FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

春のワクチン祭り 2019 | にいな編

火曜日の朝に、こんにちわ。

大阪の警察官を刺して拳銃を奪った事件、犯人が捕まって良かったですね。 捕まるまでは怖くて外を歩けなかったでしょう。 物騒な世の中になったものです。 局長です。



――― さて、毎年恒例 “春のワクチン祭り” のレポートもようやく最終章。


20190618_にいなワクチン1

4匹まとめて一斉にワクチンをぶち込んでしまおうという一大イベントも、トップバッターの真熊から始まり、2匹目の寿喜、3匹目の稚葉と順調にスケジュールを消化し、いよいよ “トリ” に。



満を持してキャリーの中からその姿を現したのは ―――


20190618_にいなワクチン2

石像のように動かない、我が家の最年長、にいなである。

ただ単に動かないだけなのか、それとも “病院慣れ” ぶりが日本屈指のレベルに達しているのか、とにかく獣医師にとっても “診察しやすい動物ナンバー1” であること間違いなしの14歳だ。



20190618_にいなワクチン3

体重は、5.30kg
一昨年から、5.12kg5.06kg ⇒ 5.30kg という推移だが、まぁ許容範囲内の推移だろう。



20190618_にいなワクチン4

さっそく触診から始まり、聴診器による心音チェックと移行するが、このにいなが一体どれだけ病院慣れしているのかは、俺の説明よりも、以下の写真をご覧いただくだけでよく分かると思う。



20190618_にいなワクチン5



20190618_にいなワクチン6



20190618_にいなワクチン7



20190618_にいなワクチン8

肛門への体温計挿入でさえ、この落ち着きぶり。

もはや何かを達観したかのような不動心。
周囲の雑音などはノイズにしかならないのか、耳まで閉じているではないか。



20190618_にいなワクチン9

余裕すぎる。

ルーティーンの如く、粛々と診察を消化していく。
春先に行われる人間の健康診断でさえ、もう少しバタバタするくらいだ。



20190618_にいなワクチン10

すべての診察において健康体であることを証明したところで、いざこの日本来の目的であるワクチン接種へ。

いちごシェイク” のような色味の注射を首元に射ち込む。



20190618_にいなワクチン11

あっという間にミッション終了。
さすがは年の功というべきか、手の掛からない大人の貫録を十分に見せつけたにいな。

隙あらば逃走しようとする稚葉とは違って、放置しておいても小一時間くらいはこのまま診察台の上でジッとしていそうだ。



20190618_にいなワクチン12

でも、頭をなでて労ってやると、こんな表情に。
動きも感情表現も少ないヤツだが、褒められることは嫌いじゃないのだ、きっと。

こうして、今年も春の一大イベントは大きな問題もなく無事に終了したのであった。






ランキングに参加しています。
更新の励みに投票クリックをお願いします ―――


にほんブログ村

病院慣れっぷりが半端ない石像猫にクリックを。



人気ブログランキング

逃げようとする様子すらない姿にも二発目を。



【今日の一言】

昨夜の、『自衛隊の花嫁』 観ました? 自衛官のお見合いって真面目でいいですよね。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 04:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【祝】 にいな14歳 (動画あり)

平成最後の土曜日に、こんにちわ。

もはや4月30日まではどこもかしこも「平成最後」を連呼することでしょうね。 逆に5月1日からは「令和おめでとう!」みたいな祝い方が正しいのか混乱している局長です。



――― さて、本日は我が家にとっては大切な節目でもある4月27日


20190427_祝にいな14歳1

そう、にいなが我が家にやって来て、なんと14周年

早い、あまりにも早い。
14年といったら、生まれた子供が中学2年生になるまでの歳月じゃないか。



20190427_祝にいな14歳2

まだ離乳もしていない赤ん坊の状態で保護されたにいなは、恐らく生まれたのもほんの数日~2週間前くらい。

そこで、この日は 「我が家に来た記念日」 というよりも、“誕生日” としてお祝いしている。



20190427_祝にいな14歳3

14年か・・・・

アライグマ “千寿” の生きた年月を、もうじき超えるということだ。
我が家の長寿記録を塗り替えようというのだな、にいな。



20190427_祝にいな14歳9

猫とも熊とも言えないような、不思議なビジュアルだった幼少期は、「将来は一体どんな姿に育つのだろう・・・・」 なんて楽しみが大きかったのに、至って普通の猫の姿に仕上がってしまった。



20190427_祝にいな14歳8

むっちり、そしてズシっとするボディは、10年前まで “広島女” から抱き枕として熱烈な寵愛を受けていた。



20190427_祝にいな14歳4

その彼女が出て行ってからは、俺からの愛情をめぐって寿喜への嫉妬が大きくなってしまい、“スプレー問題” に苦しむ日々がつづいたが、稚葉の登場によって以前の穏やかな性格を取り戻したにいな。



20190427_祝にいな14歳5

人間と同じで、猫も人生(猫生) “山あり谷あり” だ。
そう考えると、やっぱり14年という歳月は長い。



20190427_祝にいな14歳6

千寿と違って、丸一日ほとんど動かない点も長生きの秘訣だろうか。
体力の消耗を最小限に抑えているため、組織の劣化が遅いとかなのか?



20190427_祝にいな14歳7

体内時計により今日が自分の誕生日だと理解しているのだろうか。
お昼過ぎに起きてからというもの、ずっとこうして俺の上で甘えている。

普段は甘え下手だというのに。




では、せっかくなので過去にもアップしたけど、にいなの幼少期の動画を ―――



2012年の誕生日記念にアップした動画。
職場で保護されて数日という頃。




同じく2012年の誕生日記念のアップ動画。
赤ん坊の頃は、まだアクティブに動いていたんだな、にいな。




同じく2012年のアップ動画。
このヨチヨチ歩きから、14年の歳月を経て石像みたいな姿に・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

無事に14歳を迎えたにいなにお祝いのクリックを



人気ブログランキング

アクセス等がガタ落ちする連休中も見てね。



【今日の一言】

平成30年間の半分近くを生き抜いたってことか、にいなよ。 令和も長生きしようぜ!




『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

 

| にいな | 15:54 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上流階級のリボン

日曜日の朝に、こんにちわ。

三連休の中日ですね。 エスパー伊東が芸能界引退という悲しいニュースが飛び込んできましたが、今夜の 『下町ロケット』 の最終回に神経を集中させます。 局長です。



――― さて、きっとアクセス等も激減するであろう連休中なので、他愛もないお話を。


20181223_にいなリボン1

我が家の動物たちの中では最年長で、アスファルトみたいな色をした、石像のようにピクリとも動かない、漬物石みたいなシルエットの猫・にいな



20181223_にいなリボン2

最近、このにいなに少しばかり変わった出来事があったのだが、賢明な読者のアナタであればさすがに把握できていただろうか。

いや、できていないワケがない。



20181209_真熊5

そう、実は首回りに赤いリボンを装着しているのだ。
品のある赤いリボンを。



20181223_にいなリボン3

別に俺がメルヘンチックな思いに浸り始めたというわけではない。
当然だがクリスマスを意識していることもない。



20181223_にいなリボン4

理由は至ってよくあること。
きっとアナタも動物を飼っていれば、明日にでも起こり得ることである。



20181223_にいなリボン5

先日、職場の忘年会があったのだが、なぜかそこで幹事の女子から、きれいにパッケージングされたお菓子が全員に配られた。



20181223_にいなリボン6

帰宅してからパッケージを開封したのだが、せっかくお菓子を飾ってくれていたそのリボンを無慈悲に捨てるのも気が引けたので、ちょうど足元にいた石像みたいな猫の首輪に付けてみたのだ。



20181223_にいなリボン7

オシャレをすると気分が高揚する心理は、どうやら猫にも通ずるものらしい。
この写真からも明らかなように、にいなのテンションは瞬間湯沸かし器の如く上昇している。



20181223_にいなリボン8

その後も、とくにリボンを嫌がる素振りも見せず、まるで蝶ネクタイをした紳士のように気品に満ちた振る舞いを見せつづけるにいな。

“上流階級の猫” そのものの姿だ。



20181223_にいなリボン9

まるで後ろにいる寿喜が、その辺にいる野良猫のような安っぽさに見えてしまうほど、猫のランクを一つ二つ上げてしまう赤いリボンの不思議な魅力。



20181223_にいなリボン10

以前、『サザエさん』 宅の “タマ” みたいに首輪に鈴を付けてみたら、狂ったように嫌がったのだが、どうやらリボンは気に入ってくれたらしい。

今度はもっとちゃんとしたリボンを買ってきてやろうじゃないか。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

上流階級の猫へのランクアップにクリックを。



人気ブログランキング

まるで “貴族猫と庶民猫の邂逅” みたいな姿。



【今日の一言】

今クールのドラマは面白い作品が多かったですね。 「中学聖日記」に「今日から俺は!!」など。
 


七度目のダニエル・ウェリントン

『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやっています。 割引クーポンもありますよ。



『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| にいな | 10:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピクリとも動かない石像猫 【動画あり】

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

昨日の侍JAPANのメジャーリーグ選抜戦はまさかの結末でしたね。 その前の台湾戦は散々だったのに、昨日は岡本以外はよく打てていて面白かったですね。 局長です。



――― さて、実になんてことはないお話。


20181110_石像猫1

今日はついさっきまで気持ちいくらいの秋晴れでぽかぽか陽気だった関東地方。
ずっと小雨が降りつづけた、ジメジメとした一日だった昨日とは、打って変わっての快晴。



20181110_石像猫2

我が家のリビングでも、窓際に漬物石みたいなヤツが「太陽光パネル」並みに日光を独り占めせんとする勢いで全身で浴びまくっていた。



20181110_石像猫3

後方には、さすがに暑くなったのか、少しだけ日陰に隠れ始めた三毛猫の姿が。
漬物石のほうは、俺がスマホでカシャカシャと音を立てていたことで目が覚めてしまったらしい。



20181110_石像猫4

「そっとしておいてくれ」と無言のまま目で訴えてくる漬物石。
お馴染み、一日中ほぼ動かない石像のような猫、にいな



20181110_石像猫5

目が覚めたついでに寝返り。

一日のうちで動く行為といったら、寝返りかトイレくらいかもしれない。
あとは、ごはん。



20181110_石像猫6

先ほどまでの “A面” につづき、今度は “B面” で太陽光を浴び始める。
“両A面” もしくは “リバーシブル” ということだろうか。



20181110_石像猫7

だからといって、光合成のように酸素を生成することもないので、我が家にとっては1ミリの役にも立たず、単に歩く邪魔にしかならない障害物扱い。



20181110_石像猫8

別の日の夜も、基本的にはこうして箱の中で動きを停止している。
体力を温存した末に、何が待っているのだろうか。



それでは、にいながどれほど動かないのかを動画で確認してみよう ―――



動画をすべて見てしまったアナタの人生の30秒間がきっちり無駄になってしまうくらい、まるで静止画を見せられているかのように動かないのである。



20181110_石像猫9

そういえば、小さい頃からあまり動かなかったな。
アクティブ性を母猫のお腹に忘れてきてしまったのだろうか。



20181110_石像猫10

あっ、動いた!






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ナマケモノくらい動かない石像猫にクリックを。



人気ブログランキング

いくら受光しても何ももたらさない無駄な行為。



【今日の一言】

メジャーリーグ選抜からしたら、東京ドームはあまりに狭くてビックリだったでしょうね。
 


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| にいな | 15:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワッフルと石像

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

珍しく天気予報が外れたのでしょうか。 今日も肌寒い一日になるはずだったのに、思いもよらない残暑ですね。 大慌てで洗濯してはベランダに干しまくっていました。 局長です。



――― さて、そんな気まぐれな天気に踊らされている我が家の様子を。


20180922_石像猫1

なぜかスーパーで売っているパックのスイーツ “ワッフル”(4個入り)をいただいてしまった俺。
あまり甘いものは食べないのだが、お腹を空かせているように見えてしまったのだろうか。



20180922_石像猫2

せっかくなので、ほろ苦い珈琲でも飲みながら食べようと思っていたのだが、先述のとおり、まさかのこの暑さなので、ちょっくらセブンイレブンまでひとっ走りしてアイスコーヒーを買ってきた。



20180922_石像猫3

2個まで食べたところで一旦ストップ。
甘党ではない俺にとって、このワッフル4個を一度に食べることは無理だった。



20180922_石像猫4

いや、そんなことより、サイドテーブルを出してきて、アイスコーヒーを片手にワッフル食べ始めてからというもの、なぜかこの石像みたいな猫が “ガン見” してきているのだ。



20180922_石像猫5

しかし、「食べたい!」という意思表示ではない。

焼き魚でも食べようものなら、「コイツこんなに動くのか」というほどアグレッシブに駆け寄ってきては、ニャーニャー言いながらおねだりしてくるのに、今回はこの石像ぶりなのだ。



20180922_石像猫6

後ろ姿にも哀愁を感じずにはいられない。
オッサンの背中だ。



20180922_石像猫7

一体、何がしたいのか。

俺が何を食べているのか気になるのか、それとも何かを食べている俺の姿に興味があるのか、まったくもってこの行動の目的が分からない。



20180922_石像猫8

ちなみに、女房は廊下で涼しい場所を探し出して熟睡していた。
俺にもワッフルにも一切興味がないらしい・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

何がしたいのか分からない石像猫にクリックを。



人気ブログランキング

甘えることも感情表現も下手な不器用さにも。



【今日の一言】

こういう寒暖の差が激しい時期って体を壊してしまいそうですよね。 気を付けましょう。
 


『熊猫犬日記』 公式SNS 「熊猫犬日記」instagram 「熊猫犬日記」facebook

| にいな | 15:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ