一言】

「ファジー機能」って結局はなんだったんでしょうか。 バブルの遺産でしょうか。
 

『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 02:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ